080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略 売上アップ

ECサイトにおけるブログの重要性

投稿日:

「ECサイトを作る理由は何なのでしょうか?」ーそれはインターネット上に決済出来る仕組を作ることで、売上を上げ、利益を得る為です。これ以外の理由はないでしょう。

ECサイトは制作の段階よりもその後の運用で勝負が決まります。消費者行動モデルのAIDMAにもある通り、Attention(認知)がなければ、そのウェブサイトの存在すら知られておらず、購入できるわけがありません。また、同様の内容のECサイトが増える中、認知されたところで、購入に直接結びつかないケースも少なくありません。

adwordsなどの広告を使えば認知に関することの問題はなくなります。しかし、頼り切りになることで、入札額に左右され、無料で新規顧客が集まることがなくなります。そこで、重要になってくることが、ブログを書くことです。

ここでのブログを書くこととは、WordpressなどのECサイトと同一のドメインでも運用出来るCMS(簡単に言うとウェブサイトに埋め込める高機能のブログシステム)を利用することを言います。

E-commerce
画像クレジット:oligarh2

ブログを書き、コンテンツを増やすことで以下のような効果を得ることができます。

vs Google

ブログを書くことは、ウェブサイトのページを追加していることと同じことになります。ブログの記事が増え、ウェブサイトの規模が大きくなることで、さまざまなキーワードで流入することになります。無料で、たくさんの情報の提供次第で将来購買に結びつく見込客とほんの少しの今すぐ購入に結びつく人々を集めることができるのです。

vs見込客

インターネット上では、パソコン、スマホ、タブレット機器を通して、いつでもどこからでも情報を得ることができます。スマホに限っては、Googleが調べた結果、100%のユーザーが商品の情報を探したことがあると答えています。ブログを書くことで、これらのユーザーに商品を扱う専門家として接することができます。専門的な情報を与え続ければ、ユーザーとの間に信頼が生まれます。

vs既存客

既に商品を購入した人に対しては、商品の情報を提供し続けることはアフターフォローにつながります。ブログを通して、商品の使用上の注意やさまざまなお客様の活用例などを紹介することによって、消費する商品の購入機会を生み出します。

大前提として・・・

しかし、この話には前置きがあります。ブログというと「今でも自分の書きたいこと、伝えたいことを書く場」であると認識している人が多いと思います。ですが、それらのコンテンツを、一体誰が求めるんですか?

また、説明が抜け落ちている穴の多いコンテンツは、学びを与えず、専門家としての信頼を構築することはできません。

大前提として、コンテンツは相手が知りたい内容に遵守しなければ大きな集客効果はブログで得ることはできません。また、学びのある読み物や動画として成立していなければなりません。

一見難しいことのように思えますが、日常業務の中で耳にするお客様の声(クレームも含む)は、1つや2つではないはずです。それを一つ一つ拾い集めていけば、それは立派なコンテンツになりえます。

追伸

新しいプログラムを近日発表します。
ワードプレスマスターコースの後継のプログラムです。

これからワードプレスを使いたい人にとって、
設定やプラグイン、テーマの編集は大きな課題です。

基本をマスターし、テンプレートでブログを自由に運用できるようになることがゴールになります。興味のある人はメルマガにご登録ください。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, 売上アップ
-,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.