集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

未分類

[ソーシャルメディア]日本のFacebookは若者が中年層に奪われたソーシャルメディアかも!?

投稿日:2012年6月29日 更新日:

Facebookの日本のユーザーが1,000万人を超えたということで、Facebookに関する情報をまとめました。

各種数値は以下のデータを元にしています。

Facebookのユーザーに関する統計:Facebook広告
人口に関するデータ:wikipedia
アクセスの参考にしたデータ:adplanner

尚、各種数値は、小数点第3位で四捨五入の切り上げにしています。

 Facebookユーザーの年齢別割合

※許可なく転載することは禁じます。グラフデータを使う場合は、必ずこのページにリンクを設置してください。

青がFacebookから得られたデータ、赤がadplannerから得られたデータです。

Facebookのデータは登録しているユーザーの属性、adplannerはアクセスしている人の推定になります。

これによれば、登録ベースでのピークは25-34歳に来ており35.52%。「おっさんのソーシャルメディア」と呼ばれているFacebookが必ずしもそうではないことが分かります。

ちなみに、20-29歳が3,943,880人、30-39歳が2,883,220人、40-49歳が1,570,700人であり、20代のユーザーが最も多いことが分かります。

ただし、adplannerを見ると、ピークが35-44に来ており39%とスライドしています。

正確には、「おっさんが頑張っているソーシャルメディア」がFacebookと言えそうです。

地方別のFBユーザーの割合

こうしてみると、関東に一極集中していることがわかります。

ユーザー数が少ない地方にとって知りたいのは普及率ですよね?

そこで次のデータになります。

地方別Facebookの普及率

トップは関東で、18.76%。続いて、近畿3.17%、中部2.31%。東北が1.8%、四国が1.51%という数値が出ました。

東京の普及率が53.7%とちょっとありえない数値になっていることもありますので、おそらくは住所を書いていないユーザーが東京になっていると可能性も(爆)。

また、wi-maxなどの無線を使っているユーザーも東京になっている可能性が高いです。それは、Googleアナリティクスで確認すると分かります。

ま、まさかなんですけれども、モバイルユーザーがみんな東京住まい扱いされているってことはないですよね?

正確なデータとは言えないですが、参考には出来ると思います。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

技ありのプラン

集客コンサルティング

主に、インターネットを使った集客方法を見直すことにより、売上アップを行いたい店舗向けのプランです。
すぐに着工できる施策もあるため、受講者からは、手っ取り早いという評価をいただいております。

 

-未分類
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.