集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

飲食店の集客

飲食店が雨の日に集客するためにはどのようにすれば良いのか?

投稿日:

雨の日

飲食店が売上で頭を痛める日があります。天候不良の日ですね。

総務省の統計ホームページのデータを参考にしますと、平成26年度では平均して139日が雨だったというデータがあります。ちなみに、東京は106日が雨でした。()

このデータによりますと、実に日本は3日に1回は雨だったという計算になります。

では、飲食店が行うべき雨の日の対策は、どのようなことがあるでしょうか?

雨の日で売上が壊滅的になるのは?

都心部のように移動手段が電車や地下鉄などが主の地域です。
基本的にこれらの交通機関は降水に弱く、雨の日にはしょっちゅうダイヤが乱れます。

また、会社から近くの駅までは、ほとんどが徒歩のため、濡れたくはありません。
そのため、「一杯ひっかけて帰ろう。」なんて思わないんですよね。

逆にショッピングモールなどは、車で来店することが普通です。
濡れないように屋内が駐車場になっていることが多く、天候に影響が受けづらいことになっています。

雨の日の売上の対策

雨の日は、どんなに対策をしても晴れの日ほど売上が安定することはないと思います。これは、外で食べたい、のみたいと思っている人の数が少ないからです。

だからといって、掃除をして過ごすのではなく、対策を練らなければ、月の3分の1を諦めることになります。

雨の日限定のサービスを作る。

まず、通常通りの営業では、雨の日に来店するメリットがありません。

ここで、クーポンをどうしても発行したくなるのですが、雨の日クーポンだけでは、もう普通なんですよね。顧客側からすれば、「雨の日だし、どこ行っても満員ってことないし。俺たちが行かなきゃ経営きついんだろ?」と上から目線になっていること間違いなしです。

「雨の日だから、行きたい。」と思わせるような仕組みを考えるのが必要であって、損益分岐点の限界チャレンジをすることで徒労することが望ましくありません。

例えば、天気予報で雨マークの日に予約すると受けることができる限定サービスや雨の日のみ楽しむことができる限定メニューなどを用意します。事前にSNSで共有することで、ロイヤルカスタマーが反応すれば売上アップが望めます。

来店者とは積極的にSNSで繋がる。

これは、雨の日だからというわけではありません。インターネット系のコミュニケーション手段は、リアルタイムに情報を発信することができるため、予期せぬ事態のお知らせにも対応することができます。そのため、必ず手段として一つはモノにするべきです。

参考:飲食店が集客するには?集客ツールと原則まとめ

居酒屋系の飲食店に入店すると、メルマガやLINE@のフォロー募集の貼り紙が席に設置されているのに、店員が積極的に登録をすすめない傾向にあります。

これはやっちゃいけないことの一つで、基本的に登録が必要なサービスは口頭で言わないと、興味があっても面倒くさいから登録しないという顧客がほとんどなんです。

「フェイスブックやってます。会員限定のサービスなどもありますので、是非!」というだけでも登録率は変動します。

軽く食べれる単価の安いメニューも用意する。

雨の日になると、時間との勝負になるケースもあります。

「食べたいし、飲みたいんだけれど、いつ電車が止まるかわからないから、帰ろう。」

こういう心理の人も多いわけです。なので、いわゆるちょい飲みプランを雨の日限定メニューに用意しておくのも悪くはない考えです。

雨の日プレゼントを用意する。

雨の日に来てくれたお客様には、雨の日限定のプレゼントを用意するのも手の一つです。目的は雨の日に来てくれた顧客のリストの構築です。

時間のあるときに、既存の顧客に手書きでハガキを出すなどに活用し、再来店のきっかけ作りを行います。メールマガジンやSNSなどのデジタルなコミュニケーションだけという飲食店も多いので、こういったアナログな対応も差がでます。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-飲食店の集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.