080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

アフィリエイト収入目的のブログと店舗集客目的のブログでは運用が異なる。

投稿日:

JQ167_72A

サクセスパートナーの小形です。

世の中には、ブログの運用方法を記したブログは無数にあります。

ごっちゃごちゃになりがちなのですが、これらの指し示す「ブログ」は、2種類に分かれます。

1.広告収入を目的にしたブログ
2.店舗・自社集客目的のブログ

これら2種類のブログでは、運用方法が異なります。

1.広告収入を目的にしたブログ

アフィリエイトやアドセンスで収益を得ることを目的にしたブログでは、最も重要なのがページビュー数です。ページビュー数が多ければ多いほど、比例して収益が増えるとされているからです。

ページビュー数を稼げばいいので、特定のジャンルというよりも、人気のあるもの、その時のホットワード(俗に言われる急上昇ワードのこと)を狙い、記事をたくさん書きます。

後述するのですが、自社集客目的のブログとは違い、離脱よりもアクセスされることが圧倒的に重要ですので、同じ種類のブログとアクセスを交換したりします。まとめサイトで他のブログの記事にリンクを貼っているのを見ると思いますが、あれは新記事同士でアクセスを交換する相互rssという仕組なのです。

[note]前にアメブロ界隈で、なんちゃって相互rssのi2iアクセスランキングが流行りましたが、アクセスの少ないブログがこんなもの導入しても全く意味がありません。アクセス数を保有していなければ、リンク先のランキングに上位表示されない為、微々たるアクセスしか獲得できないからです。[/note]

2.店舗・自社集客目的のブログ

自社集客目的のブログは、自社の事業の集客および売上アップにつなげることが目的である為に、見込客を集めることが重要になります。つまり、膨大なページビュー数は必要ありません。

見込客を集める為の記事は、人気があるジャンルを選べるわけではなく、自社商品やサービスに関連するジャンルやキーワードを選びます。

また、最終的な目的は、商品の販売ページ、サービスの詳細ページ、メルマガへの登録フォームであり、広告目的のブログのようにページビュー数を増やす為に、記事を巡回した後に離脱しても良いわけではありません。離脱部分を減らし、誘導するように記事を構築します。

[note]ブログはワードプレスなどで構築した方が良いと言っているのは、無料ブログではいい場所に各種ブログサービス提供元の広告が表示されてしまう為、離脱をコントロールできないからです。この広告が、みなさんのブログの利用料になるわけですが、どうせ頑張るのならば、自分に利が全て来るようにした方がやる気も出ますよね?[/note]

ちなみに・・・

このブログは、後者の設計で行っています。が、実は、デバイスごとに目的を変えております。

例えば、スマホの場合。この手のサービスに「スマホから見ましたー。申し込みます!」は正直考えづらいです。ですので、スマホ用のテーマでは、フッターにメルマガフォームとアドセンス広告を差し込んでいます。

まあ、この辺の策略は、ここの事情もあると思います。月々500円程度の経費も支払いたくないというところもありますよ。正直、信じがたいですが。

目的をもってブログを運用しなければ、運用に関する情報に泣かされますよ。

▼▼フェイスブックの成功法則が固まってきましたので、3通のメールにまとめました。メール講座への登録は以下のフォームからよろしくお願い致します。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.