集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

マーケティング SEO

コンテンツSEOとは?コンテンツSEOのメリットとデメリットの紹介と実践プロセスについて

更新日:

コンテンツSEO

コンテンツSEOとは、コンテンツを使い、様々な検索エンジン経由で見込み客の流入を呼ぶ施策を指します。それに対して、コンテンツマーケティングとは、コンテンツを使い、目的そのものの達成を最大化する一連の施策を指しますので、さらに広域な意味合いになります。

コンテンツSEOは、現在のSEO対策の主流です。検索エンジンは、キーワードに対して、ユーザーが検索した意図に一致するコンテンツを紹介するものです。この意図に一致するコンテンツを作成し、追加、リライトを繰り返すことで最適化します。

ポイント

SE Ranking

SERankingは、競合調査、キーワード調査、被リンク調査、順位計測などほとんどのSEOの調査を実施できるツールです。定期レポートの期間や順位計測のキーワード数によって月額料金が変わるため、ブロガーなどでも導入しやすいのが特徴です。

詳しくはコチラ

目次

最新のお知らせ

20分の無料相談受付中!

サクセスパートナーでは、売上UPや集客の対策をクライアントと一緒になって実施するディレクション型のコンサルティング事業を行なっております。

月額10万円〜で集客のプロが改善及び対策を実施していきます。無料お問い合わせはこちらから。

コンテンツSEOの目的とは?

コンテンツSEOを実施する目的としては、トラフィックを増加させることにありますが、成約率を向上させるためにはトラフィックの質も高める必要性があります。

そのため、適切なキーワードを選ぶこと、的確なコンテンツを作成し上位表示を行うことが必要です。

そして、上位表示をより有利にするためには、そのWebサイトのドメイン自体の力、ドメインパワーを高める必要性があります。それには、外部リンクやサイテーションの獲得が有効です。

スポンサー

コンテンツSEOのメリットとデメリット

コンテンツSEOを施策として検討する際にはメリットとデメリットを事前に知っておく必要性があります。

コンテンツSEOのメリット

コンテンツSEOのメリットはなんと言っても品質の高いコンテンツを作成できれば、質の良いトラフィックを大量に持続的に獲得することができます。

また、コンテンツSEOは広告ではありません。そのため、施策実施から経過年数が経てば経つほどコストパフォーマンスが高くなります。

そして、E-A-T(専門性、権威性、信頼性)の高めることで、コンテンツSEOの順位が上がります。結果として、コンテンツSEOがうまく機能することで、E-A-Tが高い状態であることを指しますので、ブランディングにもなります。

コンテンツSEOのデメリット

コンテンツSEOは、コンテンツで上位表示されてはじめて集客ができます。つまり、コンテンツ作成に慣れていなければ、効率良くはできません。

また、検索エンジンでは順位がつけられます。つまり、1位のコンテンツは1つしか存在しません。そのため、品質管理の面でレベルの高い書き手が必要になります。

コンテンツSEOで十分なトラフィックを獲得するまでに相応の金額の投資が必要になることが多いです。そして、社内スタッフなどで実施する場合は、ノウハウの蓄積も含めると一定の効果を出すまでには長い時間がかかります。

コンテンツSEOを始める前に・・

コンテンツSEOの実施には、WordPressのようなコンテンツマネイジメントシステムを導入することで、コンテンツ作成の手間を効率化することが一般的です。

ただし、WordPressを導入するだけでは実は不十分です。
同じようなコンテンツを作成したページでも適正な構造である方が正常に読み込まれます。

そのため、できるだけ減点のないWebサイトにすることが必要です。

SE Rankingでは、サイトSEO検査により、以下の項目を調べることができます。また、100点を目指すことは操作性が悪くなることが多いですので、できる限りスコアを高める程度で考えた方が、コンテンツSEOはうまくいきます。

  1. Webサイトの健全性
  2. ページのステータスを確認するページ分析
  3. メタ情報の適切性を確認するメタ分析
  4. H1やH2などの差し込みや重複がないかをみるコンテンツ分析
  5. 内部リンクや外部リンクが適正に処理されているかチェックするリンク分析
  6. altや画像サイズが適正なのかを確認する画像分析
  7. 各デバイスで適切に表示され、無駄なファイルを指摘する最適化
  8. ユーザビリティーを高めるための基礎設定ができているのかチェックするユーザビリティーとテクノロジー

コンテンツSEOで適切なキーワードを選ぶ方法

キーワード

コンテンツSEOの集客見込みのポテンシャルは、対象にしている検索キーワードのボリュームによります。

当たり前のことですが、月間の検索ボリュームが小さいキーワードよりも大きいキーワードの方が集客のポテンシャルは大きくなります。

つまり、キーワード選びこそがコンテンツSEOの第一の関門と呼べます。

検索ボリュームを調査する方法には、大きく分けると2つあります。1つは、Google広告といったリスティング広告の出稿キーワードをアドバイスするキーワードプランナーの活用です。そしてもう一つはSEOツールを使った競合のSEOデータの抽出です。

Google広告のキーワードプランナーを使う。

Google広告では、Googleの検索エンジンに広告を出稿します。集客最大化のために、検索ボリュームや競合性を予めチェックできるキーワードプランナーを提供しております。

無料でも利用できますが、詳細なデータの抽出は広告出稿者のみとなります。そのため、この機能を活用する場合はGoogle広告の少額の出稿が必要になります。

SEOツールの競合分析を活用する。

キーワードプランナーの活用は、狙っているキーワードリストが手元にあるのであれば、十分に活用できます。しかし、そもそもキーワードリストが手元にない場合の方が圧倒的に多いことから、検索ボリュームの大きいキーワードを逆検索できた方が良いことになります。

そこで、SEOツールを利用します。

SE Rankingの競合SEO/PPC調査は、競合サイトの広告出稿の有無や流入キーワード、人気コンテンツの調査の実施が可能です。

ポイント

ちなみに、検索エンジンで100位以内に入っているオーガニックキーワードの数は、トラフィックに大きな影響を与えます。そのため、検索ボリュームが大きめのキーワードや競合性の低いキーワードはできる限り多く狙った方がトラッフィックが増加します。

SEranking以外の検索ボリュームを確認する方法を無料のものも含めて「検索ボリュームをチェックする方法とは?」にまとめました。

適切なコンテンツを作成する方法

ライター

コンテンツSEOでは、当然ですが、検索エンジンからの流入を目的にしているため、各コンテンツの検索順位をできる限り上げなければなりません。

それには、各コンテンツの検索結果を計測できなければなりません。

SE Rankingでも順位の計測は実施可能ですが、プラン次第で計測できる周期が決まっています。そのため、計測専用のツールを別途導入するのもこの場合はありです。

最も普及している順位計測ツールは、GRCです。(ただしスタンダードライセンス以上が必要です。)GRCを1日1回起動して、順位を計測していき、そのデータを見つつ、リライト作業の実施を行います。

ポイント

サーチコンソールで検索クエリを参考にするのもなくはないですが、実際の検索順位を見ているわけではなく、パーソナライズ化された検索エンジンでの表示順位が反映され、平均化されています。

実際の順位とは差がある場合がありますので、検索順位チェックツールの方をこの場合は使います。

1.各キーワードの上位コンテンツをチェックする。

品質の良いコンテンツ作りが重要と言われていますが、何をもって品質の良し悪しを決めるのかを言及しなければ意味がありません。

検索エンジンは、キーワードを入力することで、目的の情報を検索できるサービスです。つまり、多くのユーザーにとって実際に求めているコンテンツが品質が良いことになります。

専門的には、専門性、権威性、信頼性のいわゆるE-A-Tが高く、コンテンツの独自性が高いコンテンツが該当します。

具体的には、実際に検索順位が上位表示しているコンテンツが現在は品質が高いと考えられます。ただし、競合性が低いキーワードの場合は、該当コンテンツが少ないため、適切なコンテンツが上位表示されていない可能性もあります。

キーワードをチェックする場合は、ブラウザでそのまま検索せずに、Google広告の広告表示の検証機能やSEOツールの検索機能を活用しましょう。検索する場所が違ったり、ブラウザにキャッシュが残っていると順位が異なります。

上位表示されているコンテンツのタイトル、見出し、ライティングのタッチ、E-A-Tをどこまで追求しているのかなどをざっくりと見ます。

これは当たり前のことですが、競合のサイトも独自でコンテンツSEOを行っています。同じように調査しリライトを繰り返している可能性がありますので、詳細に調査しても無駄に終わることが多いです。

2.タイトルを作成する。

タイトルは、そのコンテンツがなんのコンテンツなのかを指し示すと同時に、クリック率を高める重要な要素です。

検索エンジンのユーザー目線で考えた時に、問題解決する期待値が高いタイトル付けをする必要性があります。

例えば、語句を調べることが目的とされている場合、そこでは、「◯◯とは?」など、解説されていることを期待するようなタイトル付け適切になります。

そして、問題解決をすることが目的の場合は、「◯◯したい人は必見、メリットとデメリット」のようなそれを実施することによってどのような良いことと悪いことが起こるのか解説するタイトル付けを行います。

具体的には、やはり実際にそのキーワードでGoogleを検索し、現在は何を意図して検索されているのかを見てみることが重要です。

3.コンテンツを設計する。

コンテンツSEOというと、とにかく長く書こうとされる傾向がありますが、文字数がすべてではなく、キーワードを検索するユーザーにとってベストプラクティスなコンテンツであることが何よりの理想です。

そのため、関連性の薄い情報を無理やりねじ込んで、ユーザーの理解を難しくするコンテンツであればない方がマシだということになります。

ちなみに、検索ボリュームが月間1万ほどあるキーワードでも2,000文字未満のコンテンツを上位表示させていることがあります。

そして、コンテンツは理解を深める構造でなければなりません。具体的には、論理性をもった項目を並べて説明をします。例えば、特定のマーケティングの施策を紹介する記事の場合は、以下のような項目を作り、h2で章を作り、h3で中身の詳細を説明します。

  1. キーワードを理解するコンテンツ(ワード紹介)
  2. 有用性の紹介
  3. デメリットの紹介
  4. 代替性のあるものとの比較
  5. 導入方法
  6. まとめ

また、登場する情報は、E-A-Tを高めるためには、信頼性の高い情報を参照する必要があります。信頼性の高い情報の代表的な引用元はやはり各省庁のWebサイトでしょう。

総務統計局(https://www.stat.go.jp/

中小企業庁(https://www.chusho.meti.go.jp/

4.コンテンツを書く。

コンテンツSEOは、コンテンツで集客するため、できるだけ早く効果を出したいのであれば、外注を含めたライターを準備します。

この時に、ライターが意図していないコンテンツを書くことを防ぐために、明確に何を書くべきなのかがわかる指示書を作成することもポイントになります。

コンテンツは、無理にキーワードを出現させずに共起語を入れるなどして何について言っているのかがわかるようにすることが重要です。共起語とは、特定の語句の組み合わせでとある一つの言葉の意味を説明していることがあります。この組み合わせに入る語句を共起語と呼びます。

また、出来上がったコンテンツはそのまま使わず、必ず点検を実施します。誤字脱字はもちろんのこと、わかりづらい文章であればこの段階で修正を加えます。

5.画像などを供給し、適切に差し込む。

コンテンツはテキストのみで構成することはなく、画像や動画を差し込みます。

特に画像を差し込む頻度は高く、またユーザーの視点を考慮した貼り付け方をする必要性はあります。

例えば、モバイルで4G回線を使ってコンテンツを読み込む場合、画素数の高い画像は読み込み速度の低下の原因になります。

そのため、圧縮を行って、適切な画素数まで下げる方法をとります。

なお、アイキャッチなどに利用する画像の供給方法は、「【商用利用OK】無料(フリー)画像素材を見つける方法と画像提供元サイト」で紹介しています。

6.コンテンツを公開し、サーチコンソールでインデックスのリクエストを行う。

コンテンツを公開します。公開してもGoogleのクローラーは巡回してくるまでは適切な順位がつきません。そのため、サーチコンソールにて新しいコンテンツのインデックスのリクエストを実施します。

これによって、できる限り早く順位がつき、コンテンツSEOでは重要なリライトによる品質を向上させるプロセスに短期で移動することができます。

7.コンテンツ公開後は、SNSなどでシェアを行う。

作成したコンテンツは、SNSでシェアを行います。これは、後述するサイテーションを高める目的もありますが、コンテンツの精度を高める視点では、適切な公開後の処理を行い、適切な順位付けを行う目的として利用します。

例えば、ツイッターやはてなブックマークでシェアを行います。これにより、SNSからの評価がコンテンツの評価に加わりますので、できることをやった上での順位になります。

8.検索順位を確認し、リライトを実施する。

コンテンツSEOでは、コンテンツを一度公開して対策が終了するということはありません。必ず、改善にあたるリライトを実施します。

公開後、ある程度な時間が経過し、順位がついた時点で、さらに順位を向上させるために、書き直しや情報の追加を行います。情報を追加したことで、構成に無理がないか読み直しをするのも重要です。

ポイント

コンテンツの改善のポイントを分析する場合は、コンテンツSEOツールを使います。

上位表示されているコンテンツの傾向を分析しているものですので、例えば、2位を1位にするための改善策の提案は期待できませんが、20位を5位に上げるような改善のポイントを抽出することができます。

参考:コンテンツSEOツール「パスカル」とは?導入のメリットとその他のツールとの違いとは?

外部リンク、ナチュラルリンクを増加させる方法

Contents is King!という言葉がありますが、これはコンテンツだけが重要だと言っているわけではありません。コンテンツの良し悪しを評価するためには、第三者の評価が参考されます。

そこで重要視されるのが外部リンクです。外部リンクの中でもなんの働きかけもなく自然と設置されたリンクのことをナチュラルリンクと呼びます。

外部リンクは、人気票のようなものです。良いコンテンツであれば、人に紹介したいと思う人が自然と発生します。その結果、たくさんの外部のコンテンツで紹介され、ナチュラルリンクが設置されます。結果的に、人気票が集まり、外部からも評価されていることになります。

しかし、現実的なことを考えると、なかなかナチュラルリンクは増加しません。それどころか、コンテンツSEOを目的に雇われた外注ライターにコンテンツを転用され、外部リンクが設置されないということがよくあります。

そこで、外部リンクを獲得する方法について解説をします。

1.ブランディングする。

他のサイトでナチュラルリンクを設置するということは、そのコンテンツの信頼性が高いことを確信していることが直接関連しています。

つまり、コンテンツSEOで成功することは、専門家としてのブランドも直接影響している可能性があります。

例えば、実績のある専門家にコンテンツの作成を依頼することで、その人の信頼性によりSNSで拡散され、認知されることでナチュラルリンクが増加する可能性が高くなります。

もちろん、自身が専門家として認知されていることで、コンテンツは注目され、ナチュラルリンクが設置されやすくなり、コンテンツSEOも成功しやすくなります。

2.インフルエンサーに言及を依頼する。

現在では、その分野の権威がSNSで積極的に情報を発信し、インフルエンサーとして活躍している可能性が高いです。特に、トップのインフルエンサーは業界への影響力をほぼ独占しています。

そこで、インフルエンサーにコンテンツが言及されることが、時に炎上となり、時に信頼性を高めることがあります。インフルエンサーに言及を依頼することが、コンテンツの認知のきっかけになり、様々なコンテンツでそのコンテンツの有用性が議論されることになります。結果として、ナチュラルリンクが増加することになります。

関連記事→インフルエンサー(influencer)とは?

3.競合サイトと外部リンクの獲得数を比較する方法とは?

当然、競合サイトに勝つためには、獲得した外部リンクが、関連性の高く質の高いWebサイトから多く獲得している方が有利になります。

外部リンクを調査する方法としては、ahrefsのような競合の被リンクをチェックするサービスを活用することになります。

SE Rankingにも被リンクエクスプローラーという機能があり、回数制限がありますが、競合のドメインを含むWebサイトの被リンクをチェックすることができます。

差が確認できれば何らかの対策は取れますし、数値で優っても順位で負けている場合は、コンテンツ自体が悪いか、被リンクの質が悪いか、はたまたそれ意外なのかと何らかの理由があります。特に、医療系サイトの場合は、関連性の低い低品質な被リンクが多いとランキングが下がってしまうことがあります。そこで、一つ一つ被リンクをチェックし、サーチコンソールでリンクを否認するリクエストをした方が良いことがあります。

サイテーションを獲得する方法

サイテーションとは、リンクが無くても特定のブランド、屋号、店舗名、Webサービス名などが言及されているものを指します。

例えば、人気店であれば、Twitter、Instagram、個人のブログなどでレビューされ、店舗名が登場することが普通です。

そのためサイテーションは、MEO(ローカルSEO)に効果があるとされています。

コンテンツSEOでも新情報を発信することで、SNSでファンがそれについて言及することがあります。この時、リンクを設置するかもしれませんが、この新情報から話題が広がり、結果として人から人へSNSで語り継がれたり、リンクなしで言及することもあります。

例えば、特定のお店の担々麺が美味しいよね!という話題は、リンクが特に設置されません。

この時に、同じように言及されていると見なされ、リンクの獲得よりも簡単なサイテーションの獲得が注目されている理由になります。

効率良くサイテーションを獲得することが、コンテンツSEOを成功させる鍵にもなりえます。

サイテーションを獲得する方法としては以下の方法があります。

純粋想起を意識した情報発信を行う。

会話で話題が発生する時は、「担々麺と言えば、あの店」というように、何らかの言葉がきっかけになります。

このような会話で名前が出やすくなっている状態になっていることを純粋想起と呼ぶわけですが、この純粋想起のトリガーになっている言葉が多くなれば多くなる分だけ、話題になる可能性が高くなります。

(例)

SNSマーケティングのサクセスパートナー
(この場合は、サクセスパートナーの名前が出るのはSNSマーケティングの話題がある時のみ)

集客のサクセスパートナー
マーケティングのサクセスパートナー
SEOのサクセスパートナー
(この場合は、集客、マーケティング、SEOの話題が挙がった時に、サクセスパートナーの名前が出る。)

 

この場合は、それぞれのジャンルの豊富な情報をカテゴリーもしくはWebサイト単位に分ける必要性があります。基本的にシナジー効果の高いトリガーであれば、カテゴリーで分割し、一つのWebサイトにまとめます。

SNSで関連性の高いハッシュタグをつけてシェアをする。

サイテーションを獲得するためには、興味や関心の高い人にコンテンツの存在を知ってもらうことから始まります。

例えば、Twitterでは、ハッシュタグで検索し、そのワードに関連する最新の情報を検索されます。つまり、適切なハッシュタグとコメントをつけてコンテンツをシェアすることで、相性の良い人への認知度が高まります。

フェイスブック広告を活用する。

最近はあまり見なくなりましたが、フェイスブック広告でコンテンツをシェアすることは、ターゲティングしてコンテンツの存在を知らせることができます。

ソーシャルシグナル(いいね、シェアなど)は直接的なSEO効果はありませんが、初速のトラフィックの獲得にも繋がったり、マイクロインフルエンサー、ナノインフルエンサーの言及に繋がる可能性もあります。

結果として、サイテーションの獲得に繋がり、コンテンツSEOにプラスの効果を発生させる見込みもあります。

コンテンツSEOに取り組み長期的な集客力を手に入れる。

コンテンツSEOとは、不動産だと説明することがあります。

集客力のあるキーワードで上位表示されたコンテンツは書き換えも可能ですので、長期的な資産になります。(もちろん、内容を100%変えると全く別のコンテンツになりますので、順位が変わってしまいますので、文言やバナーを差し込んだり、ポップアップを有効にする方法が一般的です。)

コンテンツSEOの難易度はコンテンツの品質の向上、予算が豊富な企業の人海戦術で年々高騰しております。

ただし、着手しなければ検索エンジンからの集客が難しくなります。

コンテンツSEOを着手するのであれば、信頼できるプロのパートナーとの契約がおすすめですが、ツールを揃え、仕組みを学ぶことによって自力で実施することも可能です。

最後に今回紹介したコンテンツSEOに必要なツールの紹介とおすすめの参考書についてご紹介したいと思います。

コンテンツSEOにおすすめのツールおよび参考書

SE Ranking (おすすめ)

リーズナブルな総合SEOツールです。特に、競合調査ができるかできないかでSEOの効率性は天と地の差があるため、競合SEO/PPC調査が使えるだけで、SE Rankingを導入する意味があります。

サイト診断機能、検索順位チェック機能など、よく利用する機能が備わっています。
(被リンクエクスプローラーなどの一部の機能では、月ごとに調査件数に上限がある場合があります。)

詳しくはコチラ

検索順位チェックツールGRC

GRC

コンテンツSEOの改善作業には、順位を計測しリライトによりコンテンツに厚みを持たせることが有効です。GRCは、順位の計測ツールとしては王道で個人も手が出しやすいため、ブロガーなどにも導入されています。

詳しくはコチラ

Googleアナリティクスおよびサーチコンソール

Googleアナリティクスは、Webサイトへの流入やコンバージョンをチェックするためのツールです。

サーチコンソールは、Googleから見たWebサイトの評価をチェックするためのツールです。

どちらも無料で導入必須です。

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

西山 悠太朗, 小林 睦
3,278円(10/14 11:53時点)
発売日: 2018/07/26
Amazonの情報を掲載しています

コンテンツSEOの王道の参考書であり、仕組みや施策を細かに説明している書籍です。初心者向けではありませんが、初心者向けの本を読み、この本を読むことで、「こういうことなのか!」と理解していくと、積極的な施策を実践していくことができます。

コンテンツSEOを成功させるための手順

1.安定したレンタルサーバーとドメインを契約する。

Webサイトを閲覧する人の大半がスマホを活用しているため、スマホの回線でも十分に快適に表示されることが条件になります。それには、レンタルサーバー選びが関わってきます。

→ レンタルサーバーはSEOに影響を及ぼすのか?コンテンツ運用におすすめのレンタルサーバーとは?

2.WordPressテーマを選択する。

WordPressテーマは単なるデザインではなく、WordPressが吐き出すデータを制御したり、機能をつけてコンテンツが作成しやすい環境にしたりする役割を担っています。また、動的HTMLの構造も決定するため、コンテンツSEOの施策の成否を分けると言っても良いくらい重要です。

→ WordPressテーマのおすすめとは?用途別に最適なWordPressテーマを紹介

3.WordPressでSEOがしやすい設定を行う。

WordPressはSEOに強いと言われていますが、適切な設定をしない限り強くはなりません。WordPressをSEOに強くする設定をここで紹介します。

→ WordPressをSEOを強化するための12個の重要な設定方法

4.集客が可能なキーワードを選択する。

キーワードによって、集客できる見込み客の属性も人数も異なります。集客見込みのない検索ボリュームの少ないキーワードを狙っても意味がないため、コンテンツを作成する前にキーワードを調査する必要性があります。

→ 検索ボリュームをチェックする方法とは?

5.コンテンツを作成する。

品質の良いコンテンツを作成することが重要になります。パスカルなどを使って適切な量や構造のコンテンツを作成するのがいいでしょう。

→ この記事をチェックする。

6.順位をチェックし、リライトを実施する。

作成したコンテンツが狙ったキーワードでどのような検索順位になっているのかわからなければ、改善のしようがありません。そのため、GRCなどの検索チェックツールで順位の指標をとり、コンテンツを調整することが必要になります。

→ 検索順位チェックツールを導入する意味とおすすめのツールとは?



コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。サクセスパートナー代表。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗マーケティングツールの供給会社に就職し、顧客フォロー及び導入の支援業務に従事。その後、2009年にサクセスパートナーを設立し、数学的や生物学的なアプローチとマーケティングの知識を組み合わせたコンサルティングを提供開始。最近はコアな部分の評価や改善業務も実施することもあり、集客コンサルという言葉で言い表せないほど多岐に精通している。

-マーケティング, SEO
-, ,

[集客]に興味がある人
必携のメルマガ

集客WIKI以上の情報をメルマガで。
登録したメールアドレス宛に最新情報をお届け
いつでも解除は可能です
close-link
Click Me

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.