スマレジ、エアレジ、ユビレジの徹底比較|タブレットレジの比較

テナントの面積を小さくした店舗の開業が主流になっています。そのため、レジやキッチンなどをできる限りコンパクトにし、客席を広くとることが一般的になっており、レジはスペースを取らないタブレットを利用したレジが一般的になっています。

また、タブレットPOSレジの特徴としては、外部アプリと連携することで、会計、予約や在庫管理などの情報も連動させることができ、定量的な経営の実現と労働生産性の向上に役立てることができます。

ただし、開業を検討する店主や店舗責任者にとって、どのタブレットレジを選べば良いのかがわかりません。タブレットレジの中でも、主要な3つのレジを比較したいと思います。

  • この記事には一部広告が含まれます。
目次

それぞれのタブレットレジの特徴とは?

タブレットレジ(POSレジアプリ)は、iPadをレジ端末にして、周辺機器と組み合わせることで、会計や経営管理を行うことができるものです。タブレットレジは、さまざまなサービスがありますが、その中でも人気のスマレジ、エアレジ、ユビレジを紹介します。

スマレジの特徴とは?

スマレジとは、株式会社スマレジが提供するタブレットレジです。特徴としては、引換券やクーポン券などをレジで発行することができたり、セルフレジ化することもできます。また、会計、販売管理、顧客管理、ECなどと連動することができ、店舗運営に必要な機能を一元管理化できることが特徴です。

  • スマレジの有料プランに含まれる機能も紹介しています。また、連携できる外部アプリは、資料請求でご確認ください。

エアレジの特徴とは?

エアレジとは、株式会社リクルートが提供するタブレットレジです。特徴は、POSレジアプリの全ての機能を全て無料で使うことができます。また、一般的に必要とされるキャッシュレスに対応しており、基本的な売上管理業務ができますので、個人経営の規模の店舗から幅広い人気があります。

エアレジも外部アプリとの連動が可能です。

ユビレジの特徴とは?

ユビレジとは、株式会社ユビレジが提供するタブレットレジです。大きな特徴には、サポートが手厚いことがあります。導入については専門のコンサルタントから指導を受けることができますし、その後のフォローアップも受けることができます。タブレットレジを使いこなせるか心配な店主にはおすすめです。

それぞれのタブレットレジの導入コストの比較

どうしても気になってしまうのはアプリの利用料金です。タブレットレジの導入コストは、2つに分かれます。

  • スマレジ、エアレジ、ユビレジなどのPOSレジアプリ(ソフト)の利用料金
  • タブレットや周辺機器の購入費用

これらの費用は、どのタブレットレジでもかかります。

POSレジアプリの利用料

サービス名利用料金
スマレジ無料 〜
上位有料プランあり。詳しくはこちらから
エアレジ無料
ユビレジ無料 〜
上位有料プランあり。詳しくはこちらから

POSレジアプリは、利用自体は、スマレジ、エアレジ、ユビレジどれも無料から始めることができます。

ただし、完全に全機能を無料で利用することができるのは、エアレジのみです。それに対して、基本的なレジとして他のPOSレジアプリは機能しますが、全ての機能を使えるわけではありません。

スマレジでは、引換券やクーポンを発行でき、連携できる外部システムが多いことに特徴があります。これらの機能は、プレミアムから活用することができます。そのほかに、顧客件数10万件以上でセルフレジを導入したい大型店舗向けのプレミアムプラス、飲食店向けのフードビジネス、小売店向けのリテールビジネスなどのプランがあり、こちらには、コールセンター対応がついています。

ユビレジでは、専任のコンサルタントが付いて導入までのサポートがあるほか、アフターサービスでは、コールセンターでの対応があります。

POSレジアプリの有料の基準として、インストアの販促を強化したい時は、スマレジを選択。レジの操作に不安がある時は、ユビレジを選択。導入コストをゼロにしたい時は、エアレジを選択。

周辺機器の購入費用

サービス名利用料金
スマレジ株式会社スマレジにお問い合わせください。
IT導入補助金の対象です。
エアレジ株式会社エアレジにお問い合わせください。
全国のビックカメラもしくはポンパレモールで購入できます。
ユビレジ株式会社ユビレジにお問い合わせください。

タブレットレジの導入には、iPadを含めた周辺機器が必要になります。業種・業態によって、必要な周辺機器は異なります。また、導入費用は高額になりがちですので、レンタルサービスを利用できたり、補助金で買い取ることで負担を小さくすることができます。

スマレジでは、IT導入補助金を利用して、タブレットレジを導入することができます。

上記はスマレジのIT導入補助金を利用した場合の補助金の例です。補助金を活用することで、周辺機器の導入費用を大きく減らすことが期待できます。IT導入補助金を活用した導入は、株式会社スマレジにお問い合わせください。

それぞれのタブレットレジが対応している支払い方法の比較

タブレットレジを選ぶ上でとても重要になるのが、なんのキャッシュレスに対応しているかです。

スマレジ、エアレジ、ユビレジが対応しているキャッシュレスは以下のようになります。違いにはマーカーを引いています。

サービス名対応している支払い方法
スマレジ■クレジットカード
JCB VISA Master AMEX Diner UnionPay DISCOVER セゾン
■電子マネー
Appleペイ Googleペイ QUICPay nanaco iD 楽天edy WAON 各種交通系マネー
■QRコード
Wechat Pay ALIPAY PayPay d払い auPay メルペイ ゆうちょペイ 楽天ペイ
エアレジ■クレジットカード
JCB VISA Master AMEX Diner UnionPay DISCOVER
■電子マネー
Appleペイ QUICPay iD 各種交通系マネー
■QRコード
ALIPAY WeChat Pay UnionPay COIN+ d払い PayPay d払い auPay J-coin Pay
ユビレジSTORES決済 StarPay 楽天ペイ 食べログPay Square オムニカード・ペイメント おてがるPay
などの外部決済サービスと連携 詳しくはこちら

ユビレジは、自社ではなく他社が運営してる決済サービスを活用してます。そのため、対応する決済サービスを実質選択することができます。

スマレジとエアレジのキャッシュレスを比較すると、どちらも基本的な支払い方法には対応しています。
スマレジは、nanacoやWAONなどの大手小売系のキャッシュレスにも対応しています。イオンモールなどの買い物では、WAONを使う傾向がありますので、近隣の店舗であれば、決済に使えるようにしておくと良いでしょう。

タブレットレジを事前体験したい。

タブレットレジは、周辺機器を購入することになりますので、簡単にどれが良いのかを決めることは難しいです。そのため、事前に確認できる環境が重要で、タブレットレジ各社は、家電量販店などにショールームを用意しています。

スマレジの展示体験をしたい。

スマレジでは、体験と相談ができるショールームを用意してます。

ショールーム渋谷 品川 新宿 名古屋 大阪 福岡天神
ヤマダ電機LABI仙台 松戸本店 LABI名古屋 テックランド西宮甲子園店
LABI三宮 LABI広島 テックランド城南デジタル館

なお、ショールームに訪問する際は事前予約が必要です。来店が難しい方には、オンライン相談窓口があります。

こちらから予約してください。

エアレジの展示体験をしたい。

エアレジは、ビックカメラにサービスカウンターか展示されています。サービスの詳細まで知りたい時は、札幌店、有楽町店、新宿東口店、赤坂見附駅店、藤沢店、浜松店、名古屋駅西店、京都駅店、なんば店、岡山駅前店、広島駅前店、天神1号館、鹿児島中央駅店、那覇店にて展示されています。 >エアレジサービスカウンターはこちら

ユビレジの展示体験をしたい。

ユビレジもショールームがあります。東京北参道と大阪梅田の2ヶ所があります。こちらも予約が必要です。 >ユビレジサービスカウンターはこちら

まとめ|タブレットレジを選ぶコツとは?

複数のクラウドで経営管理をしていることや会計の際にクーポンを発行するなどの販売促進を行いたい時には、タブレットレジでできることを比較する必要性があります。

現在活用しているクラウドとの連携ができるのか、使いやすいのか、何ができるのか、そして、何をしたいのかをベースにして、導入コストで考えるのが良いでしょう。

それぞれの事情に合わせて選択するのが良いと思いますが、私は引換券やクーポンを発行することができるスマレジをおすすめします。レジでクーポンの発行ができるのは強みです。
>スマレジの資料請求を行う

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次