080-3148-0461

営業時間10:00~19:00 日曜日 定休 営業電話は有料です。

この記事を書いた人

小形 洸太

集客コンサルタント
マーケティングプロデューサー
中小企業庁委託事業専門家

専門は情報発信・マーケティング。得意分野は、ホームページの改善およびそれに付随する仕組み構築。コンテンツマーケティングおよび飲食店などの店舗ビジネスで即効性のあるSNSの利用方法改善分野で実績をあげている。

月々4,800円で学べるオンラインコンサルティングサービスはこちら

マーケティング コンテンツマーケティング

お店の集客には必須!?見落としがちなSEOのGoogleプラスページの運用

投稿日:

サクセスパートナーの小形です。

ブログを書いてコンテンツのボリュームを増やしたり、タイトルに気をつかったり、コンテンツの内容や表示速度云々などの基本的なことだけが、検索エンジンの対策で目がいきがちですが、それだけが対策では勿論ありません。

特にお店の場合、お店の名前で検索される場合が多く、その時に即座に多種多様な情報を提供できた方が有利にはたらきます。

大手の方が分かりやすいですので、例として楽天をあげます。楽天と検索すると以下のようになります。

楽天

楽天のウェブサイトが表示されている、その右に、Google+ページ、Wikipediaおよび現在の株価などの情報が掲載されています。

重要な点は、最近の投稿を検索エンジン上に表示することができる点です。ここで、最近の投稿がどこに紐付されているかといえば、今回でいうGoogle+ページです。

png-1

Google+ページでの投稿の運用がそのまま検索エンジンの対策になるということです。

ページの作成・登録等

1.Googleマイビジネスで作ります。こちらの方で、ローカルページと呼ばれるGoogle+のページを作成することができます。

2.上記は店舗に関するもので、ブランドに関するものはブランドページを作成します。

これらのページを作成したら、フェイスブックページと同様に投稿を行わなければなりません。

この際、フォロワーに情報をシェアする目的ではなく、検索者に情報を提供するためですので、他のSNSと異なるコンテンツである必要ではありません。

求められていることは、あくまで検索者にとって欲しい情報もしくは新しい情報なのです。

ですので、他のSNSと同様の内容であっても構わないと思います。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-マーケティング, コンテンツマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.