集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

未分類

小さな企業にありがちなブログ運用の大きなあやまち

投稿日:

先日、日本でのマーケティングにだだすべりした本、「ペルソナの法則」をメルマガで紹介しました。

ペルソナと言いますと、以下のゲームです・・・。ちゃうちゃうw


たまには、こういったボケをかましますw。ペルソナというと、ターゲットに具体性を持たせ、マーケティングを具体的なものに仕上げる技術です。

小さな企業の場合、このペルソナも設定しているところも非常に少ないです。目的意識を明確にする有効な手段ですので、もし設定していない場合は設定することをおすすめします。

今回は、上記のペルソナのお話ではありません。ペルソナまではいかないですが、自分なりのターゲット像は持っているというところは多いと思います。これは、なんだかんだ言って、オンラインではSEOやPPC広告に取り組んでいるところが多く、オフラインでもチラシやCMを使っているので、触れる機会が多いからだと思います。

ではでは。ここで顧客の立場になってこの状態を検証してみましょう。

お医者様なんかが分かりやすいと思います。住んだことのない地域ではお医者様を探していくのに勇気がいるものです。例えば、「板橋区 内科」で調べると無数の個人医院がヒットします。お医者様の場合、保険が効きますので、価格競争はおきません。掲載されている情報にも大差ありません。最終的に選ぶ材料は・・・・「なんとなく他よりもよさそうだ。」という非論理な感情だったりします。

これは、ターゲット像には情報がリーチしているのに、選ばれなかったことを意味します。顧客の立場からすれば、自分が望んでいる医院ではなかったので、選ばなかったのです。

ソーシャル文化がすすむほど大事になってくる顧客からみた自分

ここで紹介したいのは、ターゲティングの方法としてのペルソナではなく、ブランディング・ポジショニングの方法としてのペルソナです。情報がリーチしても、選ばれなかったら本当に意味がありません。

特に、ソーシャルメディアは、専門的な情報だけではなく、文章のくせ、取り上げている話題、コメントからその人の性格をなんとなく伝えます。だからこそ、場合によっては、内容よりもこの見える性格の部分を重要視されることがあります。(ex.いい人そうなので、なんとなくいいね!した。シェアしたなど。)

感性豊かな女性にピンタレストが受け入れられる理由もここにあると思います。

専門的な用語ばっかり=>相談しても専門用語ばかりで分からないのでは?
宣伝ばかり=>守銭奴なのでは?
下ネタ=>えげつない。(これはわたしも思われているかもしれませんがw)

顧客からどのように見てもらいたいのか?理想像を具体化することは、情報提供の質をブラッシュアップする為にも必要なことなのです。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-未分類

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.