集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

WEB戦略

Twitterはバカ発見器!中小企業のアカウントが気をつけるべきこと

投稿日:

これは、ソーシャルメディア全体に言えるのですが、暴露や法を犯したことを情報発信してしまうという人がいます。特に、Twitterでは、実名で活用しているのに対し、その手の行動をとってしまう若年層が多い!その為、Twitterは2chでは、バカ発見器と呼ばれているようです。

こういった情報を発信すると、Twitterと2chで情報が共有され、関連するホームページやブログなどが炎上してしまう傾向にあります。

「若い人だけ」と思ったらとんでもない!

これは、「若い人がそんなことをやるんでしょ?うちには関係ない。」と思うのが危険だな。と思うことが最近ありました。

あえて、同レベルのdisになってしまいますので、実名は出しませんが、2011年の年末に、リテラシーが高いとされている層の人間が、Twitter上で喧嘩を行い、周囲を巻き込むということがありました。私は、togetterで知ったのですが、その情報をまとめた人が、第三者ではなく、渦中の人だということに寒気がしました。

また、他社製品の批判をして、謝罪をTwitterで公表している企業・一個人も中にはいらっしゃいます。

つまり、若いということは全然関係ありません。感情的なことをTwitterに吐き出してしまうことが問題なのです。

ネットに情報をアップしている以上、誰でも見れる。

覚えておいた方がいいと思うのですが、非公開にしようとなかろうとインターネットにアップした情報は、誰にでも閲覧されてしまう可能性があります。

これは、実話なのですが、学生専用SNSに投稿した記事が、社会人だった彼女に読まれていたということがありました。遠距離恋愛でしたので、Passがバレるということは、まずありません。からくりは、とある別SNSに学生がいて、その学生のIDを使わせてもらっていたようです。

笑い事ではなく、Twitterを非公開にしたところで、これと同じことをすることは、全然可能。

「見られて困る情報は、最初から書くな!」ということになります。

感情的になるな!

感情的なこと(愚痴、批判、意味不明なもの、ぼやきもそうかも)は書かない方が無難だということになります。失言は、感情的な発言に属すからです。

特に、知名度がないからと言って慢心している中小企業ほど危険で、ソーシャルメディアでは直接的、間接的にリアルでつながっている人とつながりやすい特徴があります。

炎上にはなりませんが、顧客、同僚、商工会仲間、家族という小さいコミュニティーの中では炎上する可能性があります。(特に田舎の場合は、リアルコミュニティーが2chの役割をします。ある意味、こちらの方が威力は強烈です。)

どこで、どのようなつながりが生まれているかは分かりません。

炎上が怖くて、何ができるんだ!?というのも事実。

炎上を怖がって、インターネットの活用を控えている企業もいらっしゃいます。

そもそも、炎上は滅多なことではしませんし、ほとんどの炎上は失言(バカ発言)から生まれるものです。

炎上を怖がって大きな行動がとれなければ、目立ちません。目立たないということは、下克上のチャンスを逃していることにもつながってしまうわけです。

大胆な行動をとるか?控えめに顧客フォローを行うか?
必要なのは、選択です。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.