080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略

Facebookページをうまく運用したい人の為のエッセンス

投稿日:

「Facebookで集客したいんですけれども、Facebookページは必要ですよね?」

実は、こういった相談が多かったりします。

ここでツッコミを入れると、一部で流行っているからといってFacebookで集客しようとする必要はないですよね。

有名な先生が脅すからと言っても、目的が集客ならば、集まればいいので、流行している媒体にこだわる必要なんてありませんよね?

※Facebookの日本のインターネットユーザーへの普及率は4.1%程度であり、活用している層も一部に限定されている。その為、業種や対象顧客によっては、向いている商品もありますし、向いていない商品もあります。

かといいつつも、このブログの最大の読者はFacebookユーザー。その情報の頒布力は馬鹿に出来ません。本日は、このFacebookの活用のエッセンスをFacebookページも活用するという前提で大人気ツンデレちゃんと追って行きたいと思います。

Facebookで集客しない

ツンデレちゃんの言うとおりですね(笑)

個人ページでもFacebookページでも、ユーザーはコミュニケーションを目的に参加したり、あとで読む為に、Facebookページにいいね!しています。

営業を受ける為にFacebookをやっているわけではありません。

飲み会や簡単なセミナーのお誘いも興味のあるものには反応する人がいるかもしれませんが、コミュニケーションがなかった人からのお誘いには乗りづらいですよね。

(これに関しては、たまに私も反省することがあります^^;)

Facebookだけで集客しない

※ブログからFacebookページにの誤字です。

Facebook集客という言葉が流行っているか、流行ってないかは知りませんが、Facebookだけで集客できるという意味ではないと思います。

例えば、Facebookページのいいね!の人数を増やしたいと思っても、Facebookだけで集めるとなると「Facebook広告を出稿する」か、「個人ページで紹介する」しかありませんよね。

例えば、ブログからFacebookを紹介するlikeboxを活用します。

↓興味のある人はいいね!してみてくださいね。

制限がないブログを活用すると記事の中にも入れることができます。

また、Facebookに注力しすぎると、インターネットユーザーの大半を抱える検索を実質捨てることになります。
ブログで深いメッセージを発信し、Facebookで拡散するというような役割分担を意識すると無駄のない情報発信になります。

コミュニケーションをする。

中小企業は、大手企業に比べたら、知名度は微々たるものです。

そんな中小企業が大手の真似をして、プレスリリースをしたところで眼中に入るはずがありません。

個人ページでもFacebookページでもコミュニケーションをとることで、親近感を感じてもらえる企業を目指すと、投稿が眼中に入りやすくなります。

投稿が眼中に入れば、いいね!もされやすくなりますよね。

そうなれば、ファンも増えやすくなります。

簡単に辞めない。

すぐに成果が出るものではありません。

勿論辞めてしまえば、その過程であった出来事がゼロになってしまいます。

お金をかけない限り、急にファンが増えたりしないものだと思って作らないと続かないです。

※男の妄想です。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略
-, ,

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.