080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

今流行のブログでノウハウ詐欺に気をつけよう

投稿日:

本日は、試しにホッテントリメーカーを利用してタイトルを設定してみました。
タイトルは過激ですが、内容は間違っていないので、そのまま利用しています。

今まで私は、数えきれないほどのブログを運用し、潰してきた経験を持っています。

単純に飽きた。というものもありますが、問題になったもの、方向性が違っていると感じたもの、理由はさまざまです。

その中で、つい最近までノウハウ的なことをアメブロに投稿していました。それを辞めてしまいました。単純にめんどくさかったということもありますが、違和感を感じたことの方が大きかったかな〜( ・ω) . 。o O

1.気になるのは、ノウハウなのか?

少し考えてみてください。例えば、私が社会保険労務士の仕事をしていたとします。例えば、面接のノウハウをノーリスクでネットユーザーに振る舞っていたとします。果たして効率の良い集客が出来るでしょうか?

たぶん、ほとんどの人は検索してノウハウの内容だけみて離脱します。それで名前を覚えてもらえればいいかもしれませんが、特に気にしません。

だって、みなさんも検索して情報を探す時って、そんな感じではありませんか?本の場合もそうですよね?

出版経験者の方はみんな口を揃えて、「プロフィールが気になる」と言いますが、それは前提として、みなさん勉強熱心だからだと思います。普通は、内容をベースにして購入するので、「マッキンゼーの○○」程度しか気にはなりません。

ノウハウをみると、「自分で出来そうだな。(やってみて駄目なら・・・プロに頼もう)」ということを考えますよね。その時に選択されるプロになれればいいのですが、残念ながらほとんどの場合はそうじゃないと思います。

おそらく、近場にいる人か、実績の多いプロフェッショナル中のプロフェッショナルを商工会のつながりの儲かっている社長さんから紹介してもらうパターンの方が圧倒的に多いと思うんですよ。

そもそも、ニーズをもって検索している人が知りたいのは、Before AfterのAfterであり、Processではないんですよね。「ノウハウを書けばいい。」とコンサルされている人はこの点をしっかり考えてみましょう。

2.更に、ノウハウは賞味期限がある。

社会保険労務士の例を出しましたので、新卒面接とその後のフォローの仕事を主に受注していると仮定します。

ずっと、同じことを教えればOKだと思いますか?答えはおそらくノー。ノウハウは、浸透しすぎると相手に対策をする隙を与えてしまったり、本来得たいものが得られなくなります。

また、この手のものの場合、人が中心であるため、時代背景やその時に施行されている法律などのバックグラウンドが違いますよね?

ノウハウには、賞味期限があり、常々更新しなければなりません。 特にインターネットの場合、過去に投稿されたものの方が上位に表示されることがざらですので、ノウハウをブログに書くと過去記事を更新しないと「出来ないじゃないか?この野郎!」という人が発生します。

こんなめんどくさいことできますか?ほとんどの人は出来ないですよね?

3.そもそも、何でノウハウなのか?

ノウハウの方が検索されやすいからなんですよね?インターネットで検索をする場合、今抱えている問題の解決方法を探していることが多い為、その手のブログはアクセスが伸びやすいわけです。

アクセスが増えるとそのまま収益に直結するのがアフィリエイトです。みなさんが参考にしているブログのほとんどに、アドワーズやアフィリエイト広告が設置されていると思います。

士業、コンサル、その他来店して欲しいお店用のブログとは、根本的な売上モデルが違うわけです。

あなたが何件成約に対して、広告が収益のブログは何件クリックです。

対象にしている人も違います。求める結果が違っているものならば、崇拝すべきプロセス(ノウハウ)も違うのが当然です。

4.読者は無料で教えてくれて当然だと思うようになる。

ノウハウ系のブログは、ノウハウを無料で出しています。

「ノウハウを無料で出している・・」と思われれば、「相談も無料・・」と思うなという方が無理があります。

当然、無料で教えて欲しいという人が増え、対処が必要になってきます。

よく、「教えて君は、無視すればいい。」と言われますが、無視されていいと思う人はいませんよ。

横着な態度をとられれば、愛情裏返って憎悪。無駄に神経をすり減らすことが起こりえます。

最初から、相談は有料であるという旨を伝える必要があると思います。

※私の場合も有料です。無料で話を聞こうとすることは、お金を出しているお客さんへの冒涜ですのでやめてください。

5.まとめ

1.サービスを探す時に気にするのはプロセスではなく結果。

2.ノウハウには賞味期限があり、本当の意味の検索対策で過去記事をその度に更新する。

3.みなさんが見ている人気ブログとみなさんではビジネスモデルが違っている。

4.ノウハウばかり書いているとノウハウを無料で話す人という印象がつく。

注意なのですが、ブログにノウハウを書くこと自体は全否定はしていません。「どうしても、これだけは知ってもらいたい。」ということは書いた方が絶対いいに決まっています。ノウハウを出す時は、そのノウハウが自分にどういった未来をもたらすのか、しっかり考えた方がいいでしょう。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.