集客は実績のある集客コンサルタントにお任せ!

集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー

 080-3148-0461

コンサルティング中は電話がほぼつながりません。

オウンドメディアマーケティング

ホームページの料金はいくらが妥当なのか?

投稿日:

答えになっているか不明ですが、ホームページの料金がいくらが妥当なのかには答えはありません。製作費は、その業者が「1日いくらで稼働できるのか?」で基本的な料金が異なります。

ホームページの製作費について

ホームページの製作費は、人件費が最も大きな費用になります。

そのため、基本的には、ホームページの製作費は、ホームページの製作に要する時間とその企業を稼働させることができる時間単価の掛け算になります。

例えば、ホームページの製作費に10万円の予算しか割けない場合、ここに割ける人員の日給が仮に2万円とします。この場合、ホームページの製作に要する時間は修正込で5日間になります。保険や各種福利厚生費用の負担が必要のない外注の場合はもっと安くできるかもしれませんが、それでも修正込で7日間が限度になります。この程度の時間しかかけることができないため、ホームページのページ数およびコンテンツ量は当然少なくなります。そのため、SEOまで着手することはほぼ不可能です。

つまり、ホームページの製作費は、どの程度まで時間をかけてほしいかで料金が異なります。

  • コンテンツを用意してほしい。
  • 画像撮影もお任せしたい。
  • 自分で更新できるようにWordPressを入れてほしい。
  • スマホ対応にしてほしい。
  • 検索エンジンに強いページを作ってほしい。

などの要望があれば、製作費は当然かかるわけです。よくある口だけ検索エンジンに強い製作を除外して、まともにコンテンツ作成を行えば、50万円かかってしまってもおかしくはありません。これは、仮に上記の計算を行えば、25営業日の計算になります。

基本的にお任せの場合30万円以下のホームページは存在しない。

基本的にはホームページの料金は30万円以下にはならないと思っています。

というのも、まともに製作した場合、デザインはテンプレートを利用したとしても、文章の作成に時間は当然かかりますし、たいてい安かろうが高かろうが修正なしで済むことはないからです。

これらの時間を加味すると、実質2週間以上は必要だろうと考えます。もちろん、これよりもかかってしまう場合は、料金を増やざるえません。この仕事が30日かかるようなことがありましたら、日給は1万円をきってしまうため、アルバイトをした方がマシという判断になります。

もし、安価なホームページ製作を見かけた場合、どこまでやってもらえるのかを確認することをおすすめします。

ちなみに、当方のホームページ製作の場合、15万円からと表示していますが、これは閑散期および他のサービスで料金をお支払いしていただいている方を考慮しているためで、一見さんの場合は当然この料金では受注することはありません。

予算が捻出できない場合

補助金を活用する。

小規模事業化持続化補助金などの補助金があります。また、自治体に用意されている補助金もあるかと思います。これらの補助金を活用することで、自己負担を軽減してクオリティーの高いホームページを作成することができます。

コンサルティングを活用する。

自力でホームページの作成を行うのも手です。ITに強いコンサルタントは、当たり前のようにホームページを作成することができます。コンサルタントに教えてもらうことで自力で製作すれば製作費の捻出を避けることができます。コンサルタントに支払う費用はかさみますが、ブログの書き方や売れるためのアドバイスを受けることもできると考えればいいでしょう。

集客のお医者さんについて知りたい!

小形
自分だけで集客の対策をするのに無理があると感じている、集客の参謀的存在が欲しいと思っている方は、上記のボタンをクリックしてください。

飲食店の経営者向け動画セミナー

何も考えず、ホームページやフェイスブックを導入しても大きな成果は得られません。ここでは、5つの要点を押さえることで、強い飲食店の体質作りについてよく分かるコンテンツを提供しています。

この記事を書いた人

小形洸太

マーケティングプロデューサー
サクセスパートナー代表
集客のお医者さん

「何世代も続く笑顔溢れる地域づくり」をミッションに活動。

大学卒業後は、店舗向けの販売促進ツールシステムの開発会社にて、営業及び営業代理店管理を担当。当時全く普及していなかったQRコード(2次元バーコード)を販促物に応用した。

店舗向けのキャンペーンやプロモーション企画から、ウェブを使った集客を得意とする。

本ウェブの記事が、「飲食店 売上アップ」「美容室 売上アップ」「雑貨店 売上アップ」といったYahoo!およびGoogle検索で1〜2位になったことから、店舗経営者の視聴者数が急増している。

【主な実績】
・一回のフェイスブック広告の運用でクライアント小売店が200万円の売上があがった。
・ホームページのリニューアルで、前年の倍の売上があがった。
・パソコン初心者にフェイスブックの運用方法を助言。菓子店の受注を1.5倍にした。
・全く成果のないホームページをリニューアルし、アクセス数を改善。コンスタントに予約及びお問い合わせが入るようになる。
・通販システムの導入など
・地元の特産物である農産物を新市場に売り込み、道楽の範疇の取引価格からトップクラスに押し上げた。

こちらの記事もどうぞ

1

飲食店の売上を改善するための方法。売上アップには、集客、顧客単価、再来店回数をコントロールすることが重要であり、それらをコントロールする簡単な方法を紹介します。

2

「あがりをできるだけとるために、販促費を抑えたい。」と思っている店舗経営者は多いと思います。今の時代は、無料で集客に活用できるツールも多く存在しており、使えるものを使わないのはもったいなく感じられます ...

-オウンドメディアマーケティング

Copyright© 集客コンサルティング・売上アップ支援はサクセスパートナー , 2017 AllRights Reserved.