集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

売上アップ

景気が悪いからって、集客の手数を減らしてはいませんか?

投稿日:

みなさんは、THE-MANZAI見ました?

M−1に比べると、よりたくさんのコンピのネタを見ることが出来たので、お笑い自体がほとんどない東北ではお得な大会だな〜と思いましたが、4時間近く放送されていましたので、最後の方は疲れてみていました。

さてさて、その中で優勝したのは、パンクブーブーというコンピでした。

彼らは思えば、M−1時代の時に優勝を経験しており、優勝した年度以外でも、ファイナルの常連でした。

テレビでは、コメントがつまらない、キャラクターが中途半端だということでパッとしないのが、機会損失この上ないのがヒジョーーに残念な感じになっていますが・・・・・(苦笑)

ですが、漫才の実力は本物なわけです。

パンクブーブーのネタに限らず、ファイナルまで進んだグループには共通項がありました。

(さあ、何でしょう?)

↓↓↓

↓↓↓

↓↓↓

それは、ボケの数です。

パンクブーブーといい勝負をしたナイツにも言えたことなのですが、すごい勢いでボケてましたね。

1つ1つが小ぶりな笑いしか誘えないボケだとしても、連続して聞かされれば、面白い+面白い+面白い+面白い=全体的に面白かったな!と思わせる評価につながったんだと思います。

どのコンピにコメントをしたのか忘れちゃいましたけれども、世界のビートたけし(さん)が、「やっぱり、手数なんじゃないか?」と言った時には、思わず共感してしまいました。

連続してボケることは、滑った時のリスクを逓減させる効果もあります。

狙ってボケたコンピは、客席側にポカーンとさせる余韻を与えてしまっています。その為、1つのボケが滑った時に、その時の客席側の雰囲気はポカーンとしている為に極端に滑ってしまっています。

客席側の雰囲気を盛り下げないということも大事なんですね。手数を増やすことには、その状態を回避する効果もあります。

 

手数減らしてませんか?

「忙しい。」「景気が悪い。」

という理由で、安易に広告費を削減したり、メルマガを出す回数を減らしたりするところがあります。

これは、漫才の例で言えば、ボケの回数を減らしていることと同じことです。

極端な話をすれば、1回もボケていない漫才を展開する会社さんもある訳ですよね?どうやって、客席を盛り上げるのでしょうか?

それでは、売れないのも当然と言えば、当然の話です。

驚いたことに、自分の商品は他のところの商品よりもいいものだと決めつけているところは、これを何度も説明しても理解しようとしないのです。

そういったところは、商品やサービスのブラッシュアップだ!完璧にすれば絶対にお客様が来てくれる!と信じ込み、実は、どうでもいいところに時間を裂いていたりするのです。

そもそも、その商品がいいものだと決めるのは、購買側であり、販売側が決めることではありません。

忘れちゃいけませんよ。うちの商品は悪いものだと思って販売する人は、詐欺だと言われ、お縄につくのです。

つまり、みなさんの敵は、みんな自分の商品が最高だと思って提供しているわけです。

そういったところと競争して、結局勝つのは、マーケティングを真剣に行っているところなんですけれどもね。

 

↓↓↓やる気スイッチー!押してね

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-売上アップ
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.