080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

AKB総選挙の結果から学ぶ!親近感の作り方

投稿日:

今頃、AKB総選挙のネタを取り出すところが、おがたクオリティーです。

さてさて、みなさんはAKBの総選挙を見ましたでしょうか?
私は見ていません(爆)。どうせ、ニュースサイトで結果を見ることも出来ますし、Youtubeでダイジェスト版が見れますからね。わざわざリアルタイムで見るものじゃないと思ったまでです。

このネタを取り出したのは、毎度毎度面白い結果が見られるからですね。

今年の目玉はさしこではなく、、、松村香織でしょ。

昨年でしたら、さしこでした。

今年は最高視聴率を持っていったとはいえ、今や彼女も知名度が非常に高いからです。ある意味、トップグループの知名度争い、何回テレビに出たか?の勝負でしたので、驚きもクソもありませんでした。あれだけテレビに出て、ソロシングルまで出していれば、当然順位は上がるでしょう。

それよりも注目なのは、SKE最年長研究生の松村香織です。

ちなみにこの人。(写真の著作権:ske48.co.jp

総選挙はずっと圏外だったのですが、今回34位(9,030票)獲得したということです。

ここまで来た苦労ぶりも目をひくところですが、このランクアップにはGoogle+とYoutubeが貢献したとされています。

(勘違いして欲しくないのですが、Google+とYoutubeはあくまで手段であり、使えばいいというものではありません。)

その特徴として挙げられるのが以下の4つ。

・とにかく積極的利用。
・継続している。
・動画が普段見れないような角度のものなので、ファンにとっては面白い。
・他ではやっていない。<これが意外に重要です。 

昨年のさしこがアメブロを頑張っていて、話題を振りまいた時にも同じことが言えました。

接する頻度が大事:ザイオンス効果

積極的に利用し、継続することでその人の印象がだんだん良くなってきます。

AKB関連以外で言えば、スギちゃん。
最初うちの母親が「つまんない。」「何で面白いか分からない。」と断言していました。
今では、トーク番組でよく目にするようになり、人の良さを知り、そんなことは言わなくなりましたね。

これは、頻度を重ねれば重ねるほど好意的な印象を持つザイオンス効果に由来しています。

定期的な頻度で、継続して情報を配信することが重要なのは、こういうことで、
ザイオンス効果によって親近感を増させる為に必要な行為だからなんですよね。

・こまめにクライアントとコンタクトをとる。
・DMやチラシの配布を一つのエリアで複数回行う。
・ブログやメルマガは出来るだけ定期的に更新および配信を行う。

※ザイオンス効果について勘違いしている人もいるので、補足。
明らかに機会を侵害されていると感じることを何度も繰り返されたとしましょう。
それは立派なスパマーであり、迷惑をかける人であり、ストーカーです。
繰り返せば何でも好意的に見られるわけではありません。

顧客の為を徹底する。

接するネタは何でもいいというものではありません。
簡単にいうと顧客への愛が感じれないものは接するだけ無駄です。

−愛?分からない!語れって?それを私に言わすなよ〜。難しいですよ。愛は。(byおがた)

例えば、顧客の利益になる情報。または、思いやり。そして、楽しい想い出。
人それぞれだと思いますが、簡単に言えば、顧客にとってプラスになるものでなければいけません。

情報発信の基本ですよ!

「華が他のところよりもない、地味だ」という人が華のある人に勝つ為には、注目される為の努力があるんですよね。

よく「モノを売る時に、話題で勝負しろ!」と言いますが、話題も種がなければ生まれません。その話題の種が情報発信というわけです。

追伸:

お店のコンサルティングプランなのですが、
やはり都市部の人の方が興味をもっているようですね。

ちなみにホームページで攻めるマーケティングも行いますが、
そうじゃない部分のIT活用も進めていきます。

決断がはやい人の方が得をする。
あと3件でモニター募集は終了です。

 お店集客徹底パックはこちら

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.