集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略

商品や仕事に愛があれば、ブログメディアのネタは正直悩まない。

投稿日:

「ブログって、何を書けばいいんだろう?」という質問が1、2を争うほど多い質問です。

このブログメディアのコンテンツのテーマは売上アップですので、自己成長の為ではなく、商品やサービスを認知してもらい、興味を持ってもらうことに絞って論じます。

なぜ、悩んでしまうのか?

要因は人それぞれだと思いますが、大雑把に考えれば2つに絞られると思います。

1. 「ブログ用のネタを作らなければならない。」と思っているから。
2.文章で説明する習慣がないので、思ったように書けないから。

「そうなんだよね!」と思って頂けるのではないでしょうか?実際にヒアリングしてみると、この理由が共通して口から出てくる場合が多いんです。

ブログ用のネタは作る必要はない。

目的は「商品やサービスを認知してもらい、興味を持ってもらうこと」です。

そもそもなお話をしますが、みなさんはご自身が売り込もうとしている商品やサービスをなぜ選択なさったのですか?由緒ただしき2代目、3代目の場合、「家の商売だから、仕方なく・・・」となってしまいがちなのですが、商売をやって、世の中に貢献しようと思わなければ、その商売を続けていくことは難しいですよね?

まず、ご自身の商品やサービスに絶対的な自信を持ち、世の中の為になっているという自覚がなければ、その商品をすすめることはできませんよね。これはブログも一緒です。商品やサービスに絶対的な自信もなく特に思い入れもない人が担当しても、無難なことしか書けないのです。結果的に、無駄に売り込みが続くブログになり、「商売ブログ乙w」と言われ、誰にも見られずに終わってしまいます。

その商売に自信がある人が担当すれば、その商品やサービスの良さを十分に理解しています。

「何でその商売を始めたのか?」
「何でその商品を開発したのか?」
「その商品の良さ・欠点」
「その商品を使うとどんないいことがあるのか?」

これらが全部そのままネタになります。ですので、わざわざ考え込んでブログ用にネタを作る必要もないと思いますし、知っていることを熱心に書けばいいと思います。研究熱心な方ならば、新規の知識は常につけていると思いますので、ネタのボキャブラリーも常に増えていますし、重要なポイント(強み、実績、商品価値)はネタとしての使い回しが効きます。ですので、ネタ切れすることはまずないでしょう。

文章は本を読んでポイントをつかむ。

文章を書く上で参考になる本があります。

タイトルや記事の書き方については以上の本に全部載っています。400ページ以上の厚い本ですが、辞書だと思って購入することをおすすめします。

コツをつかめば、後は数をこなして慣れるのみ。この部分はめんどくさがられることですが、ラクなんてできませんから。地道に積み重ねるからこそ、後から芽が出るものだと思っていてくださいね。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.