集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

WEB戦略

ビジネスブログは甘口、辛口どちらがいいの?

更新日:

先ほどクライアントとお話をさせて頂いている時に、「小形さんのブログは辛口ですよねー。」と言われてしまいました。「そ・・・そんなつもりは・・・・・ありますよ(  ̄Д ̄)」と答えたのかは、さておきまして。ブログのキャラ付け(どの程度はっきり書いていいのか?)について悩んでいる方が多いようです。これに関して、私は以下のような考え方を持っています。

ポイントは、一人のクライアントにかける手間(時間)

「なんで、そんなことが関係するの?」−そう思われるかもしれませんが、手間ひまがかかる業種の場合、顧客との関係性が良いことが最も重要になります。これは、友人関係になるということではなく、クライアントがサービスや契約内容に勘違いを起こしていないということが当てはまります。「こんなつもりで発注したんじゃない!」「私は絶対こうなると思ったから仕事を発注したんだ!」などのトラブルの元がない状態の関係性になるということです。

書面で事前に擦り合わせをすることが、この勘違いを防ぐ為の方法です。ですが、自分の立場になって考えて頂きたいのですが、欲しくて欲しくてたまらない商品があった時に、契約書や注意書きをしっかり読むでしょうか?読むのが普通です。ですが、読まないと言う人もかなり多いと思います。もしくは、その場では納得したけれども、契約の内容を忘れてしまったということもあると思います。これは、書面上では同意したけれども、実際は納得していないことと同義になりかねないことを意味します。

このような契約を回避する為にも、クロージング(擦り合わせ)に入る前に、できる限りのフィルタリングを行わなければなりません。特に、私のように同時契約件数を増やせないコンサルタントの場合は、致命傷を受けない為の自衛手段なのです。

そのフィルタリングの一つが、ブログの「はっきりと真実を書くか?(辛口)」と「やさしく、差し障りもないように書くか?(甘口)」なのです。

甘口=「人は集まる。しかし、トラブルは抱えやすい」

甘口で書く事は、いわゆる敵を作らないというやり方だと思います。読み手のやる気をふるいただせ、マイナスになることは書かないか、オブラートに包む書き方で、いわゆる情報商材屋さんのブログがこれです。一人に時間がかからない契約数勝負のビジネスモデルの場合は甘口になります。

欲しいと思った人をフィルタリングせずに集めてしまいます。だからこそ、トラブルにもなりやすく、情報商材の場合は、4年前のデータで718件の被害相談がなされています。ソーシャルメディアが発達した現在は、この比ではないことが容易に想定されます。

辛口=「自分を理解させる。フィルターをかけて、極力トラブルを減らす」

甘口に対し、辛口は敵を作っても、分かる人の共感を誘うやり方だと思います。メリットとデメリットを正直に伝え、思っていることをはっきり記すやり方です。一人に時間をかける必要があり、同時契約数の少ないビジネスモデルの場合は、あらゆるクライアントを引き受けていたら破綻してしまいます。

辛口ではっきり書く事で、好き嫌いを作ってしまいます。しかし、そもそも私のようなコンサルの場合、はっきり言うのが仕事の一部であり、はっきり言われるのが嫌な人をクライアントにしてしまえば、仕事の進捗に差し支えてしまいますし、トラブルの火種になってしまう訳です。

選択は自己責任で!

ブログを書くならば辛口を選択することをお勧めしたいのですが、現在の顧客との関係性やターゲットが女性の場合はそうもいかない場合があります。

最終的に、ブログのトーンもその企業のカラーを決めるブランディグ活動の一つになります。自分のことは自分で決めてくださいね。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.