集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

”何をやればいいか?”ではなく、”誰に届けたいのか?”

投稿日:

”物事はまず目的から考えろ!”と言いますが、マーケティングも例外ではありません。

これから新しいことを始める際に、”何をやればいいのか?”といった手段で考えてしまいがちになります。そして、インターネットで調べるわけですね。そして、その時その時の流行りの横文字の手法に飛びつくわけです。今ならば、ワードプレスやフェイスブック、少し前ならば、アメブロやツイッタ―といった具合です。

しかし、これらは当然ですが媒体の名前です。ですので、肝心の中身が深く考慮されなかったり、目的も無視されている場合が多いのです。”なぜ、やっているのか?”話を聞いてみると、「効果があればラッキーだから。」と答える人も少なくありません。

勿論これではまずいですよね。目的が欠落していますし、結果が偶発的なもの頼りでは手間をかけるだけ無駄になってしまう可能性があります。

これらのマーケティングツールを使う最大の目的は、「コミュニケーションを通して売上に貢献させること」です。コミュニケーションは相手がいなければ成立しません。ですので、逆説的に、マーケティングツールを活用すると決めた時は、誰にどんな情報を届けたいか?ということをベースにして考えるのがいいことになります。

例えば、お世話になっている松葉屋家具屋さんの場合、どんなことをしているかと言えば、長野県とその近隣の県に在住の人に”取り扱っている家具の素晴らしさ”と”どんな思想をもって商売をしているのか?”を伝えているわけです。

家具の素晴らしさは、テキストで伝えられても分かりづらいです。その為、写真を使う訳でして、頒布に優れたフェイスブックを使っています。フォロワーは、現在単価も落ち着いてきたフェイスブック広告を活用して増やしています。(※勿論、エリアは指定していますし、狙ったターゲット層が反応しやすい広告文を作成しています。)

また、更に詳しい情報は、ワードプレスで構築したブログに定期的に掲載しています。松葉屋家具店さんの場合、すでにアメブロを保有していましたが、ブログでリスト取りや本サイトのSEOも行って行きたいと思っていますので、必然的にワードプレスという選択肢になりました。

松葉屋家具店さんのフェイスブック
松葉屋家具店さんのブログ

これから新しい試みをする場合は「何をやればいいのか?」ではなく、「何をしたくて、誰に情報を届けたいのか?」で考えてみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.