080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

ブログ集客 フェイスブック 集客

いいね!獲得を目的にしたFacebook広告の出稿時の注意

投稿日:

いいね!獲得を目的にしたFacebook広告の出稿は、ソーシャルシグナルの獲得に有効であるため、さまざまなマーケティング会社が自社およびクライアントのコンテンツに利用しています。

ただし、この場合注意しないと痛い目に合う場合もありますので、記しておきます。

ブログ集客の手順についてはこちら
ブログ集客の手順や成功のコツを大公開

Facebook広告の仕組みからくる失敗

Facebook広告は、Facebookだけを対象にした広告ではないことに注意が必要です。Facebook傘下であるInstagramも広告の対象になります。

そのため、設定次第で、Instagramにも広告が出稿されてしまいます。

一見良さそうに思われますが、FacebookとInstagramでは表示される広告が違います。

Facebookにコンテンツのシェアもしくはいいねを目的に広告に出したはずなのに、Instagramでは、そのコンテンツに使ったアイキャッチの画像がシェアされている状態になっていることがあります。

私もこれにやられました。

Facebook広告

上記がFacebook広告での表示です。

そして、上記がInstagramでの広告の表示です。コンテンツへのリンクが存在していない状態で、使われたアイキャッチの画像が108件いいね!されていることがわかります。

ちなみに、内部はこんな感じです。82件のエンゲージメントも全てInstagramのものです。後ほど、別の設定でFacebookのいいねは獲得しました。

Facebook広告キャンペーン時の問題

Facebook広告はオークションのように入札相手が増加すると、広告が表示されるためにかかる広告費が高くなる仕組みになっています。

最近は、至るところのマーケティング会社が、「Facebook広告最強キャンペーン」を行っており、そのため、Facebook広告を試用している企業が爆発的に増加しています。

そのため、いいね!の獲得もリーチ数が伸びない影響で、1件あたりの費用が高くなっています。

これらのマーケティング会社が、題材的にFacebook広告を宣伝している間は、正直別の広告を試用した方が高い成果が得られるかもしれません。ただし、残念なことにソーシャルシグナルを得るための広告のセカンドプランであるTwitter広告では、いいね!およびリツイートがなかなか伸びないため、代替えになる広告がないことが現状です。

Instagramへの広告出稿をはずす方法

フェイスブック広告

インスタグラムと連携している状態を外します。

設定 >Instagram広告の順にクリック

ここにInstagramのアカウントが表示されていれば、フェイスブックページとInstagramが連携している状態になっているということです。画面では外している状態です。

 

 

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-ブログ集客, フェイスブック, 集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.