080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

集客

店舗はスマホアプリを導入すべきですか?

投稿日:

店舗向けのオリジナルのスマホアプリを作成できるサービスがありますが、これに関しては、導入を慎重にした方が良いと考えています。

スマホアプリのリスク

オリジナルのアプリを使って、コミュニケーションをすることは非常にかっこよいことですが、逆の立場を考えてみましょう。

自分がそのお店のアプリをダウンロードする立場になったのならば?

ダウンロード

この携帯の画面にアイコンが一つ増えるわけです。ダウンロードするのも手間ですが、アイコンが無駄に増えるのも嫌なものです。

それでもって、アプリには最大の欠点があります。

そう2年に1回の機種変の時の引き継ぎです。この時に、ほとんどの人はアプリを精査し、引き継ぐアプリと引き継がないアプリを精査します。

あまり利用していないアプリであれば、もちろん引き継がない選択を行います。

また、正規の引き継ぎ方法を知っている人であればよいのですが、ほとんどの人はよくわかりません。そのため、ソフトバンクの場合は、スマホアドバイザーが各店舗に存在しており、そこで引き継ぎのアドバイスを行なっておりますが、必要性の感じないアプリの引き継ぎ方法まで手が回っているとは思えません。

つまり、下手をすれば、携帯のメールアドレスよりも寿命が短いため、アプリの導入メリットはそこまで高くないと思われます。

今のところは、削除されづらいLINEを活用する方が良い。

もちろん、i-Beaconが使えるなどのメリットがありますが、この手のサービスの活用は非常に難しいです。

これを導入するコストがあるならば、LINE@でいいと思います。コストも安いものでも倍くらいの差がありますから。

また、私ならば、このくらいのコストを販売促進にかけることができるのであれば、LINE@及びタブレットPOS、そして顧客管理システムの導入をオススメしますね。

どうも、今の段階では、スマホのオリジナルアプリは贅沢品だとしか言いようがありません。

集客を増やす方法はこれしかない!

まず、集客を増やすためには、顧客がいるところ、顧客の都合を考えましょう。自分の環境に合わせてくれる人は、よほどロイヤリティーが高い人です。

再来店対策は、そういった人とのみ迅速なコミュニケーション手段を構築するのではなく、一回来店の人を複数回来店客に育てるためにも活用できることが望ましいです。ですので、登録のハードルは低ければ低いほど有効です。

面倒な登録作業工程が増えれば増えるほど、接客コストも高くなりますからね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.