Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

悪質なレベルでの記事盗用がひどすぎるので、全記事右クリックを禁止しました。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

マーケティング 集客

2019年はどんな年?転職、集客力対策、事業の見直しのタイミングは来年がラストチャンス

更新日:

マーケティングプロデューサーの小形です。

2018年も終わりということで、そろそろ来年の対策を実施しなければなりません。2019年はどのような年になるのかを予想し、先手をとって対策をとることがとても重要になります。

そこで、私の私見も踏まえて予想し、その上で実施すべきことだと思われることを提案したいと思います。

2019年はどんな年なのか?

結論から言うと、来年は溜め込む時期であり、現状体力があるのであれば、アップデートを行うための投資を実施する時期であり、そうでない場合は、集客力の対策や見直しをする時期です。

消費増税の駆け込み需要があり、10月まではアクセルを踏みつつ、10月以降の冬の期間の対策を平衡して行わなければなりません。

2020年になると、財布の紐が硬くなり、益々厳しい状態になりますので、集客力対策などの余裕がなくなり、ビジネス全体を見直すか、延命対策を行うかのどちらかを選択することになる可能性がかなり高いです。

2019年は己亥(つちのとい)の年

干支には詳しくないのですが、来年の予想と激しく一致しているので、紹介します。

2019年の己亥の年は、相克の年であり、相性がよくない年だそうです。

この己亥が意味するところは、来年はステップアップするのに恵まれた年ではあるけれど、調子に乗ってしまえば全てを失う年であると言うことです。

来年は消費増税が10月の予定ですが、これによって駆け込み需要があり、景気が良くなるのはほぼ間違いないと思います。問題は、この間に様々な反動が来ると予想される2020年の対策をしているかであり、まさしく2019年は己亥の年を象徴するような年であることは間違いありません。

2019年は、中国が世界のリーダーになる?

中国だけではなく、インドや東南アジアの成長が著しいのは、誰もが知っているところです。

これは当然のことで、人口が多いので、内需が安定しているからです。日本は少子高齢化の抜本的な解決策を政府が打ち出せていないので、加速度的に少子高齢化が進みます。その結果、コントロールの効く内需が不安定になり、コントロールが効かない国策や競争で影響を受けやすい外需に頼らざる得なくなります。

博報堂の未来年表では、来年中に、中国が世界の一番の市場になり、世界のリーダーになることを予想しています。これは、アメリカとの関係性で来年中に達成できるかは微妙な線になっていますが、近年中には間違いなくなります。

アメリカでは、中国系アメリカ人が増えているため、仲良くしていた白人人種がマイノリティーになる日も近い気がします。そうなれば、実質中国に好意的なアメリカ人の人口が増えることになりますので、避けることはできないですね。

2019年は消費増税が起こる。

キャッシュレス化で実質減税を謳っていますが、条件付きの経済政策はいつもうまくいっていないので、消費増税が増税であることは変わりありません。

消費増税の時期は、10月を予定されていますし、来年は、ラグビーのワールドカップや天皇即位が控えています。そのため、全国的にビジネスに派生するような需要があり、しかもそれが駆け込まれますので、10月までは景気が良く、実質景気が悪くなると予想させるのは、10月、11月のみです。

実質的な不景気を感じるのは、2020年からであり、首都圏では、オリンピックがあるため、2020年の後半からがきつくなるのが目に見えます。

 

2019年は、転職をするのであれば最高のタイミング

相変わらず、どこも人材不足の傾向があり、採用ができないから成長できないことも多くなっています。

来年は特に駆け込み需要による好景気なので、企業もできるだけ早く人材を取りたがります。不景気になれば、リストラをベースにした事業見直しをしなければなら

超売り手市場のうちに新たなキャリア形成をしておくことが、自分を市場価値を高めるために必要です。

複数の転職エージェントに登録しておき、条件が一致する求人が入り次第、連絡を受け取れる体制を作っておくのが良いでしょう。
以下のサイトに片っ端から登録していればとりあえずはいいと思います。

転職エージェント リンク先 特徴
DODA パーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営するサービス。登録件数が多いのが最大の強み。
大昔に一度だけ利用しましたが、担当のエージェントが頻繁にマッチングした案件を紹介してくれます。
ミイダス 同じくパーソルキャリアのサービス。こちらからアプローチをかけるのではなく、
書類を登録することで、企業側からアプローチする方式を採用しているため、交渉がしやすいのが特徴。
マイナビエージェント マイナビグループの転職エージェント。ここも大手であるため、登録件数が非常に多いことが特徴です。
シゴト.in 転職エージェントではなく、転職サイトですが、案件数が非常に多いことが特徴です。
担当者をつけたくない人にはおすすめ。
小形

転職もコンサルも一緒なので良くわかるのですが、転職を成功させるためには、担当のエージェントとの相性が重要です。そのため、最初から絞り込むと言うことはせずに、面談を実施し、相性の良い転職エージェントに絞り込むのがいいと思います。

起業する場合はタイミングを見計らって、不景気対策をした方が吉

これから起業を計画している場合は、周囲のリサーチをしっかり行なってからをおすすめします。

駆け込み需要の時は、企業は基本的に業績を良くするために、販促費の予算を多めに用意しています。そのため、リスティング広告などの入札価格は高くなる傾向になり、結果として顧客獲得単価も上がってしまいます。

このタイミングで、認知を広めるためのマーケティングを開始すると、開業資金の減りが早まってしまいます。

起業する場合は、国の対策をあらかじめ調べ、十分に不景気対策を考えてからの起業がおすすめですね。

副業としての情報発信業を優先させる。

Youtubeやブログなどで収益を上げる情報発信業が現在力をつけていますが、副業禁止の会社に勤務していれば大きな問題になる可能性がありますが、それ以外の場合ではあれば、他のビジネスを開始する際の大きな資産になります。

例えば、これから起業しようと分野の専門的なサイトを作成してみたり、個人のYoutubeを作ってみたりすることで、報酬を得つつ、集客に結びつける媒体を作り込むことができます。

開業した際のリスクも大きく下がることから、副業としての情報発信業から始めることをおすすめします。

ちなみに、頻繁にグーグルで検索する人とYotubeに入り浸っている層では客層が全く異なります。

学習系コンテンツは、SEOで多くのPVを獲得することができますが、Youtubeの場合は微々たるものです。再生数も伸びません。

逆にビジュアルで表現できるものである場合は、検索よりもYoutubeの方が圧倒的に拡散しやすいです。

ブログとYoutubeでは必要とする設備やソフトウェアも異なります。

プロが教える!  Final Cut Pro X デジタル映像 編集講座

プロが教える! Final Cut Pro X デジタル映像 編集講座

月足 直人
3,456円(12/16 20:14時点)
発売日: 2018/07/20
Amazonの情報を掲載しています

Macの場合は、Final Cut Pro Xをおすすめします。

プロが教える!  Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応

プロが教える! Premiere Pro デジタル映像 編集講座 CC対応

SHIN-YU, 川原 健太郎, 鈴木 成治, 月足 直人
3,218円(12/16 20:14時点)
発売日: 2018/03/27
Amazonの情報を掲載しています

premiereはハードルが高く、月額費用も高いソフトウェアになりますが、質の高い動画を作成する上では不可欠です。

ブログでスタートする場合は、間違ってもアメブロを選択することはおすすめしませんし、SEOのことを全く考えない非ストック型のブログ構築は、将来的に作るだけ無駄になります。

ココがポイント

このあたりのWordPress系の記事を読んだ上で、コンテンツ作りを実践していきます。

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]

のんくら(早川 修), a-ki, 石田 健介, 染谷 昌利
1,998円(12/16 21:29時点)
発売日: 2018/11/20
Amazonの情報を掲載しています

ブログの情報発信業を行う場合は、マネタイズの方法は、PVを広告価値に変換するアドセンスか商品などが売れた場合に成果報酬が入るアフィリエイト広告の2択になります。

どちらもノウハウは、異なってくるのですが、集客力の媒体を作らなければならないという点では一致していて、アドセンスのノウハウは、強いブログサイトを構築するのに役立ちます。

ミニサイトをつくって儲ける法

ミニサイトをつくって儲ける法

和田 亜希子
1,392円(12/16 21:29時点)
発売日: 2016/09/29
Amazonの情報を掲載しています

ミニサイトとは、オウンドメディアなどと比べるとニッチなテーマに特化したウェブサイトのことです。余計なものを書かない分尖っていますので、SEOでもそこそこの順位につけることができます。

将来のビジネスと直接関係のない分野でも、趣味が一致することで仕事が繋がるということもありますし、何も言わずに稼いでくれるWebサイトになりますので、作っておいて損はありません。

飲食店などの店舗を開業する場合は、事前のコンサルティングを受けておく。

とにかく早く出店したいから何も考えずに物件を見つけて出店をするというのはやめておいた方がいいです。

何も考えずの出店は賭博に近いからです。100%勝つことは難しいですが、エリアの調査ができるコンサルタントに依頼することで、ある程度の売上予測というものを立てることができます。

シミュレーションで負ける可能性、つまり儲けが出ない物件で勝負をしても、負けた時に「ほらみろ!」と言われてしまうだけです。

特に、2019年の好景気、2020年に落ち込むことを予想すると、集客を事前にどうするのかわからないようなテナントに入ることは良いわけがないですよね。

地元も駅前に、接骨院が、10〜15店舗くらいあります。これは、売上10等分にはならず、全体の3〜5割は、一番の店舗の売上になりますね。それ以外を取り合うことになるわけですから、人気店になれる算段がつかないのであれば、出店自体をやめた方がいいと思います。

今であれば、例えば催事出店を積極的に実施するケータリングスタイルやすでに客が入っているお店のランチタイムを借りる間借りなども選択肢に入るため、リスクが一番小さい選択肢を選ぶのが良いと思います。

小形

例えば、100万円のコンサルティングを無駄な出費だと思う人もいます。ただし、出店してしまい、ビジネスモデルを確定してしまった後に、全く売れない期間が存在すると、機会損失があっという間に100万円は超えます。相談のタイミングはビジネスモデルを確定させる前がいいです。

集客力を高める対策は、2019年で完結させた方が良い。

好景気の時の集客が、不景気に入ってできなくなることを考えると、好景気のうちに集客の対策を実施することが必要です。

集客力を高める集客は、顧客を集めるタイプの対策に比べると、完成させるのに時間がかかるからです。

小形

客集めの対策ばかりに目をやっている企業は、他の同質化しているビジネスモデルの企業との明確な差を出すことができず、販促費も結果的に高くかかります。

間違っても、儲かったからビジネスモデルの強化ではなく、レクサスなどの自家用車に投資することは避けた方がいいですね。

ココがポイント

集客力向上をさせて集客を増やす方法・プロセスとは?【2018年最新版】

以下の一連の作業は、2019年中に是非一通り完結させたいところです。

step
1
ビジネスモデルを再度見直します。

集客は、魅力で訴求し、顧客を集めるものです。

魅力的なポイントが存在しなければ、広告の数を打ったところで、見込み客は魅力を感じることができないからです。

ビジネスモデルをコンセプト、ターゲティング、顧客価値のレベルで見直し、魅力的なポイントがどこにあるのかを再定義する必要があります。

この時、この魅力は架空のもの、つまりでっち上げたものの場合は、事前の期待値が高くなり、サービスや商品購入後に期待値を下げる結果になります。
結果的にリピーターになりませんし、口コミの評価も下がりますので、魅力を定義するのであれば、現実的なものでなければなりません。

step
2
訴求する媒体を選択し、その媒体を徹底的に強化する。

集客の効果が得られなかったと実感する人の共通点は、投資や実施時間が中途半端だということです。

未だに、スタッフの日課をスタッフブログで書き続ける事業者も少なくありませんが、これにはなんの意味があるのかがわかっていない状態で書いているからまずいです。

例えば、SEO対策を行い、Webサイトの強化を図りたいと考えているのであれば、そのコンテンツが見込み客に与える価値や作り込みを重視する必要があります。

私のコンテンツは、22,000文字程度書いているものが多いですが、これは無駄に詰め込んでいるわけではなく、そのキーワードを検索した人のニーズを洗い出し、それに答えた結果の文字数だからです。

そのため、私のコンテンツには、2,000文字〜3,000文字程度の短いコンテンツもあります。

集客力をつけるのには熱量が必要だと説明しているのは、膨大なコンテンツ量を積み上げる覚悟が必要だからです。

そのため、集客力対策は、外注が徐々に増えています。時間に限度がありますし、コンテンツの作り込みにはノウハウが必要になってくるからです。ただし、この対策費用は、チラシを配布するくらいの予算とは比べ物にならないくらいの人件費が発生するため、高額になります。

予算をつけることができないのであれば、覚悟を持って、2019年は取り組むべきでしょう。
マイペースで成長を掲げる場合、完成までには3年以上かかると思ってください。ほとんどの場合は、それを完成する前に手詰まりになります。

step
3
チェックする作業はやってからしなさい。

やる前に、グーグルアナリティクスをみて、全然集客ができないという人がいます。

ホームページ制作は、作った段階では、非常に脆弱なもので、キーワードで露出することはありません。対策が必要になります。

儲かっているアフィリエイターの場合、本格的にチェックする作業は、結果を出すのに必要とされる作業を全て実施してから行なっています。

実験を行う前に結果を発表する人はいません。STAP細胞が批判されたのは、結果発表と実施内容が一致していなかったためで、結果を出すためには、事前に定義されたプロセスを完了させることが必要です。

コンテンツマーケティングであれば、本格的にアクセス解析を気にするのは、50〜100コンテンツ作ってからだと思っています。(どこを目指すかによって変動)

小形

やる前に、時間をかけることに対する見返りばかり気にしてやらない人がいますが、その間もやっている人がいることを知るべきです。

最近のSEOでは、YMYLに関するグーグルのアルゴリズムコアアップデートで、アクセス数の7割を失った医療系Webサイトが多数ありましたが、売上もやっぱり下がっています。

つまり、この下がった分の売上は、完全に消滅したわけではなく、自分ではなく他社に渡っているということになります。

step
4
改善作業を実施する。結果が伴っていなければ修正が必要。

やった後に、結果をみて、思わしくない部分の修正作業を実施します。

例えば、SEOではコンテンツに順位が付いていて、修正をすることで順位を上げることができます。そのため、リライト(書き直し)作業がWeb全体の収益を押し上げることになります。

また、メールマガジンの登録件数が思ったよりも伸びないことは、再購入の機会を奪うことに直接的に関係します。なぜ、増えなかったのかを分析する必要性もあります。

まとめ

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(1) (ヤングマガジンコミックス)

萩原天晴, 福本伸行, 橋本智広, 三好智樹
発売日: 2015/12/04
Amazonの情報を掲載しています

やり手でも知られている中間管理職のトネガワ先生もテレビシリーズでSNSを使ったPRを実施する回で、こんなことを言っていました。

「継続こそが重要なのだ。」

これも一理ありますが、すぐにこれが間違いだと気づきます。

継続したところで、やり方が間違っている場合は、結果が伴わないからです。また、継続ありきの作業量の差も結果に大きく影響を与えます。

インターネットでいつまでも情報を集めて、それしかやらない人も中にはいますが、インターネットで公開されている時点で、みんなやっているものだと思っていただいた方がいいと思いますね。

残された時間は、本当にありませんので、のんびりするくらいであれば、投資した方がいいでしょう。

2019年の見方は人によって違いますし、2020年は良い年と言っている人も少なくないですね。

視点がどこからなのかによって違います。今回は、日本全体的な視点でみて、内需で勝負した場合を取り上げさせていただきました。

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-マーケティング, 集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.