080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

アメブロなど

アメブロからWordPressに記事を移す際の注意点

投稿日:2016年6月25日 更新日:

PCを操作する女性

アメブロに限ったことではないですが、アメブロからブログ記事を独自ドメインに移行する人が多いことかと思います。

その際に、「古い(アメーバ)ブログはどのようにしたらよいですか?」と聞かれますので、それにお答えしたいと思います。

アメブロのコンテンツの移行について

そもそもアメブロの場合、記事の吐き出しに対応していません。

そのために、外部ツールを利用します。

移行の方法については、以下のブログ記事で紹介されています。

簡単!アメブロからWordPressへの移行方法WPnavi

しかし、それ以前の問題で、アメブロの記事の移行については、よく考えたほうがよいです。

アメブロからのコンテンツ移行を考え直した方がよいケース

移行はコンテンツをコピーしたことに該当する。

Googleは、コンテンツはオリジナルで良質なものが望ましいとしています。

逆にいうと、コピーされたコンテンツもしくは低品質と捉えられるコンテンツは低評価することになります。

現に、WordPressで訪問数が観測できないページを削除していくと、クローラーがこれらのページをクロールしませんので、品質のよいページが再評価されやすくなることが確認されています。

コピーコンテンツにしないために、アメブロに書いた記事と同じテーマで記事全体を書き直すか、アメブロの記事を削除していくことが望ましいことになります。

アメブロの記事はそもそも低品質であるケースが多い。

アメブロで書いた記事をみていると、キーワードを意識せずにブログ記事を書いている場合が多く、そもそも移行するまでもない低品質なコンテンツであることが多いです。

これらの記事は移行することで、WordPress全体の評価に悪影響を及ぼす可能性がありますので、そもそも記事自体を移さない方がよいことになります。

アメブロからWordPressに移行する場合のおすすめ

アメブロは削除せずに残しておくことをおすすめします。というのも、読者登録などで閲覧していた人やブログを読んでいた既存客が、突然のブログ削除で迷子になる可能性があるからです。

通常は、ブログ削除の場合、301リダイレクトで新しいブログに自動で切り替える手段をとりますが、無料ブログではこの処理ができません。ですので、残しておくしかないのです。

アメブロの中で人気記事があるかと思いますので、その記事をメモ帳などのテキストエディタに保存してください。その後、記事を削除します。記事を削除して最低2週間待った後に、その記事のタイトルでGoogle検索をかけてください。該当の記事が見つからない場合は、WordPressにその記事を移しても大丈夫です。

この処置は、WordPressの記事のオリジナル性を保つためです。

また、アメブロのメニューボックスに、WordPressのリンクを貼り付けておきましょう。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-アメブロなど
-, , ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.