集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

アメブロなど

アメブロからWordPressに記事を移す際の注意点

投稿日:2016年6月25日 更新日:

PCを操作する女性

アメブロに限ったことではないですが、アメブロからブログ記事を独自ドメインに移行する人が多いことかと思います。

その際に、「古い(アメーバ)ブログはどのようにしたらよいですか?」と聞かれますので、それにお答えしたいと思います。

アメブロのコンテンツの移行について

そもそもアメブロの場合、記事の吐き出しに対応していません。

そのために、外部ツールを利用します。

移行の方法については、以下のブログ記事で紹介されています。

簡単!アメブロからWordPressへの移行方法WPnavi

しかし、それ以前の問題で、アメブロの記事の移行については、よく考えたほうがよいです。

アメブロからのコンテンツ移行を考え直した方がよいケース

移行はコンテンツをコピーしたことに該当する。

Googleは、コンテンツはオリジナルで良質なものが望ましいとしています。

逆にいうと、コピーされたコンテンツもしくは低品質と捉えられるコンテンツは低評価することになります。

現に、WordPressで訪問数が観測できないページを削除していくと、クローラーがこれらのページをクロールしませんので、品質のよいページが再評価されやすくなることが確認されています。

コピーコンテンツにしないために、アメブロに書いた記事と同じテーマで記事全体を書き直すか、アメブロの記事を削除していくことが望ましいことになります。

アメブロの記事はそもそも低品質であるケースが多い。

アメブロで書いた記事をみていると、キーワードを意識せずにブログ記事を書いている場合が多く、そもそも移行するまでもない低品質なコンテンツであることが多いです。

これらの記事は移行することで、WordPress全体の評価に悪影響を及ぼす可能性がありますので、そもそも記事自体を移さない方がよいことになります。

アメブロからWordPressに移行する場合のおすすめ

アメブロは削除せずに残しておくことをおすすめします。というのも、読者登録などで閲覧していた人やブログを読んでいた既存客が、突然のブログ削除で迷子になる可能性があるからです。

通常は、ブログ削除の場合、301リダイレクトで新しいブログに自動で切り替える手段をとりますが、無料ブログではこの処理ができません。ですので、残しておくしかないのです。

アメブロの中で人気記事があるかと思いますので、その記事をメモ帳などのテキストエディタに保存してください。その後、記事を削除します。記事を削除して最低2週間待った後に、その記事のタイトルでGoogle検索をかけてください。該当の記事が見つからない場合は、WordPressにその記事を移しても大丈夫です。

この処置は、WordPressの記事のオリジナル性を保つためです。

また、アメブロのメニューボックスに、WordPressのリンクを貼り付けておきましょう。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-アメブロなど
-, , ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.