集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略 マーケティング

押さえておきたい!ブランディングとコンテンツマーケティングの関係性

投稿日:

コンテンツマーケティングを行う上で、是非押さえておきたいことがあります。それは、ブランディングとの関係性です。これは、前回紹介しました、企業としての影響力をつけることとほぼ同義になります。

ブランディングと言いますと、「ブランディングね!大事だよね・・・」と認識している方はほとんどだと思います。その一方で、「実はさ、ブランディングが大事なのは分かるんですが、ブランディングってよく分からないんだよね!」と答える方も実は大半なのではないかと思われます。

本日は、ブランディングとコンテンツマーケティングの可能性について、アメリカで大人気のセールス系のブログcopybloggerの「Why Content Marketing is the New Branding」の内容を織り交ぜてお話したいと思います。

ブランディングとは何か?

ブランディングとは、飼っている牛に焼き印を押すことに語源があります。ですので、焼き付けることがブランディングにあたります。ですが、ここで疑問に残るのは、「何を焼き付けるか?」です。

copybloggerによりますと、ブランディングは、社名やスローガン、ロゴではなく、"知覚的なもの"としています。そして、"約束"であり、"経験上から生まれる期待"だとしています。

例えば、Volvoと言えば、安全性を意味します。また、Ciscoと言えば、BtoBの人脈を作る際立った存在です。また、赤十字と言えば、非営利団体の先駆的な存在です。

Volvo Amazon

このようなブランドが生まれたのは、ロゴからではありません。Volvoの場合は、年がら年中行われている衝突テストのデータによって改善されていることから生まれています。

ブランドは、第三者によって評価・検証されたコンテンツがまた更に第三者に伝えられることで構築していきます。volvoは他人に語られることによって、”安全性”を意味するブランドを焼き付けることに成功しました。更に、広告を出すことで確固たるブランド力を手に入れました。

増加するユーザー発信のコンテンツ

GoogleのCEOであるEric S.は以下のような名言を過去に語っています。

文明の夜明けから2003年までに作られた情報と同じ量のものが現在では2日で作られている。

それだけ今日のウェブでは、新たな情報が急速に追加されていることになります。これらの情報は、ユーザーが発信しているものが大半です。

日本では、食べログや価格ドットコム、Amazonレビューなどのレビューサイト。更には、個人のブログ、Twitter、Facebook、2ちゃんねるなどのソーシャルメディアとそれに付随するまとめサイトがあり、そこでは活発に情報が毎日追加されているわけです。

そこでブランディングを図る為、マーケティング担当者のやるべき仕事は、「どのようにして、ユーザーに自分のことを話させるのか?」ということになります。

では、どのようにすればユーザーは自分のことを語ってくれるのか?

TwitterやFacebookでフォロワーを増やしてコミュニケーションをすればいい?

それよりも、効果的なことがあります。

ブランディングとコンテンツマーケティング

ブランディングは、自社ではない他人が情報を伝えることで行われます。ここでの他人というのは、その商品、サービスを使っているユーザーのことを意味します。

他人から他人に情報が受け渡される・・・。つまり、商品やサービスに関する情報が話題として成立すれば、ブランディングは成立しやすくなります。

今現在は、TwitterやFacebookで情報がシェアされる時代です。だからこそ、話題としてシェアできるコンテンツが重要になっているのです。

以下のインフォグラフィックは、PRWEBが作成したものです。このインフォグラフィックを見ることで、コンテンツのバリエーションを理解することができます。

何も、コンテンツ=ブログだけではありません。

Why Content Marketing is the New Branding - Infographic
Like this infographic? Get more content marketing tips from Copyblogger

コンテンツの選考基準は、”シェアされる可能性が最も高い”ということです。それには、顧客のことを知り、顧客にとって最も価値のあることを理解することが必要です。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.