集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

SNS(特にフェイスブックページ)でリーチ数を6倍にするお話。

投稿日:

Facebook Logo 16:9 hires PNG

リーチ数とは、単純にその投稿を表示した人の数のことを指します。見られているとは限りませんが、単純にこの数字が大きいに越したことはありません。

SNSで集客を行いたい場合、できる限りこの数値は大きくしたいです。できれば、フェイスブック広告の投稿を宣伝は使いたくありません。

工夫次第でこの数値は大きくできます。しかも割と簡単に。

リーチ数が低い典型的なフェイスブックページ例

ファン数が少ない。(見ている人がいない)
投稿のいいね!が一桁(これはアクティブなファンが集められていない。結果、これも見ている人がいない。)
投稿がブログの更新のみ
戯言が目立つ

具体的な例として、サクセスパートナーのフェイスブックページですね!はいw

みなさん、真似しちゃダメですよw

ここから単純にアクセス数を倍増させるためには?

①何を見せていくのか?コンセプトを決める。(2倍)

フェイスブックページにコンセプト(テーマだの役割だの)をもたせます。

例えば、カタログ。動画を用いて動きがあるカタログにできるのはフェイスブックページならでは!

作品展なんかもいいでしょうね。

まずは、見てる人が「このフェイスブックページを見ていれば、こんな情報で楽しめるんだ!」と思わせましょう。

全く商品の写真も映さない。なんか、会社の行事ばっかりは最低のパターンです。

結局、なんで公式ページを作っているのか読み手側がわからないため、見なくなりますし、売上に直結するわけがないのです。

②ブログやホームページの宣伝重視をやめてみる。(3倍)

URLを貼り付けるな!と言っているわけではありません。

第一目標をこれを見せればイチコロ!と言えるようなビジュアルや動画にしてみましょう。

フェイスブックの表示アルゴリズムは、表示されるファイルに順位をつけています。

動画、画像>URL>文章

動画や画像を必ず貼り付けましょう。

2かける3でなんと6倍になります!

(あながち嘘ではなかったりします。現に投稿する内容を変更しただけで、大きくリーチをあげた人はいっぱいいます。

ただし、ファンが少なければ全く意味がありません。

お店の場合は、お客さんに登録してもらいましょう。事業所さんの場合は、フェイスブック広告でファン数を稼ぎましょう。)

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.