集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00(今月は、17日、18日以外は営業)

未分類

10代はGoogleよりもツイッターかインスタ?今後侮れないSNSのシェア

投稿日:

-shared-img-thumb-IRIS16011456-2_TP_V

最近、タレントのGENKINGが、「Googleは10代は使わない。SEOされているから。」と発言したことがネットニュースとして拡散されていたのを見て、「なるほどなー」と思うところが多々ありました。彼のファッションセンスは、おじさんの私には理解できませんが、彼のインターネットに関する意見には納得する部分が多いですね。

Googleは使わない、SEO対策しているから——Instagram有名人のGENKINGが語った10代の「リアル」

意見は賛否両論。「Googleを知らない。」「自分がInstagramで成功しているから。」

とはいえ、日本の検索事情としましては、2016年2月現在では、Googleは63.24%のシェアを誇っており、Google自体が廃れているというわけではありません。StatCounterより

私がこの記事を見たのは、Techcrunchのフェイスブックページのシェアで、このシェアには批判的なコメントが並んでいましたね。おそらくは、YouTubeの成功者であるHIKAKINに対する拒否感と似た感覚を抱いたのだと思います。

うちの嫁は30代ですが、検索はあまりしていない。

検索の意味は、欲しい情報を手にいれるということにあります。Googleのシステムでそれが叶わなければ、他の仕組みを活用するというのはごく自然のことです。

事実、うちの嫁はツイッターばかりで、欲しい情報は以下のアカウントから手に入れている様子です。

  • よく行くお店の公式アカウント
  • 地域密着型のウェブマガジンの公式アカウント
  • 噂を検証するメディアのアカウントの公式アカウント

欲しい情報のほとんどがツイッターで揃ってしまっているようで、検索する機会そのものが劇的に減っている模様です。

「Googleで検索すると文字が出てくるし、(検索結果は)SEO対策されている。あとはスポンサー(広告)とかが上がってきて…ネットってリアルじゃない。Instagramは検索することで言葉より画像が表示される」

このリアルじゃないというのは、おそらく嘘という意味ではなく、現実にそぐわないという意味で使ったんだと思うんですよね。前後の文章が端折られているので、判断がつかないところですが。

Instagramで検索された情報が宣伝的な意味合いがないかは別として、ある種の口コミや現在の様子を見る手段として、SNSが使われているのは事実でしょう。

みんなのクラウド教室が、100人の若者に利用している検索手段を聞いた結果、12%がYahoo!JAPAN、33%がGoogle、31%がTwitter、24%がInstagramと答えた模様。

技術はかわり、彼らは10年後20代になる。

10年前というと、でかいパソコンをADSNの有線接続でMMOゲームをやっていた頃です。

その当時では考えられない技術の進展です。野外で高速通信を行い、パソコンも軽量化し、スマホやタブレットが生まれています。会社員だった頃には、「簡単なホームページ作成はパワポのような操作で作成できるはずがない。」とその時の上司に言われてましたが、いまはそういった技術もありますよね。

その時のニーズにしたがい、技術によって生活が一変します。10年後、何を利用しているのかもわかりません。

また、月日が経てば、いまの10代が社会人になります。彼らが結婚や家を購入するかもしれない年代になるのです。いま現在は、飲食、アパレル、エンターテイメント関連の企業が相手にしている10代をブライダル、建築関連の企業も相手にしなければならないということになるんですよね。

飲食店やアパレルはバンバン写真撮影OKにしよう。

最近目立つようになりましたが、テーブルに「写真撮影OK!どんどんTwitterやFacebookでシェアしよう」と書かれている店内POPが増えました。こんなPOPなくても、勝手にシェアするのが最近の人たちですが、撮影許可を出すことで、シェアのし忘れを防げると思います。

Googleさんも当然黙っちゃいないでしょう。

とはいえ、当時から私が使っていた検索の手段は、いまと変わらずGoogle。Googleもニーズを吸収することですし、いまとは全く違う検索結果および検索手段のGoogle先生が受け入れられるかも?

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-未分類

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.