集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

本人直通のため、営業電話はご遠慮ください。
電話受付時間 10:00~18:00 日曜日定休

メルマガではブログとは違ったテイストで集客やその他の役立つ情報をわかりやすく説明しています。登録はメールアドレスで登録できます。

今なら、「手軽に導入できるウェブ集客の仕組み」を無料配布中!

WEB戦略 フェイスブック

Facebook、タイムラインカバーの著作権、規約違反者に対して対処。

更新日:

どうやら、フェイスブックのカバー写真が予告なしに削除される事態が起こっているようです。

ここ2〜3日のお話ですが、フェイスブックのカバー写真が突然消えるといったことが多発しているらしいです。どうやら、それらはフェイスブックがプロモーション目的および著作権違反の疑いのあるユーザーに対処していることから起こっているようです。

mashable.comの Pete Pachalによりますと、使っていたイギリスのテレビドラマシリーズのDr.Whoのカバーを削除され、再度画像のアップロードを図った時に、以下のメッセージが表示されたそうです。

Pick a unique photo from your life to feature at the top of your timeline. Note: This space is not meant for banner ads or other promotions. Please don’t use content that is commercial, promotional, copyright-infringing or already in use on other people’s covers.

和訳します。

「あなたのタイムラインのトップに表示されるカバーには、あなたの人生を特徴づけるものを表示してください。記載:このスペースは、広告を表示する為のものではありません。コマーシャル、プロモーション、著作権違反および他の人のカバー写真を使うことはしないでください。」

まだ、日本でカバー写真を消されたという報告は耳にしていませんが、おそらく日本でも実施されます。

上記のメッセージから読み解きますと、フェイスブックのカバーは、自分に関係するもの以外の表示は認めていないようです。例えば、人気歌手の写真や本の紹介、自分ではなく他人ばかりが表示されている写真は削除の対象になる可能性があります。

ただ、基準が不明確の為、削除された人からは「Why(なぜ)?」の声が多発しています。思い返してみれば、カバー写真ではありませんが、過去に2度フェイスブックページを削除されています。規約違反の疑いがあれば、躊躇なく削除されるかもしれません。

  • この記事の著者

小形洸太

マーケティングプロデューサー。山形大学農学部卒業。卒業後、店舗集客ツールの会社に入社し、代理店と直販の顧客サポートおよび営業を担当。 2009年にサクセスパートナー(成功請負人)を設立。ホームページの改善および集客ツールを用いたマーケティングが得意。「飲食店 売上アップ」や「美容室 売上アップ」などのキーワードで上位表示している集客wikiのコンテンツ作成も行っている。

-WEB戦略, フェイスブック

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2018 All Rights Reserved.