集客の相談、施策で実績のある集客コンサルタントです。体系的な手法で売上改善を支援します。

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。
急用の方以外は、フォームもしくはメールでご連絡ください。

ブログ集客 集客

ブログ集客が失敗してしまう6つのパターン

投稿日:

ブログ集客があまりうまくいっていないケースには共通点があります。「ブログ集客を行いたいけれど、うまくいっていなかった」ケースをまとめて紹介します。

なお、ブログ集客の難易度は年々上がってきています。企業がオウンドメディアによるSEOに力を入れ始め、ライターを大量投入していることが理由に挙げれます。そのため、甘い考えでブログ集客を開始すると成果が上げれないことが多いです。

ブログ集客を行いたい方は、まずこちらをご覧ください。成功させるために必要なエッセンスをまとめています。→ブログ集客の手順や成功のコツを大公開

ブログ集客の失敗パターン1.計画がない状態でのスタート。

ブログ集客を何もわからない状態でスタートしますと、対象顧客などの見直しや SEOなどのこともあり、ブログ全体を抜本的に見直さなければならないことが今現在ではしばしばあります。

書きためた記事をすべて書き直すなどの対策も行った人もいらっしゃいます。計画なしのブログ集客は、プロが参入している今現在ではありえません。→ブログ集客を始める前に必ず計画しておきたい11項目

ブログ集客の失敗パターン2.目的があやふや。

ブログ集客が何を達成すれば成功と言えるのかが、設定されていなければゴールのないマラソンをしているのと同じです。いつ、どこまで、どこを向いて対策を行えば良いのかもわからないため、体力のみを使ってしまい、結局失敗してしまうケースです。

最終的には、アフィリエイトでお小遣い稼ぎセミナーに参加してしまい、そのセミナーの講師の教材の販売を行ってしまっていませんか?笑い事ではなく、ずいぶん前からこのケースに陥っている人が多く、方向性が間違っていることに気がつくのは、そこからだいぶ後ということも珍しくありません。

ブログ集客の失敗パターン3.見込み客を意識した情報発信を行っていない。

誰に向けた情報発信で、誰を集客したいと思っているのかが不明瞭であると、なんの情報を発信すれば良いのかがわからなくなるケースがあります。例えば、お店の日常を伝えたいのであれば、これは新規顧客になりうる見込み客が対象ではなく、既存顧客が対象の情報発信になります。この場合は、わざわざブログを選ぶ必要性がなく、フェイスブックやインスタグラムに力を入れるべきです。

新規顧客を呼びたいのであれば、見込み客を意識した題材を選択し、計画的な情報発信を行います。例えば、美味しい地酒を世の中に広めたいのであれば、美味しい世界のお酒を紹介したり、日本酒に合う酒の肴を紹介したりします。ここで、趣味のサーフィンの話や情報商材の話をすれば、全国の酒好きはそのブログに集まらないのはよくわかりますよね?

ブログ集客の失敗パターン4.SEOが全く意識されていない。

ブログ集客のメリットは、SEOさえ考慮していれば、ある程度の成果が長期的に得られる点にあります。つまり、SEOを考えていない計画性のない情報発信を行えば、結果は得られづらいということになります。

記事コンテンツ一つ一つに何を書くのかを明確にし、的確なタイトル付けを行うことが重要になります。もちろん、何について書くのかは計画段階である程度の目処を立てておくと、万遍なく集客に必要なキーワードを狙うことができます。

ブログ集客の失敗例5.途中で放置。成果が出るまで続けない。

ブログ集客の結果は、なかなか出ません。中途半端に投げ出すパターンがもっとも多く、聞いてみると、「計画通りの記事が書けない。」と自分の執筆能力を嘆く方が多いです。

当たり前ですが、論理的に記事を最初から書ける人なんていません。大手オウンドメディアやキュレーションサイトでは、記事執筆のマニュアルを渡し、数回の添削を行います。これが普通なんです。

最初は結果が出ないことに悩む傾向にあるのですが、これは検索エンジンで露出が十分にされていないからであり、結果が出はじめると面白くなって、ブログのカスタマイズまで研究しだす経営者や広報担当も少なくないですね。

ブログ集客の失敗パターン6.セミナーのハシゴで結局何をすれば良いのかわからない感じになっている。

当たり前ですが、ブログ集客に資格はありません。また、何に目的を合わせるかで運用方法もかなり違ってきます。時代はオウンドメディアブームですので、さまざまなブログの専門家がいますが、中には、あまりウェブに詳しくない方もいらっしゃるようです。

セミナーのハシゴは実はブログ集客ではとても危険で、一度決めた方針を「なんとなくあの人の言うことが素晴らしかったから」といって、方針転換をするパターンがあります。

それで結果が出れば良いのですが、ブログ集客は見込み客をブログに集めて成果を出す仕組みが一般的です。キラキラのゴリ押し、個人のカラーを出しすぎると正しい日本語とみなされず、検索に露出しづらいブログが完成します。

まとめ:今の時代のブログ集客は戦略的にやらないと失敗する。

上記のパターンを見て、ピンときた方も多いと思いますが、ブログ集客の失敗は、ほぼ無計画さが原因になります。無計画なブログ運用の結果、見込み客に情報が的確に伝わっていないのです。

ブログ集客の競争相手は、ブログだと勘違いされやすいですが、オウンドメディアやキュレーションサイトを運用している大手も競合に含まれます。

現実的な問題として、今までは膨大な訪問者数があったけれども、集客コンサルがバックについている競合他社がブログ集客を戦略的に開始した結果、訪問者数が激減した事例もあります。

ブログ集客の成功は、計画的な記事の執筆と地道な改善にあり、ブログ自体を見直す必要性があります。

ブログ集客はあくまで集客の一つの施策です。違った施策に力を入れた方が成果が出る場合もあります。→集客を成功に導くための必要な知識と48の集客施策

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

iPhone5のレビュー記事を書いた時は、1日10万UUを記録。ソフトバンクの代理店と勘違いされる。(笑)

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

-ブログ集客, 集客

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.