初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

Nobilista(ノビリスタ)とは?使い方や機能と他ツールとの比較を掲載

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

SEOでは、記事コンテンツの順位を計測して、リライトを繰り返すことで順位を上げていくことができます。この時、順位を計測するツールが、検索順位チェックツールです。従来は、GRCのようなソフトウェアタイプが主流でしたが、現在はどの端末でもデータのチェックが可能なクラウド型が主流です。

今回紹介するNobilistaは、クラウド型の検索順位チェックツールです。導入費用も非常にお手頃であるため、ブログ集客に着手する企業や副収入がほしいアフィリエイターにおすすめです。

ノビリスタ

Nobilista

評価:

Google検索の記事コンテンツの順位をキーワード毎に管理。クラウド型の順位計測ツールであるため、どこでも現在の検索順位がわかり、リライトの指標になる。SEOツール。

目次

検索順位チェックツールがなぜ必要なのか?

SEO対策のプロセスには、記事コンテンツを追加し、公開した後の順位を計測しつつ、コンテンツをリライトすることが含まれます。また、順位の良い記事コンテンツでもGoogleのアルゴリズムのアップデートで、順位が低下することもあります。

そのため、狙っているキーワードを検索順位チェックツールに登録することで、検索順位の変動を把握しておく必要があります。継続的に計測することで、記事コンテンツごとのリライトの作業の必要性を把握します。

検索順位のステータス主な対応
検索順位がつかないリライトしても順位がつかなければ、そのキーワード以外の記事コンテンツのリライトを優先する。
検索順位がついているキーワードの検索結果を分析し、必要なコンテンツを記事に追加する。
アルゴリズムにより検索順位が低下した検索結果を分析し、コンテンツの構成を見直す。その後、リライトする。
内部リンクを見直す。

検索順位チェックツールがないと順位の良し悪しが一切わからないため、SEO対策そのものができません。

Nobilista(ノビリスタ)とは?

Nobilistaは、検索順位チェックツールに分類されるサービスです。月額990円〜の料金で150キーワードを計測することができます。格安で使うことができるので、アフィリエイターや自社のウェブサイトのSEO対策をしたい担当者向けに最適です。

Nobilista(ノビリスタ)の機能

機能詳細
キーワードレポート特定のキーワードでの検索順位を把握することができる。
順位の測定は、毎朝7時に自動更新される。
LPレポート
・グループレポート
LPレポートは、各URLでランクインしているキーワード数や平均順位を確認できる。
グループレポートは、グルーピングしたキーワードごとに平均順位を前日比で計測する。
競合比較レポート自分のウェブサイトと競合サイトの順位を比較できる。
共有URL・CSVダウンロード共有URL機能では、ログイン情報を教えることなく、データを第三者と共有ができる。
また、データをCSVでダウンロードして共有することができる。
リマインド・アラート機能順位の変動があった時に、アラートをメールで通知される。
優先URL機能(PLP)特定のキーワードに対して、意図したページがランクインしているかを判別する機能。
スマホ・タブレット対応Nobilistaはスマホやタブレットでもログイン情報があれば、どのデバイスでもチェック可能。
ダークモード対応目を疲れにくくするためのダークモードも利用できる。

Nobilista(ノビリスタ)の料金・プラン

2023年10月の情報

Nobilistaには、パーソナルプラン、ビジネスプラン、エンタープライズプランがあります。

パーソナルプランでは、3サイトまで登録することができます。登録キーワード数は150まで設定することができます。このキーワード数は、はじめたばかりのアフィリエイターや中小企業規模のウェブサイトを対策する上では十分な計測数です。

ビジネスプランでは、10サイトまで登録することができます。登録キーワード数は、200〜1000キーワードまで選択することができます。また、優先URL機能が使えるのもPLPからであり、SEOコンサルタントや複数のメディアを運用しているアフィリエイターにおすすめです。

エンタープライズプランは、条件を指定してカスタマイズすることができます。

Nobilista(ノビリスタ)と他のSEOツールの違いとは?

Nobilistaと人気のある検索順位チェックツールであるGRCや機能を含んでいるSEO分析ツールと比較します。

GRCなどのインストール型の検索順位チェックツールとの違い

SEOコンサルやアフィリエイターに愛用されているGRCはインストール型の検索順位チェックツールです。料金が同価格であるスタンダードプランとの比較をします。

GRCのスタンダードプランでは、キーワード数5,000語という膨大な数を計測することができますが、計測順位数は50位までとなっています。また、計測のタイミングもインストールしているパソコンを起動させ、任意のタイミングで計測する必要性があります。登録サイト数は5つまでです。

それに対して、Nobilistaのパーソナルプランでは、キーワード数は150語に制限されています。ただし、集計は自動で毎日集計されますし、計測順位数は、100位までとなっています。クラウド型であるため、複数の端末で順位の確認を取ることができます。登録サイト数は3つまでです。

NobilistaがGRCに比べて優れている点

  1. 自動集計なので、検索順位の変動を正確に把握できる。
  2. 検索順位が100位まで追うことができる。
  3. ソフトウェアのインストールが不要なので、どの端末でもデータを閲覧することができる。

NobilistaにGRC比べて劣る点

登録できるキーワード数が少ない。

現在はテーマを特化したメディアを作成するのが主流であるため、キーワード数よりも正確なデータが重宝されます。GRCはコスパが高いのが特徴ですが、SEOを日々の習慣にしているプロ向けのツールです。

Nobilista(ノビリスタ)とSE Rankingとの違い

Nobilista(ノビリスタ)は、検索順位チェックツールであり、SE Rankingは機能の中に順位チェック機能がついた総合SEOツールです。SE Rankingは、競合サイトの流入分析やキーワード分析など、キーワードを発見するところから使うツールです。

そのため、Nobilistaは、記事コンテンツを追加した後に行うSEO対策に特化していることに対して、SE RankingはSEO対策の全てに対応しています。そのため、NobilistaよりもSE Rankingは費用が高いです。しかし、他のSEO分析ツールに比べると格安であるため、Nobilistaの導入を考える時は、他のSEO対策の別のツールで補えるかで選択します。

Nobilista(ノビリスタ)の評価

Nobilistaのメリット

Nobilistaは990円から導入できるため、個人でも手が出しやすく、クラウド型であるため、どの端末でもデータを閲覧することができます。また、共有URL機能を使うことで、チームで分析結果を共有することができますので、情報のやり取りも円滑化することができます。

また、7日間の無料期間があります。この期間中はクレジットカードの登録なしでも利用することができ、どのような機能が使えるのかを体験することができます。

Nobilistaのデメリット

Nobilistaは、検索ボリュームなどの調査もできますが、キーワードの発見に特化した機能はついていません。そのため、記事コンテンツをリライトする以降のSEO対策を行うためのツールです。また、分析対象はGoogleのみであり、キーワード登録数が増えると、他の検索順位チェックツールの方がコスパが高くなることもあります。

Nobilista(ノビリスタ)の使い方とは?

Nobilista(ノビリスタ)を開きます。右上の「0円で始める」を選択します。

メールアドレスと希望のパスワードを入力します。もしくは、GmailではGoogleで認証することができます。

すると、ダッシュボードに移行します。新規ウェブサイト登録を行います。

①計測したいブログのドメインを入力する。
②ピックアップしたキーワードを入力する。

その後完了を選択すると、キーワードが登録されます。

Nobilista(ノビリスタ)では、リライトした度に、日時と文字数、タイトルなどをメモに残しておきます。これをすることでリライトがGoogle検索の順位にどのような影響を与えたのかがわかるようになります。

有料プランに移行する時は、サブスクリプション情報を選択して、有料プランに移行します。ここで、クレジットカードの情報を登録する必要性があります。

Nobilista(ノビリスタ)は初心者にも導入しやすいツール

Nobilista(ノビリスタ)は、単純な操作でみやすく順位の計測ができるため、アフィリエイトで稼ごうと思っているユーザーや自社のSEO対策をしたい担当者が導入しやすいツールです。

まずは、無料で試用してみて導入を検討するのが良いでしょう。

ノビリスタ

Nobilista

評価:

Google検索の記事コンテンツの順位をキーワード毎に管理。クラウド型の順位計測ツールであるため、どこでも現在の検索順位がわかり、リライトの指標になる。SEOツール。

その他のSEO関連のツール

SE Ranking

キーワードの発見からキーワードの計測まで行うことができる総合的なSEO分析ツールです。サイト診断やAIによるライティング機能もついているため、基本的なSEO対策は、SE Rankingで可能です。

ラッコキーワード

キーワードの発見を行うことができます。反面、キーワードごとの検索順位の変動をチェックすることができませんので、Nobilistaと一緒に使います。

Transcope(トランスコープ)

Transcopeは、ChatGPTのGPT-4を活用したAIライティングツールです。ChatGPTでは、Bing検索しかできないことやプロンプト(命令文)生成のハードルが非常に高いです。Transcopeは、Google検索や競合分析をした後に文章を生成するため、Google検索に強い記事をAIで生成することができます。

トランスコープ

Transcope

評価:

ChatGPTの最新APIであるGPT-4を使用したAIライティングツール。Google検索の結果を反映し、長文のコンテンツを出力。SEO向けのライティングを効率化することが可能。

本記事を読んだ方におすすめの関連記事

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次