Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

悪質なレベルでの記事盗用がひどすぎるので、全記事右クリックを禁止しました。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

集客

居酒屋の平日の集客対策とは?

投稿日:

居酒屋の経営者が集客で頭を抱えてしまうのは、雨の日などの天候の悪い日と平日の集客です。

雨の日の集客の対策案は、以下の参考記事に掲載されていますので、平日の集客対策についてをここでは取り上げたいと思います。

参考:飲食店が雨の日に集客するためにはどのようにすれば良いのか?

なぜ、平日の客足が少ないのか?

特に居酒屋などの場合は、週末が忙しくなり、平日の客足で悩む傾向にあります。当然と言えば当然のわけで、これは次の日が休日であるためアルコールを飲んでも大丈夫だからです。そして、集まりやすいからでもあります。

しかし、平日の場合は、次の日が仕事であるため、アルコールを大量摂取するような遅くまでの宴会は敬遠されます。

では、平日に顧客は全くいないのかと言われれば、そういうわけではなく、平日でも飲んでいる人はいますので、要はきっかけ作りを行えば良いことになります。

平日の集客対策とは?

平日の集客対策には大きく分けて2つあり、一つはきっかけ作り。

もう一つは、飲み放題や宴会などの予約にこだわるのではなくニーズがあるものに対応するということがあります。例えば、翌日までアルコールが残るような宴会をしたい人だけではなく、簡単なお食事会の需要にも対応することで、集客を増加させることが望めます。

1.メルマガやLINE@などの登録型のツールを活用する。

迅速なコミュニケーション手段を構築することは、小さなイベントを開催しやすい環境を作ることができます。迅速なコミュニケーション手段の構築がなければ、告知に広告が必要になり、準備に時間とコストがかかりますので、小さなイベントの開催が難しくなります。

上述していますが、居酒屋の平日の集客は、平日にスポットで来店を呼べるようなきっかけ作りが必要になります。そのため、平日限定の小さなイベントの開催が重要になり、その開催が容易になるような環境作りが必要になります。

メルマガやLINE@は、登録者に対して、即時情報の伝達が可能にします。

ただし、これらを活用するにあたっては、登録者を増やすことが鍵になります。短期間で成果を出すためには、90日以内に一定の登録者数を稼ぐことに専念します。効果的なものは、当日利用が可能なクーポン(券)や射幸心を煽るくじ引き券などです。くじ引きの仕組みを最初から組み込まれているシステムもありますが、Amazonで1000枚1,000円以下でくじ券が売っていますので、リアルなくじ引きの権利クーポンでも効果が期待できます。

参考:迅速なコミュニケーション手段とは?

2.平日の限定サービスを増やす

平日の来店を誘発したいので、週末よりも平日の方に限定感を作ります。

平日と週末では、居酒屋を活用する人数や用途も異なります。平日でも活用しやすい用途別プランや少人数プランを導入することで、平日の居酒屋へのニーズを汲み取り、集客を増加させる手段に使います。

3.平日に新メニューのテストを行う

平日の限定サービスを増やすの中にも含まれる内容ではありますが、新メニューの候補を限定メニューとして、平日で試験を行う手があります。これを行うことで限定感を作ることもできますし、テストも行うことができます。

4.飲まない人の対策も行う

最近は、飲めない人もいますし、飲まない人もいます。

私たち30代までは駆けつけはビールと決まっている傾向がありましたが、それ以下の人々の場合は、カクテルなど甘い酒を好む傾向があることが話題になっていたことが記憶に新しいところです。それだけ多様化していますし、その需要にあわせて飲み物まで多様化しています。

飲めない人や飲まない人がいると、食事は必然的に食べることがメインのお店を選択します。

「ただ、ジュースがあります。ただ、ノンアルコールがあります。」だけではなく、飲まなくても食事が楽しめる、美味しく食事が楽しめるメニューを充実化させ、宣言するだけでも反響は異なってきます。(通常、居酒屋には飲む人のペースをあげるための味の濃いメニューしかないイメージがあるため。)

 

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.