集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略 売上アップ

マーケティングの施策は当たり前と思う位のものを優先してやる。

投稿日:

サクセスパートナーの小形です。

新年も始まり、本日仕事始めの方も多いのではないでしょうか?

新年ということで当たり前のお話をしたいと思います。

私は、大学は農学部でした。農学部といっても、牧場で生物を育てるわけでもなく、生物が生成する物質の研究をしていた学科にいましたので、主にインドアで試験管やフラスコを使った実験がメインでした。

そう、人によっては、聞きたくもない単語である、実験、実験、実験の日々だったわけです。

実験室にこもった人生は、性に合わないことを早めに気づいちゃった時期でもありましたが、マーケティングにも通じる大切なことを学びました。

 

仮説>実験>検証>ノウハウ化

さて、大学は、生物が生成する物質について研究していました。

普通に頑張っていればの話ですが、醤油やサプリメント、お菓子の製造、製薬会社に就職が多い学科でした。

つまり、口にしたり、体にいれたりするものに関連しているわけです。

とても、社会的責任が大きなジャンルです。間違いがあってはいけません。

ですので、仮説>実験>検証>ノウハウ化(論文化)をしっかりと身につけさせるのが、大学の教育の仕事の一つと言えた訳です。

この時の実験の役割は、仮説を実行し、狙った結果を得る為の道筋を作ることです。

実験ですので、その道筋を作ることには行動が伴います。

狙った結果を得る為に、モノによっては数えきれない実験の回数を重ねることは多々あります。

そう、大半は失敗してしまい、そこから一部の成功する方法を見つけるわけです。

 

ここから言えること。

何度も言いますが、体に入れるもので間違いがあってはいけません。

例えば、「このうがい薬にヨウ素が入っているから放射能を排出することを助けてくれるに違いない。」「牛の内側は生で食べれるわけだから、外側をトリミングしなくても、食中毒にならないだろう。」ということが、過去にありました。

これは、実験を伴わない仮説のお話であり、何の根拠もなかったわけです。

ですので、うがい薬を買って飲んじゃったり、例のユッケの食中毒事件が起こってしまいました。

食や健康に関わることでなくても、世の中にはこれと同じようなことが多々見られます。

十分に実験されたわけでもない情報が、まるで正しいように耳の中、目の中に入ってきます。

例えば、フェイスブックで儲けるということ。

「フェイスブックページを作れば、儲けることが出来る。」という営業が最近まで多かったらしいですが、いいねの数ばかりで、儲かるという根拠はありません。

2011年8月に採取された複数回答可能なアンケートによると、SNSを参考にして購入するという方は、全体の約5%ですので、上記の仮説は否定されるわけです。

 

もう一つが、世の中には、十分に実験されたものがあるということです。

例えば、顧客データベースを活用したマーケティングの方法がこれに当たります。

一回購入したことがある人に、一斉にメールを送れば、反応しないってことはないですよね?

実際に売上が上がるという道筋がたっているわけです。

 

一か八かよりも当たり前のものを優先しよう。

どうも、話しを聞いていると、フェイスブックやツイッターはやっているけれども、今いるお客様と定期的にコミュニケーションをとっていないと答える方がやけに多いようです。

それで、道筋が見えているならばいいのですが、ほとんどの方はそうではないんですよね。

でも、なんでやり続けるのか?と聞けば、流行っているから。という答えになるわけです。

まるで、世論に振り回されている○○党みたいなことになっています。

「やるな!」とは言いません。ただし、道筋が見えないことは、「やれ!」とも言うつもりはありません。

優先してやるべきことは、流行に関係なく、根拠が見込めるものです。

新年ですので、この点を見直しましょう。

見直すだけじゃ駄目ですよ。しっかり行動に結びつけましょう。

 

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, 売上アップ
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.