080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略 マーケティング

ブログはコンテンツの一部に過ぎない。

投稿日:

「全部ブログで書くべきだ。」「ブログは自分の成長の為に書くべきだ。」「人気ブログの有料メルマガはブームの過ぎた芸能人のディナーショーのようだ。」などという、なんとも固定的な考え方の記事がちょっと前に話題になっていました。

これは、それぞれのブログを書く目的によって違いますよね。ブログを書く人はみんながみんな自分の成長の為にブログを書いているわけではないからです。最近では企業が仕事でブログを書く機会が増えました。彼らがブログを書くのは、自分のコンテンツを販売する為であり、自己の成長の為に書いている訳ではありません。人気ブログの有料メルマガもこれと同じで、「有料メルマガ=コンテンツ」を販売して収益を増やそうとしていると考えれば何の違和感もありません。

ブログといっしょくたんにするから悪い。

"いじめ"と同じで、"ブログ"も多種多方面な使い方をされている影響で分かりづらい言葉に感じます。

個人が趣味や日々の記録を書き残すもの
広告収入を目的にして書くもの
コンテンツの販売を目的にするもの

これらは、同じブログですが、目的の違いから、導線も書く内容も異なります。 つまり、どれもブログなんですが、実際は別物なんです。

分かりやすく例えて言うならば、焼き肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きを肉料理と言っているようなものだと感じます。

そろそろ、ビジネス目的に書いているブログをコンテンツと呼んだ方がいいと思う。

ブログというと、「個人が趣味で書く」というイメージが強すぎて、ビジネスブログと言っても「何を書けばいいのか分からない。」という方が多い気がします。

ブログのイメージを切り離す為にも、ビジネスブログを「(無料)コンテンツ」と呼んでしまった方がいいと思うんですね。

コンテンツとは、文字通り「内容」を意味し、情報そのものを意味します。ブログはあくまでコンテンツを提供する手段に過ぎません。ビジネスでブログを書く本分は、コンテンツを伝えることであり、ブログを書くことではないのです。

方法論から本分に注目点を変えることで、「ブログだから何でも書けばいい。」という考えからは少なくとも脱却することはできます。コンテンツを伝えることこそが重要と考えるようになりますので、「動画」「ブログ」「メルマガ」といった媒体区分が『伝わればいい。』という考えにシフトしどうでもよくなるはずです。

ブロガーではなくコンテンツ作成者として、情報を発信している意識が、ネタ作りへの意識を高めるかも!?

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.