080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

WEB戦略 マーケティング

Google検索に著者情報を登録する方法

投稿日:

最近はGoogleネタが多い、サクセスパートナーのおがたです。

だいぶ前のトピックスなのですが、ようやく私も著者登録デビューしました。

著者登録というのは、ちょうど以下のようなことです。

検索結果

自分が運営しているウェブサイトの検索結果に自分のGoogle+のプロフィール画像とフォロワー数を表示させることができます。

これによって、ビジュアルで誰が書いたものなのか分かりますし、文字の羅列である検索結果にビジュアルを表示させることが出来ますので、単純にクリック率(CTR)の向上が期待出来ます。

Googleに著者情報を表示させる方法

Google公式の解説ページがあります。ですが、この方法では表示されるまで時間がかかるらしく、この方法で著者情報を登録したウェブサイトにはまだ反映されていません。

ですので、以下の記事に記されていた方法を試しました。

rel=“author” link要素で著者情報をGoogle検索結果に表示させる方法 〜 WordPressプラグインあり

<head>

<link rel="author" href="https://plus.google.com/107217438492868691012" />
<!--/↑自分のgoogle+IDを使う-->
</head>

上記のように、ヘッダー領域内に、自分のGoogle+のIDを読み込ませます。ちなみに、自分のGoogle+のIDは、プロフィールのURLで確認することができます。

次に、自分のGoogle+にウェブサイトの情報を登録します。プロフィールの編集から投稿先を編集してください。

Google+

あとは、反映されるのを待つだけです。私の場合、2日かかりました。

また、条件として、「自分のGoogle+のプロフィール写真は自分のものでなければならない」ようです。

是非、試してみてください。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-WEB戦略, マーケティング
-

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.