集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

マーケティング

夜店の焼きそば一平ちゃんやガリガリくんはきわどい味に挑戦し続けるのか?

投稿日:

赤城乳業のガリガリくんシリーズにも共通したことが言えるのですが、「それって美味しいの?」と思われる商品のリリースが増えてきました。その度にツイッターなどで情報がシェアされ、話題になっています。

それでは、なぜ、最近、きわどい味に挑戦するようになったのでしょうか?

グーグルトレンドで解析する。

グーグルトレンドとは、そのキーワードの注目のされ具合を定量化してくれる便利サービスです。グーグルトレンドと一平ちゃんの新商品リリース日を照らし合わせます。

スクリーンショット 2017-01-14 11.03.29

上記のグラフは、ワード「一平ちゃん」のものです。こうしてみると、正統派の味が発売された場合の振れ幅は非常に小さいですが、タイ風グリーンカレー味、蒲焼のたれ味、チョコキューブ味、ショートケーキ味など未体験な味が販売される2〜3日前の振れ幅が非常に大きくなっていることがわかります。

これは、ツイッターを主軸にしたSNSで話題になり、さまざまなウェブメディアにも取り上げられたことが理由として考えられます。

きわどい味で話題になるメリットは?

普通の考え方の場合、きわどい味で評判になっても嬉しいことはありません。避けて通ります。

しかし、これらを行うことで以下のメリットが得られると考えられます。

ウェブメディアに名前が残る。

例えば、一平ちゃんのショートケーキ味。

レビュー記事が多数アップされています。

子供に人気のYoutuber、Hikakinやマックスむらいもレビューしています。

良いレビューがされていませんが、一平ちゃんという名前を各メディアでシェアさせることには成功しています。そもそも一平ちゃんは普通のカップ焼きそばであることが誰でも知っている事実であり、今更遊んでみたところで、「ショートケーキ味がまずかったから普通のソース焼きそばもまずい!」とはなりません。

王道3商品の売上アップ

実際には、どのようになっているのかはわかりませんが、一平ちゃんショートケーキ味で、「一平ちゃん」というキーワードを多く見かける機会が増えたことは事実です。

「ショートケーキ味は食べたくないけれど、そういや一平ちゃん長い間食べてない。そろそろ(普通のソース焼きそばの)一平ちゃんを食べてみようか?」

と思う人も多かったはずです。ショートケーキ味が、ソース、塩だれ、辛子明太子の広告として役割を果たしているという考え方です。

一平ちゃんとペヤングのチョコレート味を嫁が比較してみた。

最近、一平ちゃんのチョコキューブ味(昨年も発売)とペヤングも「チョコ焼きそばギリ」を発売しています。

どちらもバレンタインデーに合わせた限定商品で、コンビニにはペヤングを置いていますが、両方揃えるためには、スーパーでないとダメな状況です。

ちなみに、どちらも嫁が食べました。

気になる味は、、、、、

 

 

両方とも美味しいものではありませんが、一平ちゃんはしょっぱい風味が出る工夫がされていましたが、ペヤングのチョコ焼きそばはそのままチョコレートの味だったそうです。一平ちゃんは全部食べれましたが、ペヤングは一口で終了したそうです。

 

やっぱり、美味しく食べるなら、両方ソースだということですね。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.