080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

WEB戦略

企業は無理にFacebookページを作らない方が吉

投稿日:

特にはてブお願いします。

そもそも私は、Facebookを一点押ししている人間ではないので、「みなさん、これからの時代はFacebookですよ!!」というつもりはありません。Facebookを使ったからといって繁盛するという類いのツールではなく、そこに時間をかける位でしたら、優先して時間をかけるべきところがもっと他にあると断言して言えるからです。

とは言え、グーグルアナリティクスを見ていると相変わらずFacebookネタが検索されている点、更には私自身もFacebookから利益が出ていないのか?と言われれば、「はい」と言えば、それは大嘘になりますからね。

ということで、どうしてもFacebookを利用したい人の為に、Facebookネタを1つ提供したいと思います。

>>メールでも情報を提供しております。登録はこちらから<<

 

Facebookページは作らない方が吉

 

「Facebookページは無料で作れるホームページです!検索エンジンにも反映されますので、作ればじゃんじゃんお客様が集まってきます。」

という営業を受けた会社さんも少なくないと思います。ここで取り上げたということは、「ハイ、大嘘ですからね〜♪」

Facebookページは、ファンと言えば聞こえは最高なのですが、登録者とコミュニケーションをとる為のツールです。
世間一般的のイメージで作って放置すればとりあえず効果があるホームページとは、道具の構造そのものが違っていますので、同じようにすれば集客がうまくいくものではありません。

継続して使っていくということが大事なFacebookページ。

企業の名前を使って顧客と対話するわけですから、ネームバリューもない中小企業で担当に任命された人は本当にかわいそうです。

会社の名前を使って一人の社員が施策として実行するわけですから、責任は重大です。

下手な言葉遣いはなかなか使いづらいですし、時間をかける割には成果が出づらく(※これには理由あり。)、プレッシャーのみが肩にかかってきます。

「顧客と対話って・・・」「何を投稿すればいいの・・・」「そもそもfacebook自体の使い方がよく分からない(爆)」

こんな悩みがありがちだと思いません?

もし、この悩みを強く抱えてらっしゃるのでしたら、そもそも施策としてはNGなわけです。

こんなプレッシャーがかかり訳が分かっていない環境で、継続して対話なんて出来ると思いますか?

きっと、訳が分からなくなって、最終的に売り込みに走って、「効果が出ない。」ということで放置して終わりになっちゃうわけです。

 

Facebookは個人to個人の使い方が一番ハマっている。

 

例えば、Facebookページの勧誘があったとして、美枝子さんというおばちゃんがキムチを作っていて、そのPRのものだったりします。

私が、美枝子さんのことを良く知っているのでしたら、「美枝子さん、キムチなんて作っているんだ!」と思って、とりあえず興味をもつでしょう。

しかし、私が美枝子さんのことを知らなかったらどうですか?きっと、「売り込み目的の類いのFacebookページのお誘いがまたキタ!」と間違いなく思うでしょうね。

つまり、最低でも企業を形成している人を知っていると企業体や商品に興味をもちやすいのですが、最初から企業体や商品に興味をもつことは、特にFacebookというコミュニケーションを第一目的にして参加しているコミュニティーの中では難しいんじゃないかな〜?と感じています。

ならば、企業体としてのFacebookページでコミュニケーションを図るよりも、個人の付き合いでコミュニケーションを図った方が、だいぶ運営にかかるハードルは低いですし、個人の話題ですので、共感も呼びやすいわけです。

akb48というグループは、そのグループ自体が好きだ!という人よりも「マリコさまがいい」とか「あっちゃんがいい」とか、グループの中の一個人を好きだ!という人が圧倒的に多いんです。結果的に、個人のファンの集合がグループのファンとなり、ものすごいパワーを発揮しているわけです。勿論、それだけじゃないですけれどもね。

下手にFacebookページに手を染めるよりも、どうせ放置しちゃうわけですから、個人ページを集中的に行って、知り合い(ここでは、既存のお客様を指します)と超仲良くなった方が、絶対に高い成果が出ますよ!と言っておきます。

 

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-,

集客コンサルはこちら詳細を確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.