集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略

コンテンツマーケティングで最初から新規顧客がどんどん集まることはない。

投稿日:

556534_471930762828186_32292080_n

コンテンツマーケティングは、現在の日本の主流であり、先日開催されたデジタルマーケティングEXPO春でも、ブースの半分くらいがコンテンツマーケティングの中のオウンドメディア(自社サイト)を構築するためのCMSやそれを活用した(コンテンツ)SEO対策サービスでした。

「こんなに注目されている手法だから、新規顧客もバシバシとれるに違いない。」と思う人もいるだろう。しかし、そんな簡単にうまい話は存在しません。

ブログ読んだからって、その人のお客になる?

自分の立場で考えてみてください。

興味深い内容を取り上げるブログを見つけました。

このブログを読んで、皆さんは「すごい!」「共感できる!」と感じたとして、ツイッターやフェイスブックでシェアしたとします。

「そして、そのブログを書いた著者のサービスを申し込む?」

答えはNO。そのほとんどがサービスまで興味を持たずに離脱します。

当然ですが、情報を得るために検索、閲覧、シェアまで行っても、「欲しい。」と等しいわけではないからです。

情報を見つけて、「やった。」とか「これ!これ!」と思っても、「有用な情報の提供者だし、サービスを購入しよう!」という気持ちにはなりません。

また、企業発信の情報は、ある意味警戒されています。

信用されるまでにも時間がかかると考えてもよいでしょう。

顧客を得るまでは、相応のコンテンツ量も時間もかかるということです。

最初から効果(売上アップ)に貢献する方法はないのか?

当然あります。

そもそもコンテンツマーケティングは新規顧客を獲得する目的のみで行うものではありません。

新規顧客も既存顧客も対象にしています。

コンテンツマーケティングに限らず、すべての手法は既存顧客を対象にした情報発信からはじめるとうまくいきやすいです。

それは、新規顧客と違い、既存顧客は情報発信主と付き合いが存在し、信頼関係が最初からあるからです。

最初は、既存顧客が抱えている傾向にある悩みや求められて行った事例などを中心に発信しましょう。

そうすることで、現在抱えている悩みに関係のある情報だった場合、すぐに集客につながる可能性が高いんですよね。

余談「厳しい現実:ほとんどの情報発信はバズらない。」

たくさんの人にシェアされることを期待させるオウンドメディアの企業や個人のコンサルタントとみなさんとはで残念ながら決定的な違いがあります。

それは文章力ではなく、最初から何らかの形で話題になり、固定のファンが存在していることです。

残念ながら、これから情報発信をはじめる人とはスタート時点が一緒ではありません。

良い文章、良い内容の記事を書いたとしても、その記事が見つかるまで時間がかかります。

そう、ほとんどの場合はシェアすらおきません。

固定のファンがいる前者は、記事を投稿した直後にシェアされます。

この差が、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と続けば、集客力では雲泥の差になるのは、すぐにピンとくると思います。

多くのコンサルタントは、この現象を狙って、クライアントにツイッターやフェイスブックの普及をしているんですよね。

はてブ界隈では、互助会の存在がつぶやかれたり、過去に流行したアメブロのうんちゃらブロガーも自分のブログのリンクをばらまくためのノウハウでしたよね。

参考記事:はてなブックマーク互助会と炎上耐性

互助会入れて欲しいよー(ボソリ)

なので、何もない状態でほとんどの場合、バズることはまずありません。変な期待はしないほうがいいですね。

「フェイスブックで世界中に拡散!とか馬鹿じゃねえの!?」

と真実を叫びたい時もたまにありますよね。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.