集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略 売上アップ

ブログを変える前にてこ入れすべき売上アップの5つのポイント

投稿日:

アメブロの商用利用に関する記述が話題になっていますね。

安全な運営を図る為にブログを変えようとする方も増えると思います。

「どうせ変えるならば、売上アップにつながるようなブログに!」

と誰しもが考えるはずです。そんな方の為に、今回は売上につなげるヒントをお届けしたいと思います。

ビジネスモデル:どの部分で売上を上げるか?

売上が上がるということは、売上がたつポイントがブログの中になければなりません。

「アフィリエイトを行う」「コンテンツの販売を行う(コンテンツ販売ページに誘導)」「商品を販売する(ネットショップに誘導)」「来店してもらう(来店オファーの提供)」などが挙げられます。

テーマ:商品が与える価値

ただ自分の好きなようにブログを更新して売上アップするのでしたら、今頃広告関係の業者は絶滅しています。

ブログのテーマは、商品の購入につながるものでなければ意味がありません。

商品の購入につながるテーマとは何か?
それは、その商品が解決することができる人の悩みです。

「悩みを抱えている>その商品を使う>悩みが改善される。」

この流れが最も商品を購入するものでは自然なものです。

ならば、この流れに沿ってしまえば良いということになります。

内容:価値を理解し、信用する為には?

そして、ブログに実際に書く題材は、読者が価値を理解できる題材でなければなりません。

商品の価値とは?
簡単に言えば、人が商品を使った後に手にすることが出来る姿です。

例えば、ダイエットに効くお茶でダイエットが出来なければ、商品としては価値がないということになります。

また、「このお茶はダイエットに効きます。」と言われただけでは誰も購入しません。事実が分からないため、怪しいからです。

それらを証明するのが、「服用することでダイエットに成功した」という今までの実績です。

よく、ビフォーアフター写真が掲載されていますが、それは価値を証明するコンテンツだからです。

また、「なぜ、その商品がダイエットに効くのか?(Why)」「その他の効能」「他社製品とどう違うのか?」というような商品の情報の他に、読者の悩みを解決するコンテンツ(ダイエットならば、その他の健康情報、しみ、シワなどの美容の情報)も見込客を集めるコンテンツになります。

一生懸命、フェイスブックやツイッターなどの情報を発信してもこのダイエットに効くお茶が売れることはありません。(ノ△・。)

書き方:1つの記事で伝えることは1つ

よく、複数のトピックを1つの記事に詰め込もうとする方を見かけますが、読み手にとって分かりづらい記事になるだけですし、書き手としても更新する時間をやたらに食うだけです。

1つの記事で伝えることは1つとし、スマートにまとめるのが理想です。

長めになるのでしたら、起承転結の句ごとに見出しを作ることでスマートにすることが出来ます。

オファーをつける

インターネットで、「いいな!」と思う商品でも購入を躊躇う場合がありますよね。

人的販売の場合は、一押しを簡単にすることができるのですが、ネットの場合はそれができません。

一押しをする為に必要なのが、オファー(おまけ)です。

オファーが魅力的であればあるほど、商品の価格に正当性を感じ、購入されやすくなります。

この程度のことだからすぐにてこ入れ出来るでしょう。

読んだ方は、はっとすると思うかもしれませんが、難しいことは何1つ言っていないからです。

SEO、LPO、タイトルの書き方、キャッチコピー、魅力的な文章を書くコピーライティングetc。

確かにどれも重要ですが、これらはテクニックです。これらを実践する為にブログを書く訳ではないんです。テクニックに走り、書けなくなるよりは、核であるコンテンツを書きためた方が、何百倍もマシなんです。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, 売上アップ
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.