集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

WEB戦略

フェイスブックで感動すると思われるデマを流すのはやめませんか?

投稿日:

フェイスブックのユーザーはツイッターのユーザーに比べると心がピュアなのか?−定期的に”感動するとされるデマ”がフェイスブックで爆発的にシェアされ広がっています。

Yahoo!ニュースで話題になっていてはじめて知ったのですが、志村けんさんとビートたけしさんにまつわるデマが感動する話として、ものすごいシェア数を伸ばしたそうです。私は、フェイスブックに関しては、宗教色が強く、胡散臭い話が頻繁に飛び込んでくるのが嫌で、友達はリアルでお会いした方および胡散臭いお話に飛びつかない方だけにしています。前にもここで書いたように、名刺交換をしただけの方はお断りしています。ですので、フェイスブックでこのようなデマが広がっていることに気がつきもしませんでした。

デマの内容は、たけしさんが出版社に討ち入りに入った後の仕事がなくなった時期の面倒をけんさんがみていたと言うもので、総額3億円は下らないというもの。詳しくは、ねとらぼの方を読んでください。

軍団のグレート義太夫さんのツイッターで事実が発覚。

なぜ、フェイスブックはこうも容易くデマが広がるのか?

ツイッターもデマが広がることが問題視されていた時期がありましたが、フェイスブックのそれとは性質が明らかに異なっています。ツイッターは、現実がベースのデマであり、フェイスブックは、美談や宗教色がベースになっています。ツイッターの方は、火消し役があらわれますが、フェイスブックは火消しを行おうとすると大けがをすることが多いため、関係者でもなければ火消しをすることは不可能です。

「そもそも、なんで、こんなにフェイスブックで美談に仕立てたデマが流れるのか?」
−その答えは、2つあると思ってます。一つは、ASSIOMAの大元さんが説明している通り、情報販売への結びつけ。もう一つは、注目されたい願望が強い人が注目される為に行ったもの。特徴としては、前者は匿名のフェイスブックページを活用し、後者は個人ページ発信であることが多いです。フェイスブックでは、絆や美談が大好物の中年者層が多いため、ねずみ算式に猛烈な勢いで情報が拡散していきます。それらの人は、情報販売もしくは、注目されたいだけの人の欲求解消の手助けを知らず知らずに行っている訳です。

このようなことがある以上、手軽に「いいね!」なんて押せないものですね。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.