集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

ブログ集客

改めて確認する!お店のブログはアメブロではダメな理由

投稿日:2013年5月16日 更新日:

ジュースブログに関するお話をちょっとだけ前回の記事で触れました。まだ読んでいない人は以下の記事を読んでから、この記事を読んでみてください。

お店で一番成果を上げやすいウェブ集客ツールは?

この記事の評判が非常によく、各所からご紹介頂き、「ナチュラルリンクが美味しい!」と叫んだかは内緒にすることとしまして、ふと思ったことがありました。

それは、「ブログはやっぱり、ワードプレスの方がいい。じゃないや。アメブロとかFC2はダメだ。」ということです。

なぜ、今まで良いと言われていたアメブロではダメなのか?ー今回は、その具体的な根拠についてご説明させて頂きます。

アメブロと自社ブログの違い

まずは、ここを知らなければなりません。アメブロなどの無料で使えるブログは、慈善事業でブログサービスを提供しているわけではありません。具体的には、自社が契約した広告の表示や自社サイトのSEOを行い、露出を増やすことが目的です。ですので、運営会社の都合の良い形式で運営し、その方針から外れたいユーザーに対しては、プロプラン(有償プラン)などを提供することが一般的です。

それに対して、自分で運用するワードプレスなどのシステムを用いた自社ブログは、完全に自社の為に運営することができます。具体的には、広告の表示も自分の好きなようにすることもできますし、ドメインも自社サイトと同じものを用いることによって、自社の為だけのSEOを行うことができます。

ここで、着目して欲しい違いは、ドメインと運営の意図です。

検索結果では同一ドメインのページが表示されづらい

ちょっと難しいお話になりますが、できるだけ言葉を選んでご説明をします。

ドメインというのは、ameblo.jp のようなそのウェブサイトの所属を表しているようなものです。アメブロの場合は、ameblo.jp/○○○(○○○にIDが入る)という形で振り分けられます。

ここに大きな問題があります。ameblo.jpは確かに強い力を持ったドメインではありますが、日本の検索を支配しているGoogleの仕様では、「1つの検索結果では、同一のドメインのページが表示されづらい」というものがあります。1つの検索結果に対して、1ページに表示される同じドメインに所属しているページはほぼほぼ複数表示されません。

アメブロの場合、キーワードにameblo.jpやアメブロといったワードを含めない限り、この仕様がほぼ100%適用されており、1つのブログが上位表示されている場合、必然的に他のブログは、上位表示はできないようになっています。

一つのブログしか上位に表示されてない。

つまり、既に上位表示されているアメブロがあれば、それより上にいくことは難しいということです。

広告だらけで離脱し放題のデザイン

アメブロは、パソコン対応のデザインはある程度いじることができますが、スマートフォンのデザインはいじることができません。

上述の通り、ブログの運営は慈善事業で行われているわけではありません。無料でブログサービスを提供するかわりに、一番いい位置を広告スペースに提供してもらい、コンテンツを増やしてもらっているのです。

アメブロの場合は、芸能人ブログや他の自社サービスへの誘導をメインで行っているようです。

アメブロの記事下(一番いいところ)

何の為にブログを更新しているのかを考えれば、これだけ自分の収入にならない広告が表示されることは望ましくはありません。

総評

勿論、どうしても無料ブログを使いたいという人は止めません。”アメブロが良い”と未だに言っているコンサルタントもいらっしゃいます。(聞いたり、発信されている情報をみると根拠がかなり薄く感じるものがほとんどですが・・・)

少なくとも、不利になるかもしれない理由がこれだけ明確です。月々の500円くらいのコストはかけても贅沢だとは思いませんよ。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-ブログ集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.