初心者でもわかる集客の教科書配布中!入手する

菓子店の集客戦略とは?ポイントと具体的方法について紹介

当サイトのリンクには広告が含まれていることもあります。

老舗の和菓子屋である紀の国屋が廃業することがニュースになりました。原因は原料が過剰な高騰です。菓子店を取り巻く日本の市場は、昔とは大きく変化しており、菓子店を経営していく上で難しい問題が増えています。

ここでは、さらに菓子店の店舗に多くの顧客を引き寄せるための戦略やアイデアについて解説をしたいと思います。

目次

菓子店の集客のポイントとは?

新規顧客の獲得だけでなく、既存顧客のリピートや口コミによる推奨も含まれます。さまざまな方法が存在し、それらを組み合わせて効果的に利用することが、成功の鍵となります。

商品の魅力を伝える

最初に重要なのは、商品自体の魅力を十分に伝えることです。店内装飾やディスプレイ、商品パッケージやSNS等での情報発信など、様々な方法で商品の魅力を訴求できます。

店舗の雰囲気作り

店内の雰囲気やスタッフの対応も、集客に大きな影響を与えます。清潔感のある店内やフレンドリーなスタッフの対応は、顧客が再び訪れたくなる環境を作り出します。

マーケティング活動

店舗の魅力を伝えるためのマーケティング活動も重要です。チラシや広告、SNSやメールマーケティングなどを通じて、お店の存在や魅力を広く伝えることが求められます。

顧客との関係作り

顧客との深い関係作りも、集客に重要な要素です。顧客のニーズを理解し、それに応える商品やサービスを提供することで、リピーターを増やし、口コミによる新規顧客の獲得を促すことができます。

菓子店に集客するための具体的な方法とは?

Webサイトの開設

自分の菓子店のWebサイトを開設することで、お店の魅力や商品情報、店舗の場所や営業時間などを広く伝えることができます。

また、SEO対策を行うことで、検索エンジンからの新規顧客を獲得するチャンスも増えます。Webサイト上でのブログ投稿を通じて、菓子作りの裏話や新商品の開発過程などを共有し、顧客とのコミュニケーションを図ることも可能です。

オーダーケーキを注文するためのフォームを設置することで利便性を高めて、ケーキの注文数を増やすことも期待できます。

通販の作成

通販システムを設けることで、遠方の顧客や店舗に足を運べない顧客へも販売の場を広げることができます。また、ギフト商品としての需要も見込めるため、季節の贈り物やイベント(母の日、バレンタインなど)に合わせた商品展開を考えると良いでしょう。

SNS活用

SNSを利用して商品の魅力や店舗の雰囲気を発信します。新商品の情報や製造風景を投稿し、フォロワーとのコミュニケーションを図ることができます。画像が中心になるため、相性が良いSNSはInstagramです。また、テレビ番組などで紹介された映像を許可を得て、Youtubeなどにアップして表示すると、購入意欲を促すことも期待できます。

チラシのポスティング

近隣の住民に対して、店舗情報や商品情報、キャンペーン情報を含んだチラシを配布します。これにより、地元の人々に直接店舗の存在を知らせることができます。また、チラシには特別なクーポンコードを記載し、それを持って店舗に来ると何か特典があるという形を取ると、更に集客効果を高めることが可能です。

ポイントカード制度

リピーターの増加を促すために、ポイントカード制度を導入します。お客様がご利用いただくたびに一定のポイントが加算され、一定のポイントがたまると、特典や特別なサービスをご提供いたします。

ポイントカードを導入することで、勿体無いという気持ちを植えつけるサンクコスト効果が期待でき、次回の来店に結びつけることが期待できます。

限定商品の販売

新たな顧客の関心を引きつけ、既存のリピート顧客の来店意欲を高めるために、期間限定の商品販売やイベントを開催します。限定商品や特別な企画は、顧客に新たな驚きや喜びを提供するだけでなく、彼らに特別感と独自性をもたらします。期間限定の販売は、商品の希少性と一時的な特別な価値を醸し出し、購買意欲を喚起します。

名産品の開発

地元の特産品を使用したオリジナル商品を開発することで、その地域ならではの魅力を伝えることができます。これは、観光客からの需要を引き出すだけでなく、地元の人々の誇りともなります。このような商品は、通販や土産物店での販売にも適しています。

パートナーシップ

地元の企業や団体とのパートナーシップを築き、協力して商品開発やイベントなどを共同で行います。お互いの強みを生かし、新たな商品やサービスを提供することで、双方の顧客基盤を拡大していきます。

また、地元のコミュニティとの連携は、地域の経済や社会への貢献にもつながります。このようなパートナーシップによって、相互のブランド価値向上やマーケット拡大を実現し、お互いのビジネスの成長を促進します。

ワークショップの開催

お店で楽しい製菓体験のワークショップを開催いたします。参加者の皆様は実際に菓子作りを体験し、自分で作ったお菓子を持ち帰ることができます。

このワークショップの楽しさや魅力を口コミで広めていただくことで、より多くの方々に知っていただけるようになります。

夏場の菓子店の集客対策とは?

菓子店は、気温の高い夏場の売上が下がります。なんの対策を行わないと夏の期間中の売上分を諦めることになるため、夏場に特化した売上の対策を行うことで、年商を単純に上げることができます。

季節限定商品の開発

夏季限定の商品を提供することで新規顧客の興味を引き、リピート顧客の来店動機を作ることができます。冷たいデザートやフルーツを使用した菓子、地元の夏の祭りにちなんだ商品などが考えられます。

避暑地としてのブランディング

夏場は暑さから逃れるために、冷房の効いた店内でゆっくりと過ごせる場所を求める顧客が増えます。清潔で快適な空間を提供し、冷たい飲み物やデザートも併せて提供することで、顧客にとっての避暑地となる可能性があります。

アウトドアイベントとの連携

地元の夏祭りや花火大会などの屋外イベントと協力し、テイクアウト向けの特別パックを提供したり、イベント会場での出店を検討することがおすすめです。お客様がイベントを楽しむ際に、手軽に美味しいお食事やスイーツを提供することで、需要を喚起することができます。

たとえば、地域のお祭りでは、定番のクレープを提供するお店もあります。定番になってくるとお店の名称も記憶するようになるので、その味を気に入っている顧客は店舗にも足を運ぶようになります。

まとめ

菓子店経営者の皆さん、菓子店の集客戦略は思った以上に広範で多角的な視点が必要です。商品の魅力を最大限に伝え、顧客と深く結びつく方法を探し続けてください。そして、失敗を恐れずに新しい取り組みに挑戦し、一歩ずつ確実に前に進んでいきましょう。

流し読みできるメルマガを定期的に配信

集客・マーケティングに役立つわかりやすいPDFを定期的にメールで配信
無料で購読できて、読むだけで集客ができるようになります!

集客のお悩み無料でお伺いいたします!

  • 集客で何をしたら良いのかわからない。
  • 現在行っている施策がイマイチうまくいっていない。
  • もっと良質な顧客層(顧客単価が高い従来狙っていた客層)を集客したい。

もし、これらのお悩みに1つでも該当したら、今すぐ相談して具体的な方針を立ててみませんか?予算を特にかけなくても集客する方法はあります。今なら30分無料でご相談できます。

よかったらシェアしてね!
目次