営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

ボトラッテの期間限定テーマカフェながラッテCafeにいってきました!#bottlatte

投稿日:

マーケティングプロデューサーの小形です。

本当にたまたまなのですが、表参道の方に行く用事ができ、その途中で昨日ちょうどオープンの雪印メグミルクから発売される商品「ボトラッテ」のテーマカフェ「ながラッテカフェ」に立ち寄れました。

残念ながら全部を見るほど時間がなかったので、隅々まで見渡して写真をとってきたわけでもありません。

興味深いと思ったところのみをシェアしますね。

最近大注目の期間限定カフェ

ソーシャルゲームやアニメのファンが集まったり、情報を交換するために期間限定でカフェを開くというのが、昨年からちらほら見られるようになっていました。一種の話題作りを兼ねた目論見があるのでしょう。外野から見ている感じでは、どこも好調なようで何回も開催され、そのたびに主にツイッターで行ってきた報告をちらほら見ます。

写真ウェルカムでSNSに投稿を誘発。他人に宣伝してもらう手法

「うまいなー」と思ったのが、試飲する1階スペースにオダギリジョーの写真撮影用のパネルがあったことですね。

ここに来場した人は、基本みんな試飲をしているため、飲んでいる最中は周囲を見渡します。オダギリジョーのパネルを設置することで、写真撮影を誘発。当然撮影した写真は高い確率でツイッター、フェイスブックやインスタでシェアされることが見込まれます。

こうすることで、自分がせっせとSNSを更新するのではなく、他人が名前を拡散してくれます。情報伝達力も段違いに高くなりますし、何より自分が楽ですね。

1531551_1120673654620557_2878232392171430348_n-1

ちなみにうちの嫁です。

ただし、残念だと思ったことも。

せっかくの期間限定イベントがその後のアクションの呼び水としてうまく機能してないのではないかと思われます。

なぜ、ツイッターのハッシュタグを作り、「面白い写真投稿者には、ボトラッテ1ヶ月分プレゼント」などのキャンペーンを併行して開催しなかったのか?ハッシュタグや商品名で検索してみると画像の投稿数自体がイマイチな結果になっています。

また、現在確認したところ、ボトラッテの公式ツイッターのフォロワーはたったの25人(うち半数はbot)です。

コンサルをしている企業には、「最も力を入れている情報伝達の手段に登録してもらう手立てを作れ」と言っているのは、情報伝達をスムーズにする目的と情報拡散(話)のタネにしてもらう目的があります。

こんな一等地で期間限定カフェを1ヶ月行い、バイトも何人も使っていて、もったいないなーと思っちゃいましたね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.