Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

悪質なレベルでの記事盗用がひどすぎるので、全記事右クリックを禁止しました。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

気になるニュース

胡散臭いコンサルタントが増加した理由

更新日:

サクセスパートナーの小形です。

アドワーズによるキャンペーンを開始し、さまざまな店舗のオーナーからお問い合わせをいただきました。

そこで、共通して出てきた言葉が、「コンサルタントの人って多いですよね。」というお話です。

コンサルが逃げた!連絡がつかなくなった。

こういったお話が多いようです。

実は、私も1回だけ逃げたことがあります。
それも、かなり昔の話です。

毎週のことのように往訪を行い、対策を行いました。
しかし、それに対する月謝が1万円しかもらえなかった時はかなり堪えました。

実質、片道交通費600円を毎週ですので、4,800円。
税込月謝5,200円ですか。

当時のことを考えてみれば、商売を知らなかったなと思います。

終わったことですので、全てを語りませんが、
この時の周囲の人間が散々でした。

もちろん、ここでの逃げたとは別次元のお話です。

本来の意味のコンサルタントとは?

コンサルタントとは、非常に抽象的なお仕事です。

consultとは、意見を聞く、助言を求める、かかる、診療してもらう、調べるなどの意味です。このことから、助言を求められる人、意見を聞かれる人、診療する人、調べる人などの意味があります。

わかりづらい!

もっと、経営よりの解釈をすれば、企業には解決できない問題があります。
その問題の解決、もしくは現状よりも良い状況にする改善を行うための手段を持っていて、そこに導ける人がコンサルタントです。

コンサルタントは企業や個人事業主の牽引役です。ものすごく重要なポジションであることは間違いありません。

私が新卒だった年度の頃は、このコンサルタントという職業が人気でしたが、
次第に激務であり、責任も重いということから人気はなくなっていきました。

しかし、コンサルタント人気が、また息を吹き返しました。なんででしょうか?
そして、言うだけ言って何もできないコンサルタントも多いのはなぜでしょうか?

そこにはセミナービジネスが関係している。

コンサルタントも非効率なお仕事です。
なぜなら、まともに個別に改善をやっていれば、時間がいくらあっても足りません。

そのため、最終的にコンサルタントが儲ける手段として、セミナービジネス、いわゆる経営塾が理想的な形になります。本当に顧客に役立つノウハウとそのやり方を覚えることができるサービスとして成立していれば、否定しません。

問題は、経営塾が悪いのではありません。

例えば、「ノウハウや実績がなくても月収100万円」「明日からでも誰でも儲けることができる!」といううたい文句の経営塾の場合はどうでしょうか?
ノウハウがない、専門的知識のない、そして儲けることに興味のある人が集まります。
もし、その儲ける方法が、コンサルタント起業法であれば、どのような結果になるでしょうか?

話を聞く限り、これらの塾は、営業方法を教えるものであり、コンサルタントの技術を教えるものではありません。
営業ができるけれど、何もできないコンサルタントが量産されていることになります。

そのため、営業電話に根拠のないサービス代行が増加していると思いますが、少なからずこれも影響していると考えられます。

コンサルタントの実情

思い返してみれば、私の分野「集客」では、さまざまなことがありました。

例えば、少し前まで乱発していたのは、士業塾と治療院向けの塾です。

士業塾とは、主に税理士、社労士、行政書士を中心に顧客獲得を教える塾です。商圏がダブっている先生方々を複数人相手にして同じ手法を教えるわけですから、先生のためというよりは儲けるための塾ですね。ビジネスとしては成立しますが、やはり焼畑型のビジネスモデルですので、最近は聞かなくなりました。

次に、治療院向けの塾です。治療院も町を歩けばたくさんあります。当然集客に困っています。治療院向けに集客の方法のハウツーを教えるのが治療院向けの塾になります。これも最近は聞かなくなりました。

基本的にこの手の塾は、業界を渡り歩いている印象があります。
基本的な考え方は、お金を出す可能性がある業種は市場です。

そして、今は、コンサル、コーチ、セラピスト向けの塾が主流になっています。
「実績がなくても大丈夫!」なんて売り文句は、フェイスブック広告で見飽きました。

そして、これらの人がターゲットになる理由は、士業のように資格による障壁がないからです。
そのため、誰でもなれるため、習い事に予算をさける主婦もターゲットにすることができます。
また、他のビジネスに比べれば固定費が少ないため、予算を比較的作りやすい業種だということもあります。

なんだか、この業界もマルチ商法のセミナーのような感じになってきました。
「儲かるのがえらい!」「先月はいくら儲けた!」「君らもこのセミナーで儲けよう!」
実際、マルチ商法のセミナーに参加すると(※)、コンサルタントという名の報告者が何人も登壇し、異様な空気を作ります。

※私はマルチ商法はやってませんよ。この時、「相談がある」と呼び出された場所がそこだったというだけの話です。

まとめ

コンサルタントの数が増加し、淘汰どころかそれ以上の速度で増加してしまっている感じです。
なんども言いますが、本来のコンサルタントとは、企業や個人事業主の牽引役です。

責任は重いですし、想定外の出来事も多々あります。

少なからず、専門分野と関連したアライアンス先を持っているコンサルタントを選ぶことをおすすめします。

ただし、これも最近多い?というよりは昔からなのですが、コンサルに過失がない場合もあります。例えば、文章に書いていて、説明をしているにも関わらず、聞いていない、脳内リセットをしているクライアントも中にはいます。

提出物を期限通り出さない、待ってと言われて1週間待った結果、小学生の作文レベルの短文もしくは質問に全く答えていない回答が帰ってくる、コンサルを頼んでいるはずなのに、自分の好き嫌いで平気で一度同意した計画書を反故にするなど。

これらは、コンサル側には全く過失がありません。お金を支払っているからこの態度をとってもいいと思っている人も中にはいますが、飲食店だった場合、騒ぐ迷惑な客と同じ行動をとっていることに気がついていないのと同じです。

おそらくこのような行動は、コンサルに限ったことではなく、全ての外注業者にも行っていると想定されます。ノルマがあるからこそ通用するものであって、大抵は、影で悪口言われているパターンですからね。

3人に1人くらいいらっしゃるのですが、最初の面会で、完全に上から、セッティング外のことや重箱のすみをつつく採用の時の面接官のような対応をする人がいます。

話を聞くと、過去にお願いしたコンサルタントに電話しても出てくれないのだそうです。そりゃそうですよね。社畜を募集する採用面接ならまだしも、一緒に頑張っていく人間にそのような態度をとっていれば、印象は最悪です。これは、はっきりお断りしないコンサル側にも問題がありますが、クライアントとしては最悪です。こだわりが強い人に特に見られます。そして、お店ならばほぼほぼ短期閉店しています。

コンサルが胡散臭いのも注意ですが、発注側も約束を守らない小学生以下の行動をとっていれば、そりゃお断りされても当然だとは思います。

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-気になるニュース

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.