集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

WEB戦略

厚労省、美容クリニックの施術前後写真などのウェブサイト掲載を禁止へ

投稿日:

今後の広告の運用に非常に重要なことですので、自分の為にも記事を紹介します。

美容クリニック関係のホームページでは、絶対に見かけるbefore afterの施術写真。

画像修正で手を加え、事実とは異なっている誇大広告がどうやら問題になっており、写真の他にも 「芸能プロと提携」「キャンペーンにつき今だけ○○円」などの文言も規制がかけられるようです。

参考記事によると次のようなことです。

参考記事: 厚労省、美容クリニックの施術前後写真などのウェブサイト掲載を禁止へ

厚生労働省は、これまで規制の対象になっていなかったウェブサイト上での記載内容について、規制する方針を決めた。

この記載だけ見ると新しい規制だと思われます。

医療機関の広告は、医療法で厳しく制限されていて、雑誌広告などでは、現在、比較写真や体験談などの掲載も禁止している。

雑誌広告では、数年前から規制されているようです。また、規制されている法案は、医療法とのこと。ということは薬事法ではないので、サプリメントはOKだということですね。今のところは。

内閣府の調査によると、クリニックを選ぶ際、3人に1人が体験談、5人に1人が施術前後の写真が決め手になったとしているが、今回、厚労省が規制に乗り出したのは、そうした宣伝に関するトラブルの増加にあった。

昨日のブログ記事今流行のブログでノウハウ詐欺に気をつけようでも紹介した通り、購入を希望している人が気になるのはafterですので、これだけの人が参考にしているのは当然でしょう。ですが、以下のようなトラブルが起きているようです。

国民生活センターに寄せられた美容クリニックの宣伝などに関する相談件数を見ると、2010年は、5年前に比べて2倍近くに増えている。
国民生活センターの清水碧里さんは「美容医療サービスについて、毎年たくさんの相談が寄せられているのですが、最近は、インターネットで『ホームページには手術代が約6万円と書いてあった病院に行ったところ、最終的に、総額約70万円の手術を承諾してしまった』と」と話した。

最近のホームページの料金は基本料金をでかく書きすぎている為に、勘違いが起きない方がおかしい状態になっています。これは、弁護士や行政書士、税理士のインターネット広告も同様のことが言えます。料金表示に関する規制は今後どんどん厳しくはなるでしょう。

今後、上記に関連した出来事も規制される傾向かな?と思います。仕掛ける側としては、これらの法案に対するジャッジが難しいところですね・・・

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.