集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
仕事に関するお電話はお気軽にお問い合わせください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

集客

消費増税前に経営者が是非とも実行するべきこととは?さらなる不景気に供えよ!

今回の消費増税はオリンピック開催前にも行われるので、相乗効果で景気が良くなるだろうと思っていましたが、さすがに過去の経験から学んだ企業も多く、早期退職希望者を募る合理化を事前に実施している大企業が多い。富士通、カシオ、コカコーラなどが実施していますが、今後も続くと見られています。

大手ショッピングモールなどに実際に足を運んでみると、店舗の入れ替わりが頻繁に起こることは普通ですが、その入れ替わりのペースには驚かされるばかりになっています。おそらくは、軽減税率の対策などにコストをかけるよりは、退店をしてしまい事業の合理化をした方が良いと判断した結果だと思われます。

消費増税後は、必ず終われば不景気になると知られるオリンピックが開催されます。そして、世界中でも話題になっている移民問題が、本質的な移民政策に踏み切ることで日本の問題にもなります。

これによって、一般庶民の所得が減少し、ますます節約志向になります。ごく少数の儲ける富裕層と低賃金で労働する労働者の格差はますます大きくなります。労働者は消費者ですので、労働者を相手にしているビジネスをしている企業の売上は当然のごとく下がることになります。

本来であれば、実質賃金が下がっている傾向にある段階で、消費増税は廃止するのが妥当ですが、おそらくそうはなりません。(この辺りは緊縮財政で検索するとさまざまな情報を得ることができます。)

このような状況下では、どのような対策をする必要があるのでしょうか?

消費増税前に経営者が実施すべき対策とは?

消費増税で景気が急激に落ち込み出すと、広告費から節約する傾向にありますが、広告費の節約は、新規顧客の獲得を減らすことに繋がりますので、売上ダウンに直結します。

また、今現在は人手不足であり、最低賃金すれすれの時給でバイトを獲得しているところは、新規の人財を獲得できない上に、バイトテロのような人災のリスクを抱えてしまうことになります。

そのため、やるべきことは、不況になっても「離職率の改善」、「生産性の向上」および「集客力を保持できる仕組みを持つこと」です。

離職率の改善

経営資源といえば、ヒト、モノ、カネに加えて、情報、時間、環境の6資源を指します。特に、成長できない原因の一つに挙げられるのが、新規の人材の確保ができないことで、たとえ獲得できたとしても短期で辞められる、もしくは条件の良い他社に流出します。

採用がビジネス化している現在では、今の日本の環境は、金を生み続けます。採用広告が多くなる一方で、不満があれば次を探せる環境下では、人材が流出しやすくなるのは当然です。

そこで、企業がとるべき行動は、離職率の改善です。人材が自発的に他に流出しないための対策をすることで、熟練のスタッフで事業を回せるようになりますので、生産性は向上し、採用コストを抑えることができます。

離職率を改善する方法としては、労働環境を快適なものにするために投資をすることが基本として挙げられますが、離職理由を徹底的に把握し、そこに対策をとることが挙げられます。例えば、体育会系の風土がある企業では、どうしてもハラスメントの発生件数が増加します。ハラスメントの相談窓口の設置や研修を実施することである程度の削減は望めます。

労働生産性の向上

ここ数年、ずっと重点課題として挙がっていますが、普及しきれていないのが労働生産性の向上です。

労働生産性とは、一人の労働者が生み出す価値のことですが、情報共有や営業方法が従来のものである場合、移動や伝達に長いリードタイムが発生するため、労働生産性を低くしてしまう原因になっています。

例えば、営業をする場合、往訪をすることで、移動に時間と移動費という金銭的なコストが発生します。これをインターネットで会議形式で情報を共有することができるインサイドセールスシステムを導入することで、これらのコストを削減できる上に、情報共有もデータで実施できるため効果も大きくなります。

コンサルタントやコーチの働き方を変えるインサイドセールスシステム「ベルフェイス」

情報共有には、チャットワークや社内SNSを導入することによって、スマホで最新の情報を確認することが可能になります。情報が必要な時に「知らない」「聞かされていない」などのリスクを削減することができます。

ITを導入することによって、同じ効果を生む作業を簡略化し、少ない人材で営業をできるようにすることによって、人材の獲得の目標件数を減らすことが期待できます。

集客力を保持できる仕組みを持つこと

バイトテロや顧客テロなどが発生する理由は暇だからです。あのような行為ができるということは、仕事がない上に、周囲の目がないからであって、暇がなければ問題の解消につながります。

集客力を向上させるためには?集客をできる体質作りをするプロセスと集客方法とは?

集客というと、新規顧客を増やすこと、利用回数を最適化すること(LTVを最適化すること)になりますが、集客力が高い状態は、結局のところコメント付きの口コミが多数ついている状態だったり、良い感想を多数のユーザーが持っている状態だったりします。

集客力を高める努力には、集客の対策をするだけではなく、商品価値の見直しや演出を見直す必要があります。結局良い口コミは、体験価値から発生するものであり、これらは、顧客が体験した演出と商品自体の価値に依存するものだからです。詳しくは、体験価値とは?を読んでください。

まとめ

消費増税と移民による労働力の確保は、日本人の実質賃金を下げる効果がありますので、景気が悪くなるのは当然のことで、来年以降、革命でも起こらない限り、景気回復が長期で見込めないと思われます。

そうなると、経営規模を見直すためのリストラは仕方ないこととして、過剰な節約は成長を阻害し、負のスパイラルを生む原因になってしまいます。

景気が悪くなるということがわかっている以上、それ以前に対策することは当然で、景気が悪くなってからでは、体力がなくなりろくな対策も取れない危険性がありますよね。

景気とは、さまざまな解釈がありますが、一番一般的なものは金回りですので、みんなお金を使わなくなれば、雪達磨式にみんなお金を使わなくなり、結果経営的な意味でも精神的な意味でも消耗を強いられます。

こうなってくると、変なカリスマが運営する宗教ビジネスの繁栄が到来するのですが、その信者になってからではもう完全に遅いんですよね。

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

オンライン集客学習システム「サクセスパートナーの集客システム」のご案内

サクセスパートナーの集客システムでは、動画セミナーでのメッセージや集客のトピックをレジュメの形で提供しております。入会にはライセンスを購入していただく必要性がございます。詳しくはこちら

コンサルティングのお申込み・お問い合わせについて

ご予算に応じたコンサルティングや施策の実施が可能です。ご不明な点も含めて、是非お問い合わせください。

詳しくはコチラ

-集客

コンサルタントの
ブログ集客法

登録するとセミナーを無料で閲覧できます
close-link

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2019 All Rights Reserved.