集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

マーケティング

マーケティングとは?簡単にいうと売れる仕組みの構築である。

更新日:

マーケティングと集客の違いがわからないと言われることが多いですが、でかい企業でもなければ、正直このあたりの違いは言葉遊びに終わってしまう可能性があるので、気にしなくてもいいと話をしています。

集客力向上に効果がある知っておくべき集客の思考と方法とは?を読んでいただければなんとなく勘の良い人はわかるのですが、ここでの集客の意味合いはマーケティングの領域にも足を踏み込んでいます。

ここでは、マーケティングの意味合いを説明しつつ、実は、集客が重要と言われていますが、集客では駄目でマーケティングのセンスを養うことこそが重要であることを提唱したいと思います。

マーケティングとは?

マーケティングと集客の違いは、実はものすごく明確で、集客は、広告などで顧客を集めること、顧客獲得の過程を言います。それに対して、マーケティングは、特定の市場に対して、売れる商品開発から始まり、その商品を顧客に提供するまでの過程で利益を最大化させる活動一式をマーケティングと言います。

極端に簡単にいえば、売れるものを作り、売れるように提供する販売網を作る。

マーケティング協会などで、難しめに説明されていますが、要はこういうことです。

集客は、マーケティングに内包されているものです。

集客の限界

集客無くして、ビジネスの発展はない。

この言葉は、まさしくその通りで、今現在成長している企業を見ると、強力なオウンドメディアを持っていたり、顧客リストを膨大に保有している企業が多いです。

ただし、集客には限界もあります。例えば、膨大な広告費をかけていても、その製品に需要が全くないというものがあります。例えば、十分に他者と差別化できていない製品やOEM商品の場合、全く中身が同じ製品が他にも存在します。

集客を頑張れば売れるかと言われると、商圏が分かれていれば売れるのですが、これを通販などで販売しようとした場合、オリジナルの製品も通販を行なっていて、Amazonなどで販売していれば、明らかに競合になりますし、価格競争で勝ち目がありません。

また、通販で商圏が大きくなれば、お客様が増加する楽観的な希望を持っている人もいます。当然ですが、同じ考えの同様の製品も多数存在しますので、競争が起こります。

名古屋限定まるや八丁味噌まんじゅう(15個入)

名古屋限定まるや八丁味噌まんじゅう(15個入)

648円(08/16 22:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

温泉街の定番といえば、みそまんじゅうですが、各地に存在し、通信販売を行えば、同じみそまんじゅうの土俵で戦うことになります。みそまんじゅうは、その地で食べるから価値のあるものですので、通販で売ろうという発想自体が間違っています。

マーケティングがここで必要になってくる。

売上に伸び悩んでいるお店には、集客の方法も教えますが、商品開発もおすすめする場合があります。

ぱっと見て、需要があるものというよりも自分が作りたいものを作っている印象があるからです。

本来ならば、購買者が欲しいと思っているものを作った方が良いことになります。理由も説明するまでもなく、最初から興味を持っていることになりますので、説明する必要もなく売れるからです。

そして、ここでいつも問題になるのが、みんな何が欲しいのかわからないということです。
これって、そこそこの企業に勤務している人やマーケティング系の会社に勤務している人からすれば信じられない話です。

商売は、需要を認識して初めて成立するのが大原則です。
でもね、ミラサポ経由で依頼するような家族経営の有限会社なんてみんなこんなものです。

この場合、簡単なアンケートを取るのも手です。
例えば、お菓子屋さんの場合なら、全国の有名なお菓子や人気のお菓子の紹介が、ネットを検索すれば無数に出てきます。その画像でパネルを作り、「どのお菓子を食べたい?」とでも貼っておけば、どのお菓子に既存客が興味を持っているのかわかります。
また、飲食店であれば、試作品を複数作り、限定商品として実際に販売してみれて反応を計測する方法もあります。

需要を見つけようとすれば、いくらでも見つけることができるのですが、これをやらないのでわからないという現象に陥っていることになります。

「今ある商品をどう売るのか?」も当然必要なんですが、「なんで、これだけやって駄目なのか?」「もっと楽に目標達成する方法はないのか?」を考えるのも重要な考え方の一つになります。

コーチを行う人が、集客コーチになっちゃう現象もありますが、これはニーズがそっちの方があるので、まあ、ある程度は仕方のないことだと思ってはいますが、贔屓目で見てもちょっとブラックジョークに見えてしまいます。

まとめ:マーケティングも意識しましょうね。

成長企業では、マーケティングの効率化がテーマになっています。例えば、広告の費用対効果を上げるためのウェブ接客システムや営業活動を移動なしで行うインサイドセールスシステムの仕組みの導入など、人件費を無駄にしない方向に向かっています。

方や、それ以外の企業は、一日中顧客巡りを行い、新規開拓に手が回らない状態になっているところも多いです。「忙しいからできない」という言葉は、労働生産性の効率化が十分に出来上がってからいうべきセリフになってきています。

マーケティングを意識し、どのように有利に立つかを追求することを考えることが今後ますます強く求められています。提案するコンサルタントにとっては提案先の企業のビジネスはどうせ他人事ですが、みなさんのビジネスは自分自身のことですので、真剣に考えましょうね。

 

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-マーケティング

今からスタートできるウェブ集客の仕組み

このコンテンツはもう読みましたか?
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.