集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

WEB戦略 マーケティング 集客

良質なサイトとは?/Googleの見解から考える10個の条件

投稿日:

特にはてブお願いします。

ウェブサイトを作る上で、「良質なコンテンツを持っているサイトでなければならない。」ということをよく耳にすると思います。そこで必ず思う疑問が、「良質なコンテンツって何?」ということです。

つい先ほど、Googleウェブマスター向け公式ブログに良質なサイトの定義が紹介されました。そこから本日は、良質なサイトを作る方法を考察してみたいと思います。

良質なサイトとは?

以下抜粋です。

1.あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
2.この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
3.サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
4.あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
5.この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
6.このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
7.この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
8.同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
9.コンテンツはきちんと品質管理されているか?
10.この記事は物事の両面をとらえているか?
11.このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
12.次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?(コンテンツが外注などにより量産されている)(多くのサイトにコンテンツが分散されている)
13.記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
14.健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
15.サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
16.記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
17.記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
18.ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
19.記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
20.記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
21.記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
22.ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
23.このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?

以上:良質なサイトを作る為のアドバイスより

本編の箇条書きは非常に読みづらかったので、ここではナンバリングしました。

かなり主観的だと思われる項目もありますが、これらを客観視するアルゴリズムが存在している、もしくは未来に完成する見込みがあるということなんでしょうね。

これらの項目から良質なサイトとは、どのようなものかわたしなりに定義してみます。

良質なコンテンツを持つサイトとは?

Ⅰ 専門家として認識されている。

1、2、11、14、15から専門性と信用性が問われていることが分かります。専門性を判断する材料でぱっと思い浮かぶものと言えば、「同業者からのリンク」、信用性を判断する材料としては、「トラフィック、アクセス数」が挙げられると思われます。「人気もあって、業界の話題にもなっている。」とウェブサイトとしての健全性が求められている気がします。

Ⅱ 重複したコンテンツがない。

「3.サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?」で示されていることから、都道府県名だけを変えて量産しただけのようなコンテンツが存在しないサイトが意味されるということになりますね。サイト内に限らず、外部のコンテンツをコピーするのは、重大なスパム行為ですので、その点も注意が必要です。

Ⅲ 重要な箇所にはSSLが適用されている。

4.のクレジットカードの情報を安心して提供できるのか?ということは、つまり、重要な箇所のセキュリティーは万全か?ということです。重要な箇所には、SSLが適用されていることが良質なサイトの必要条件のようです。

Ⅳ きちんとした文章で情報発信が行われている。

5.のスペルミスに関する記述に由来します。何気にクリアするのが難しい項目だと思うのは気のせいでしょうか?

Ⅴ 記事の内容にはユーザー中心である。

6の内容に由来します。ランキングのみを狙うSEOではなく、質が伴った情報でSEOしろということですね。

Ⅵ 独自性がある。新規性がある。

7~10の内容に由来し、テーマに関わってきます。独自の研究成果をのせることは、話題を提供していることにつながりますし、更に言えば新規性もあります。さまざまな見方を含み、ユーザーにとって価値のあるものが良質なコンテンツといったところでしょう。

Ⅶ 記事がしっかりと更新・追加されている。

新しい話題を提供するコンテンツを保有したサイトが良質なものならば、更新されていないことはあり得ませんよね。
定期的に、かつ継続して更新されているサイトが良質なサイトになります。

Ⅷ ユーザーの問題を解決できるものなのか?

13、16、17、20、21、22、23に由来します。要は、「ユーザーの抱える問題の為に、コンテンツが編集されているのか?」ということだと思います。あくまでユーザーの役に立っているコンテンツを保有しているのが良質なサイト。多くのサイトで見られるような写真を貼っただけ、コメント程度をしただけ、ありふれたテーマであることは、ユーザーにとって望ましくないことが断言されていますね。

Ⅸ 他人にすすめたい、もしくはすすめなければならない内容である。

18.のブックマークに関わる内容に由来します。見方によっては、20の「雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティーか?」にも言えることだと思うのですが、「そのページを見れば、○○を解決はできる。」と思わせることができるのが良質なコンテンツということになるんでしょうね。

Ⅹ 過剰な広告は存在しない。

19の内容に由来します。実際にペナルティーを受けたアメリカのブロガーの話を下記の記事で読むことができます。

参考記事:Googleのページレイアウト/パンダアップデートでトラフィックが激減したリアルな実例

恐怖と戦うよりもユーザーのことを想うこと

公式サイトでは以下の文言も掲載されていました。

一部のウェブマスターの方はこれら(パンダアップデート)の調整によるランキングの変化を、Panda アップデートによるものだと誤解しているようです。検索とは、非常に複雑で常に進化を続けている技術ですので、特定のアルゴリズム変更にこだわるよりも、ユーザーのためにサイトを改善し続けていくことをお勧めします。

つまり、「パンダ、パンダ言っていても、そこだけの対策に走っても他で刈り取られるだけだし、無駄だよ。それよりもユーザーの為の考えてコンテンツを作った方がイチイチ悩むことがなくなるからいいよ。」っていうことなんだとおもいます。

確かに昨年から、パンダ、ペンギンと恐怖の化身のような大型のアップデートが継続して続き、周囲にはそれで刈り取られたというサイトオーナーの声も多数耳にします。

だからと言って普通に運営したら刈り取られるわけではありませんからね。いかがわしい内容が含まれているから刈り取られたわけです。

また、注意点も記されていました。

低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。低品質なページを削除したり、内容の薄いページをまとめて役に立つコンテンツに改善したり、もしくは低品質なコンテンツを他のドメインに移動させたりすることが、最終的に良質なコンテンツの掲載順位を改善することにつながります。

低品質なコンテンツが含まれているかチェックする最も簡単な方法が、ウェブマスターツールの健全性の中にあるインデックスステータスです。

日本語のパンダアップデートは、7月18日にありましたので、その付近で数値が下がっていれば、「低品質なコンテンツは検索エンジンから除外された。」ということになります。

ちょうど、以下のわたしのサイトのようになっているはずです(笑)

グラフ

サイトの構造上、コンテンツがつまっていないページもできてしまっていましたので、「嫌な予感がするな〜」と思ったら案の定だったわけですよ。

ちなみに、以下がクライアントのサイト。

クライアントのサイト

エラーやらブログやらを手直ししつつ運営していましたので、パンダの時期まではインデックス数が下がってましたが、それ以後は急上昇です。

虫歯と一緒で悪いところはちゃんと治さないとダメですね。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

《動画セミナー》検索エンジンから見込み度の高い顧客を集めよう。

登録するとコンテンツマーケティング(様々なツールを使った情報発信で集客をする方法)のセミナー動画を無料で獲得することができます。

これによって、アメブロ的な記事の書き方をすると、新規が集まらない原因がわかります。

 

《1日5分の作業で売上アップ》

1日5分の作業で売上アップのエッセンスがわかる!ワークシート付き。

景気のせいにする、売上が上がらない体質から脱却しよう。

 

《忙しい飲食店経営者のための売上改善》

競争が激しい飲食店が生き残るための今風の情報拡散術

こちらの記事もどうぞ

お店 1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, マーケティング, 集客
-

【~8/17 期間限定】訪問数倍増、売上アップを果たしたブログ集客術サービスを確認する
+ +

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.