集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00〜18:00(今月は、17日、18日以外は営業)

WEB戦略

情報過多社会だからこそ、流されるな!

投稿日:

これだけ情報が多い世の中になってしまうと、今まで以上に隣の芝生が青く見えてしまうものです。

そんな今だからこそやってはいけないことが多数あるわけです。

例えばのお話

政治批判をするブログではないので、具体的名称は控えますが、国民においしいマニュフェストを作ったのに、何一つ守らず、今までの政治に回帰した政党があったとします。(実際にありますが。)

この政党は、国民の期待を裏切らない!と連呼しています。しかし、蓋をあければやっていること言っていることはまさしく矛盾をしています。また、選挙が近くなると、国民の関心事に一生懸命取り組み出します。

また、味のある昔ながらの気質を売りにしている俳優さんが、いきなり流行最先端の服装になり、ちゃらちゃらした役柄になったとします。悪いことではないですが、何かいやですよね。

今まで掲げていたことを急に変更するとかっこ悪く見える。

一番駄目なパターンが周囲に流されてしまい、いままで掲げてきたミッションや目的を投げてしまったり、やっていた施策を中途半端に投げてしまうことです。

例えば、「お客様第一」を売りにして、少々料金ははるものの細かなサービスが地元住民に愛されていた旅館があったとします。

この旅館が、コストカットの手腕で有名なコンサルタントが提案する経営の合理化を行い、仲居さんの人員を削減し、料金を安くリーズナブル路線に変更したとします。

地元の人はどのような反応を見せるでしょうか?おそらく、「今までと違う」という反応を見せ、次にこの旅館を利用することはないでしょう。

お客様第一の方針から経営第一の方針に変更してしまったことで、重要な経営資源である「常連」を失い、強みを放棄してしまったことになります。

また、施策レベルのお話でもよくあるお話があります。

HPからの問合せ数を増やすことを目的にしていたとします。

アクセス数を増やす為に、ホームページ内に設置したブログを更新することで、検索エンジンからの流入を強化することを方針として掲げていたはずが、Facebookの方が楽しいという理由で更新をやめてしまい、Facebookに熱中してしまう。

流行になっていることは誰しもがやっていることですので、競争のポイントになりません。尤も楽しいという理由で決めていた方針をひっくり返してしまっては、今後が心配になってしまいます。

施策を中途半端な状態で投げてしまうこともかっこ悪いということになります。

情報過多社会だからこそ必要なこと。

「簡単に決めたことを投げない。」「やって、一定の成果を上げる!」このマインドは絶対に必要なことです。

情報が多くなれば多くなるほど選択肢が増えます。結果的に迷ってしまい、前に進めなくなります。

そんな不幸な状態にならないように、方向性をシェアできるメンターなり、パートナーなり、コーチなりが必要になってくるのだと思うんですよね?

この辺、みなさんはどう思いますか?是非、ご意見をお聞かせください。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.