営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

マーケティング

有料ディレクトリも相互リンクも完全にアウト!!

投稿日:

hatidori

Googleの最大級の革命的な大型アップデートであるハミングバードの影響がイマイチ実感できていませんが、ところどころで大きな話題が、こんにちはしてきます。

Googleの検索キーワードをおうことができなくなった仕様もそうですが、昨日あたりから有料ディレクトリサービスである「iディレクトリ」にGoogleから指導が入ったことが話題になっています。

【SEO業界に衝撃】iディレクトリのパートナーサイトからのリンクがrel=”nofollow”に! #seo

明言は避けられているようですが、Googleのガイドラインの中に明記されている禁止行為である「リンクプログラムに参加すること」に違反しているためだからでしょう。

検索結果でのサイトのランキングに悪影響を与える可能性のあるリンク プログラムの例としては、次のようなものが挙げられます:

PageRank を転送するリンクの売買。これには、リンク、またはリンクを含む投稿に対する金銭のやり取り、リンクに対する物品やサービスのやり取り、商品について書いてリンクすることと引き換えに「無料」で商品を送ることなどが含まれます。

rel="nofollow"をつけると、リンクによるページランクの受け渡しがオフになります。つまり、ここでのリンクはいくらパートナーサイトのページランクが高くても、ないのと同じことになります。

勿論、これはiディレクトリに限ったことではありません。同じようなビジネスモデルであるクロスレコメンドやJエントリーなども同じように注意をされていき、同じような対処をせざるおえなくなるでしょう。

まあ、実はこのサイトもJエントリーとeまちタウンを利用しているので分かるのですが、この辺のサービスは「ないよりマシかー・・・」程度のサービスで、検索のランキングにはほとんど影響を及ぼしません。たぶん、nofollowにされたとしても影響はないんじゃないかな?と思っています。今後は、被リンクを集めるのはより大変になるということですね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-マーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.