集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

よくある質問

【9月期】実際にあったお問合せについて

投稿日:

一部情報をあやふやにしていますが、最近あったお問合せをご紹介いたします。

集客には困っていませんが、新しい顧客の開拓方法を探しています。

集客に困っていないという前提が、このWebサイトの流入キーワードの割合で引っかかります。(心のどこかでは、実は矛盾しているのではないでしょうか?)

仮にその前提が正しいこととしまして、新しい顧客の開拓経路を探すことは、安定した集客に必要です。例えば、飲食店であれば、とある媒体でじゃんじゃん集客ができるようになったとしても、その情報を元にその媒体の運営元が他の飲食店に掛け合って、もっと予算をくれる飲食店と入れ替えるなんて話はよくあることです。

そのため、仮に今が集客に困っていない状態も、自分ではどうしようもできない外部の意志でぶっ壊されることはしばしばあります。そんな理由で、新しい顧客開拓の方法を探ることは正しいと思います。

ただし、これに関しては、事業内容や今後のビジョンと周辺の客層を考えた時の照らし合わせになりますので、漠然と質問されただけでは、「これがいいよー!」とドラえもんがのび太くんにひみつ道具を出すように提供することができません。詳しくすり合わせをしないと、わからないことの方が多いですね。

まあ、でも、新規顧客のことばかり目がいきがちな企業によくありがちなのですが、売上高を作る要素は、顧客と単価だけではないですよね?再購入頻度の向上施策の方はもちろんできているから、問い合わせを実施していますよね?この対策を実施していなければ、一人にかけることができる広告の額が小さくなりますので、広告の投資競争になった時に、間違いなく競り負けます。

目的の新しい顧客の開拓方法で、競合にことごとく負けるか、競合が参戦するまでのいつ吹き飛ぶかわからない開拓方法になりますので、ご注意ください。

口コミを増やす方法がありますか?悪い口コミはつけられたくありません。

悪い口コミを過剰に怖がっている人も多いようですが、一番の問題は、口コミが全然付いていない、もしくは管理されていないため、口コミの件数が少ないから悪い口コミが目立つ状態です。

まず、近所で一番人気のお店の口コミとか見たことがありますか?

悪い口コミが一件もありませんでしたか?

大抵の場合は、良い口コミの中に悪い口コミが混ざっています。中にはボロクソな意見もあります。ですが、そのお店は人気です、なぜでしょう?

それは、アンチの存在は理解した上で、前向きな施策の実行を実践しているからです。

人気店ほど、好き嫌いをはっきりさせる店舗作りを実施しますので、悪い口コミの数件程度は当たり前のように発生するものだと思っています。

悪い口コミがつくのを恐れつつって精神衛生上もよくありませんので、思いっきりがある程度は必要だということです。

なお、口コミ業者に依頼して、星4~5を増やすサービスを受けている人もいるようですが、これは、かえってアンチを活性化させることに繋がりますので、悪い意味で現状をぶっ潰したい人は是非ご活用ください。

補助金を利用できますか?そして、申請代行までお願いできますか?

小規模事業者持続化補助金などの補助金は申請可能です。

ただし、IT導入補助金などの場合は、申請先が登録制になっていますし、ふるさと納税のように業者間のサービス合戦になっているため、私はそれには参加していません。

申請代行に関しては、中小企業診断士や行政書士が実施していますので、そちらに依頼した方がいいと思います。特に、競争相手の多い補助金は、申請する地域や内容の充実さが採択に影響する場合があります。どうやれば採択されるかは、専門の先生に伺うのが一番でしょう。

余談ですが、IT導入補助金では、申請代行費用も無料で行なっているところがありますね。ただ、あれは、そのIT導入補助金で収益を得る側の企業が、申請に必要な費用を初期費用として徴収しているから実施可能になっているんですよ。そして、IT導入補助金のように予算を割いているにも関わらず、申請する企業が少ない補助金は採択率がほぼ100%だからできることなんですよね。

集客コンサルタントって山ほどいます。

おそらく山ほどはいないと思っていますが、コンサルタントが多いのは事実としてあると思います。

「集客コンサルタント胡散臭い」とは私も思っているわけですが、これには理由が複数あると思います。

一つは、集客コンサルタントが楽だと思って模倣している人が多いこと。実際は、マーケティングツールを複数使いこなす必要がありますので、アメブロが使える、WordPressが使えるだけでは成果が出せないのに、宣言してしまう人が多いということです。まあ、参入障壁は、障子一枚みたいなものですので、仕方がないことです。

そして、大きいと感じるのは、国の施策で、低コストもしくは無料でコンサルティングを受ける環境にしてしまっていることだと思っています。

集客コンサルがこんなことを言うのもあれですが、集客って自分のことじゃないですか?

いやー、いるんですよ。集客コンサルが自分のビジネスを保証してくれる、自分がやるはずだった作業を代行してくれるとまで思っている人が。

もう、毎日が意味のないことで忙殺されている状態で、「忙しい」「できない」これが口癖です。

本来、そこまで業務に集中していれば、サービスが立派になり、口コミが増加して話題のお店にでもなっているはずですよね。
しかし、集客が必要と周囲が言うように、特に新規顧客の獲得が全然やっていないか、こう言うのもあれなんですが、爺さん婆さん向けになってしまっています。なので、自然的に発生する集客も限定的な状態になってしまっていることが多いです。

話を戻しますが、問題をそのままにして、毎日が忙しいから新しいことができないと切り捨ててしまう人が、ちゃんとコーチングしたところで施策を実施すると思いますか?しないでしょう。

リスクを全く冒していないにも関わらず、実施もしない。そして、残っている事実は、集客コンサルタントからアドバイスを受けたことですと言われれば、集客コンサルタントを受けてもなんの成果も得られなかったと言うことにもなるでしょう。

成功率を気にして伺う人がいますが、成功率なんてあってないようなものです。一つ一つ問題を抽出して解決すれば、成功します。誰もが納得する改善を提案しても、「できない」と言われてしまえば、その問題はそのままです。

他との違いは、最近実際にコンサルを受けたクライアント様ならおわかりですが、私自体もコンサルティングができるのですが、アライアンスを組んでいるパートナーコンサルタントの質も高いです。専門も全員違っているため、要望に応じて、幅広く、深くコンサルティングが実施できるのが特徴ですね。

Amazonの口コミを増やす方法はありますか?

Amazonの口コミが逆につかない理由を考えて落とし込むのがいいと思います。

全然口コミがつかない商品は、そもそもAmazon以外の部分でセールスが全然足りていなかったり、マニアックすぎて認知されていないため、売れないから口コミがつかないと言うことになります。

みなさん勘違いをされているようですが、口コミって、商品を購入して、良かった悪かったを体験したからつくものであり、売るために口コミをつけるものではありません。前後関係が全く逆です。

そのため、目を向けるべき方向性としては、実際に商品を購入した人であり、その人たちが感想を言いやすい状態を作ることが、口コミを増やす方法になりますよね。

新規顧客が開拓できない。なぜですか?

一応、Webを使っているとのことですので、検索をかけて実施している施策を洗い出しました。

その結果、かけている広告に問題があるのではないかと思われます。

一部の広告では、確かに広告内検索をかけることで、1ページ目に上位表示されるものがありましたが、キーワードがマニアックすぎることとこの広告自体の送客数が業界全体として減っている傾向にあるため、おそらくPV数は高くはないのではないでしょか?

この広告以外は、3ページ以下に表示されていますので、問題外です。

結局、新規顧客と言うのは、全く接点はなかったけれど情報が入っていて、そこに興味があり、行動をした人のことです。店名で検索する人は、なんらかの接点を持っている人なので、それ以外のワードで検索されたり、情報が表示されたりしなければ新規の獲得には繋がりません。

現在の広告を見直し、特定の媒体に集中させて広告費用を増額するのがまず必要だと思われます。

また、広告費用の増額が厳しいのであれば、リピーター対策を実施することが優先です。販促費用に関しては、リピーター経営を実施することで増額を実施することができるようになります。もし、この仕組みがないのであれば、そこを直ちに着手したいところではあります。

地方なんですが、集客代行、コンサルティングをお願いできますか?

集客代行の実施は、店舗の方の場合は、法人のみにさせていただき、実体のあることを証明していただきます。

契約書を締結しているにも関わらず、支払いトラブルになっている個人事業主が過去にいました。大した金額ではないのに、実際に確認した話を何度もさせられるのはこちらとしても翻意ではありませんので、個人事業主はお断りさせていただくことにしました。

なお、コンサルティングは実施します。

サポートの方法としては、どうしても毎回行くとなると、コストもかかりますので、遠隔地会議を複数回実施すると言う形になりますし、チャットでの情報の共有になると思います。そのため、文字のやりとりが多くなりますので、電話じゃないとできないという方の場合は、トラブル防止のためにお断りさせていただく場合があります。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-よくある質問

店舗対応、強い集客媒体

最強の集客・売上アップの対策の会員制講座がいよいよ登場

今なら月額発生なし。月計算1,600円程度
GET IT NOW!
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.