集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00 日曜日定休

売上アップ

ソーシャルメディア中毒になる前に顧客フォローやってますか?

投稿日:

サクセスパートナーの小形です。

ソーシャルメディアが浸透し、周囲でもFacebookをやっている人が多くなってきました。それ自体は全然いいことですが、はて?と思う機会が増えたことも事実です。

何を目的にソーシャルメディアを利用するのか?

私は、売上アップコンサルタントと名乗っていますので、売上アップの観点でお話をさせて頂きますが、前述の通り、ソーシャルメディアを楽しむこと自体は全然いいことです。

ただし、売上に少しでも貢献させたいと考えるのであれば、誰とコミュニケーションをするべきなのか?を少し考えて頂きたいと思います。

友達、会社の同僚、親戚・・・・

これらの人と絡んでも、売上はたぶん生まれません。

絡むべきなのは、お客さんでしょう。俗に言われる既存客です。

これらの人は、実際に取引があるか、もしくはあったわけですから、関係性を深めれば、再購入につながりやすいわけです。

ここで、よく質問されることが、「新しいお客さんをソーシャルメディアで求めてはいけないんですか?」

悪くはないですが、良くもないです。新しいお客さんを追い始めると、そういった使い方になり、既存客が逃げるからです。特に、ソーシャルメディアは、知っている人との信用関係で情報が拡散している媒体でもありますので、知らない人を呼び込むには、パンチが足りないと思われることがしばしばあります。

話を戻しますと、絡むべきなのは、既存のお客さんです。

もし、これをやっていないということになりますと、TwitterもFacebookも結果的にプライベート活用で活用しているということになってしまいます。

ここで、更に話しを深いところまで持ってきます。

みなさんの中に、「ソーシャルメディアはやっているけれども、手紙やメルマガは出していないという方はいらっしゃいませんか?

それは、順序が間違っている。

お客さんをほっぽいておいて、知らない人に目がいくということは珍しいことではありませんが、いつまで経ってもこれでは経営は安定しませんよね。

最近の言葉を使うのでしたら、「Fanを作る」ということ。
これは、その人を知って、好きになって、応援したいと思うようになった人がFanなのであり、知ってもらうことだけでは、Fanはいつまで経ってもできないことに気がつくはずです。

もし、上記のことが出来ていないのであれば、せっせと他人の投稿にいいね!をつけたり、デマの拡散に手を貸す、楽しいだけのソーシャルメディアの習慣は控え、手紙やメールを送った方が、後々ためになります。

私は、ソーシャルメディアを利用することは推奨はしていますが、中毒になることは推奨していません。更に言えば、ソーシャルメディアでブランディングという言葉には、否定的です。ブランドは、お客さんの中で構築されて価値があるものだと思っているからです。

流行に敏感になることは大事ですが、流行になりすぎてめちゃくちゃになることだけは避けたいところですね。

ちなみに、アイキャッチ画像は、うちのダリアです。うちのお客さんには、寒波のせいでダリアが配達できないことを申し訳なく思っています。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-売上アップ

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.