集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

ブログ集客

パワーブロガーとは?パワーブログを作って影響力を高める方法

更新日:

ジュース

私がアメブロをやっていた2009年以前は、アメブロが全盛期で、この時、パワーブロガーと言う言葉が流行っていました。パワーブロガーという言葉は、当時の影響力のあるブログのMVPに栄冠を与えるアルファブロガーのパクり程度にしか思っておらず、今でもそう思っています。

当時のこの界隈のキラキラ系のどんちゃん騒ぎや見たことのない人がブロガーの成功者として登壇するパーティーが頻繁に行われていましたので、抵抗感がはんぱなかったです。

「ブログは関係ねえだろ。」

結局、当時から乱立しており、今はツイッターに主戦場にしている家元制のビジネスの一つにすぎないんですよね。

やり方が違えば、また変わってくると思うのですが、キラキラ系を対象にしたビジネスは、家元制が一番効率がいいので、仕方ないとも思っています。

パワーブロガーの意味も変化してきた?

そもそもパワーブロガーとは、ブログを情報発信のツールに使ったインフルエンサーをさします。
アメブロのブロガーを指すわけではありません。海外では、有名ブロガーをまとめてパワーブロガーと表現します。

例えば、特定の分野で影響力のあるという意味では、アンジャッシュの渡部健さんのブログ、海外SEOブログの鈴木さんやふぉーりんデブのはっしーさんがそれにあたります。

そのブログをみると、人々の消費行動に影響を及ぼすブログが、パワーブログに該当します。

また、人気Youtuberにも言えることなのですが、Youtubeに限らず、ツイッターやインスタグラムでも影響力がある場合が多く、パワーブロガーもブログだけではなく、あらゆる媒体で影響力を発揮している人であるので、単純にこれらの人々のことをインフルエンサーと表現するのが一番しっくりきます。

これらのパワーブロガー(インフルエンサー)の媒体の特徴は、特定のカテゴリーに関しての権威性を持つということです。「この分野であれば、あの人のブログを読めば解決できる」といった一種の専門家としてのブランド力、表現をするのであれば、カテゴリーマスターであることが特徴としてあげられます。

(当然ブロガーは、個人の称号ですので、オウンドメディアの場合は、これに該当しないということになります。)

パワーブログを作る方法

影響力のあるブログを作る過程は、オーソリティー(権威、第一人者ブランド)をとってブログ集客を実施する方法と同じですので、「ブログ集客の手順や成功のコツとは?」を参考にしてください。

特定の分野を極める。

特定の分野で一位の権威性を発揮しなければ、そもそもパワーブログの要件を満たしません。

そのため、誰にも負けることのない分野を設定し、その分野の質の高い情報を量で発信する必要性があります。

当然ですが、競争相手があまりにも多い分野では、強豪のブロガーがひしめいていますので、そこで勝負をするのは妥当とは言えません。競争相手が少なくともニーズのある分野でトップをとることが重要ですので、世の中の流れやイノベーション(技術革新)には常に目を光らせておくべきです。

また、好きではありませんが、情報弱者の多いジャンルがあります。後述するマーケティング次第では、そのジャンルでブログを書き、情報弱者に対して影響力を発揮する方法もあるでしょう。

マーケティングを先に考える。

例えば、SEOでは、家元制のようなビジネスモデルには向いていません。

ブログの書き方、儲け方をSEOでマーケティングを実施すると、すぐにそちらの専門家からその情報の真偽が見抜かれてしまいます。

家元制のビジネスの特徴は、基本的にはプロを相手にしません。
初心者と言ってしまえば優しく聞こえるのですが、儲けたい、生活を楽にしたいと漠然と思っている程度の人を対象にします。

こう言った層の人は、検索エンジンで検索するということはせず、たくさんの人に賞賛されている名声や権威に対して耳を傾けます。

協力的な成功者に賞賛を受けることで、権威と名声を作り、注目を集める方法を使った方がマーケティングが効率的だとされています。

最近、この手の家元制の主戦場は、実はSNSを好みますので、アメブロ、フェイスブック、ツイッターに見かけるのはこのせいだと言えます。

ブログはワードプレスを使うのが良い?

芸能人や有名モデルなど知名度を活かせる場合は、正直なんのブログを使っていても関係ありません。集客の方法が検索エンジンに頼る必要性がないからです。

知名度のない私たちにとっては、SEOが手っ取り早い集客方法の一つですし、一番手堅く安定する集客方法となります。

こうなってくると、SEOで結果を出すことができない無料ブログは使わない方がいいわけで、ワードプレスを選択するのが良いでしょう。

ちなみに、これは、ワードプレスがSEOに強いと言っているわけではありません。

多くの開発者が、SEOに特化したカスタマイズを可能にするテーマやプラグインをリリースしているからであり、カスタマイズすることが大前提となります。

また、実際の集客力を発揮するのは、コンテンツ、つまり記事です。記事の品質が低いと何記事書いても集客をすることは不可能です。

関連記事WordPressをSEOに強くするための設定方法

ちなみに、同一ドメインの記事が一つのキーワードに表示される件数の制限を施されているということがグーグルの過去にありました。現在は解消されています。これは、アメブロで例えば先に「集客」というキーワードで表示されているブログがあっても、同じキーワードを狙えるということがありますが、現在のグーグルは専門性の高さまで見ている傾向にありますので、無料ブログでそれが起こるのは現実的ではないと見なすことができます。

関連記事アメブロ集客は、なぜ集客方法としては駄目なのか?また、活用できる場合は?

SEOを考慮した専門的なブログを作る。

コンテンツ作りを実施します。コンテンツ作りは、闇雲に行うものではありません。

また、記事の文字数を増やしたり、タイトルにキーワードを差し込むだけがSEOなのかと言われたら、絶対にそんなことはなく、中途半端な知識は、ブログ集客をよりわからなくするだけですので、捨てた方がいいです。相談を受けて話を聞いていると、今教えられていることが、ひと昔のものだったということはよくあるお話です。

下記の本は、様々なブログ集客の達人が勧めている電子書籍です。

また、内容は初心者には難解ですが、この知識を持った人が、パワーブログを作っていると考えると手元においておくことが必要になります。

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

現場のプロから学ぶ SEO技術バイブル(特典PDF付き)

西山 悠太朗, 小林 睦
3,218円(09/22 15:01時点)
発売日: 2018/07/26
Amazonの情報を掲載しています

個のブランド形成を実施する。

パーソナルブランディングというと、何かインチキ臭い匂いがしますが、要は、その人のカラーを複数の人に植え付けることです。

発信する情報の専門性はもちろん、その人の人となり、感性までもがパーソナルブランドを作る要素になります。

自由に生きていこう、きっと誰でもできますよ、難しいところもありますが、その先に何かが待っていますよ、これで私の月収は7桁ですなど、成功者ブランドであり、優しいものほど人を集める力があります。(有名インフルエンサーが借金をする大きな理由の一つです。)

文章だけではなく、オリジナルの画像などもパーソナルブランドの構築に影響を与えます。

パーソナルブランディングはどのように行うのか?痛々しいセルフブランディングを避ける技術とは?

自分1人、1日でできる パーソナルブランディング (DOBOOKS)

自分1人、1日でできる パーソナルブランディング (DOBOOKS)

草間 淳哉
1,620円(09/23 01:47時点)
発売日: 2018/02/14
Amazonの情報を掲載しています

リードの獲得も忘れずに実施。

理想は何も働きかけなくても情報を見続けてもらうことですが、自由意思に任せては影響力を高めることができないとされています。アンジャッシュの渡部さんを考えればわかりやすいのですが、テレビであれだけ料理のことを語っています。基本的に、渡部さんの対象の人は、テレビの視聴者ですので、ブログだけでなく、継続的に情報の発信をしていることがブランド構築に貢献していると見ることができます。

パワーブロガーはテレビタレントではありませんので、継続的に接点を作るための効果的なツールは、メルマガが一番です。世界的に見ても、情報の収集方法がメルマガに回帰していますので、効率的にメルマガを集める仕組み構築をブログに組み込むことをおすすめしています。

使用するメルマガは、アスメルがもっともコスパが高いと思います。配信数の制限もありませんし、シナリオの制限もありません。シナリオ数が多い方がいい理由は、例えば、カレーとラーメンで好きな食べ物が分かれると思うのですが、メルマガの登録でも同じ現象が見られるからです。複数のプログラムの中からランダムに見せて、好かれるプログラムを見つける方法をマーケティングではABテストというのですが、このテストを実施することができます。 

また、効率的にリードを集める方法は、現在の長文化している中では、記事下よりもポップアップが有効です。ポップアップは使い方を間違えるとSEOの不利になる要因でもありますので、利用する場合は、モバイル環境時の表示割合が低いもの(記事を埋め尽くさないもの)を選択してください。(Exit-intent Popupは効果があるのか?WordPressでの実装方法を解説

パワーブロガーである指標は?

どの程度からパワーブロガーなのかは、目に見える影響力だけではなく、周囲のバックアップ環境も実際は関わってくるところがありますので、一概に言えません。例えば、事務所などのバックアップがある場合は、ない人よりも影響力を作りやすいのはなんとなく理解できるところだと思います。

一般的に、例えば、代理店が、そのブロガーに仕事を依頼する際に、どの数値を元に依頼するのかで考えるのがいいと思います。

PV(ページビュー数)

PVは、広告価値を単純採点する際に使われる指標です。

ブロガーが、PVにこだわっている理由は、自分のブログは広告価値があることをアピールしているためであり、収益源がアドセンスやアフィリエイトの場合は、PVが高い方が良いとされています。

パワーブログである評価は、ジャンルごとに違っていますので、一概には言えません。月間10万PVは個人ブログでも作れますので、そのくらいを目処にするのがいいでしょう。

よく言われているような、1万PV〜3万PVでは正直にいうと、ミニサイトの範囲のPVですので、パワーブロガーのブログというものには完全に物足りない世界です。

リード数

Youtubeでいうと、チャンネル登録者数に当たります。

リード数が多ければ多いほど、影響力が高いことは明らかです。

旅行系、飲食店紹介系のブロガーの場合は、インスタグラムの登録者件数でみるのもいいです。

特定ジャンルのキーワード上位専有率

実は大したPVがなくても広告をお願いされるケースがあります。

それは、特定のジャンルに強いウェブサイトを運営している場合、そのジャンルで新記事を書くと他のウェブサイトよりも有利になるという傾向があります。これは、E-A-Tの中のオーソリティーが高い状態になっているためであり、なんの資源を持ってない企業にとって、記事を書いてもらうこと自体がプラスに働くからと言っても良いでしょう。

そのため、パワーブロガーを目指すのであれば、SEOよりも人柄を磨こうというのは、半分正しくも、半分間違っています。正しくは、SEOも人柄も磨かないとパワーブログ自体が今後は成立しません。

まとめ

パワーブログ自体は、タイミングがありますが、いつでも作り上げることができます。なぜなら、人気産業ですので、どのジャンルでも新陳代謝が起こるからです。

現在のパワーブロガーは、グーグルが設定するコンテンツの品質のインフレとともに、新しい情報を探す人の情報のニーズのインフレも起こっていますので、ウェブマーケティングの学習も合わせて実施する必要があります。

最近のパワーブロガーは、ウェブコンサルタントの副業(もしくは本業)、芸能人の副業である場合が多く、なんの知識もなしに挑むものではなくなっているからです。

パワーブロガーになるということは、そのジャンルでトップをとるということです。品質の低い記事を書き続けたり、毎日ブログを1記事書くことを意識するのでは、周囲に足並みを揃えているだけですので、生活費を差し引いた給料をそれにぶっこんでもいいくらいの覚悟が必要です。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-ブログ集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.