080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

気になるニュース

ローソンが飲料、調味料、洗剤などに地域別価格を導入へ

投稿日:

ローソン

 ローソンは飲料や洗剤など約90品目について、地域別価格を導入する。店舗周辺にあるスーパーやドラッグストアの価格と対抗できる価格を、地域ごとに設定する。価格に敏感な主婦層の購買に結びつける。6月末までに全店舗数の75%に当たる9000店で導入する。(Yahoo!ニュースより)

地域別価格に関しては、マクドナルドも過去に行っていた制度です。

飲料、調味料、洗剤などの90品目をキーバリューアイテムとして定めているとのこと。キーバリューアイテムというのは、価格が重視される商品のことです。隣町まで主婦が自転車で購入しに行く商品がこれらに該当しますね。

家計調査(二人以上の世帯) 品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市(※)ランキングによると、茶飲料の世帯での購入金額は全国平均6,059円。トップの水戸市平均8,415円と松江市平均3,358円とでは、平均5,057円の差があります。コーヒー飲料の場合、富山市が5,616円に対して、長崎市が2,833円になります。

茶飲料とコーヒー飲料の定価には大差ないことから、これだけ地域によって購入商品の趣向が異なっているということになります。

スーパーはともかくドラッグストアと競争できるのか?

地域密着の安売りをメインにしているスーパーやドラッグストアの場合、缶コーヒー、ミニサイズのペットボトル、シャンプーや洗剤の価格が非常に安いため、果たして競争になるのかが疑問に残ります。

もっとも、ドラッグストアを打ち負かすのではなく、集客数を従来より増やし店舗ごとの日販を増やすことが目的であると思われます。

うちの嫁が一番好きなコンビニのローソン。従来の商品の品目が1割増えるそうで、今後の変化を楽しみにしたいところですね。

 

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-気になるニュース

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.