集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

未分類

pinterest利用開始に思う、ソーシャルメディアの使い分け

投稿日:

pinterestを始めました。

pinterestとは、アメリカで急成長しているソーシャルメディアです。衣料品、住宅、食品などインターネットで見つけた興味深いものをそれぞれのテーマの自分のBoard(掲示版)に掲載して、フォロワーに共有するものです。

はじめてしまったものの、「はて?」というモヤモヤ感があります。

Pinterestで一体何個目だ?

Pinterest

例のごとく、ソーシャルメディアの一点押しと課しているブロガー、情報サイトがpinterestを現在押し始めています。

ですが、ちょっと考えて欲しいんですよね?「果たして、Pinterestで何個目なんだ?

私がやっているのは、Twitter、Facebook、Google+、Youtube、mixiの5つです。コンテンツの共有を行うtumblr、ビジネス性の高いLinkedinは登録していますが、長い間冬眠状態になっています。

Pinterestで6つ目です。これからPinterestを始めるという方は、おそらくTwitterとFacebookをやっている人ですので、3つ目という人が多いのではないでしょうか?

果たして、Pinterestまで手が回るでしょうか?

手が回る人は、情報を生業としている人か、暇でやることがない人、リアルが充実していない人のどれかに分類されてしまうでしょう。

きっと日本では、かなり限られた層にしか普及はしないと思います。

つながっている人が一緒になっていないか?

TwitterとFacebookをやっていると、コミュニケーションをする人がだんだん固定化しているという人は少なくないはずです。

人によっては、TwitterとFacebookでコミュニケーションをする人が全く一緒になってしまったという人もいらっしゃるでしょう。

pinterestの場合、Twitter、Facebookを活用している人が、次にと選ぶというパターンになるでしょう。

上述の通り、すでにさまざまなソーシャルメディアをやっているユーザーが新しいものになかなか手が出せないと考えられ、ユーザー数は、Twitter、Facebookほど伸びるものではないでしょう。

よって、TwitterやFacebookとだぶったユーザーが中心となって、フォロー、フォロワーの関係になり得ます。

どの媒体をみても、コミュニケーションをする相手が同じでは、わざわざ使い分ける意味がなくなってしまいます。そうなると、「Pinterest?あんなの面白くねえよ!」ということにつながりかねません。

私は、Pinterestは英語で活用する。

pinterestプロフィールページ

今まで活用していたソーシャルメディアは、すべて日本語での活用でした。それは、日本人とのコミュニケーションを目的にしていた訳ですから当然のお話です。

ですが、もうこれ以上は十分です。これからは、じょじょに海外にベクトルをあてたいと思っています。海外の人とも話がしたいし、価値観を知りたいんですね。その点で言えば、Pinterestは、興味・価値観がテーマですから、ちょうど良い媒体だとも言えます。

ですので、Pinterestは、最初から英語で活用します。フォローも海外の人を中心にします。

英語の勉強にもなりますし、もっと広い視野にもなれると思いますし。投稿すること自体を毎日の習慣にしようかと思っています。

みなさんは、Pinterestをどのような目的で活用する予定ですか?

 勿論、「やらない。」という選択肢はありです。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-未分類

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.